03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

加計学園事件でアベが捏造した出会い系の話、アベ共謀罪が目指す在日朝鮮人殺害計画

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、うーむ、ちょっとネタ的に時期がずれるかもしれないのですが、前回の続きをまず書いてみると、

  前回は、加計学園の件について官邸主導システムが問題を起こし、それによってアベのインチキが行われたことを書きました、


  ただ詐欺師のコイズミのことを書いたら、文章が埋まってしまったので、追加でもう少し書く必要があります、

  追加で書くべきこととしては、加計学園の告発をした以前の文部科学省のトップの話がある、


  この人物については出会い系の所にいっていて、アベの犬はその点についてキャンキャン吠えている、

  たしかにこの人物が出会い系のところを利用したのは事実だが、本人は貧困問題の調査をしたといっている、


  この点に関してはなんとも言えないが、たしかにその可能性は十分にある、

  何故かというと、日本は貧困対策を殆どやっておらず、役所でも貧困問題については全く分かっていないからだ、


  日本に貧困層がいるのではないか、という調査が行われたのは、確か民主党に政権交代する前辺りで、

  その時期になるまで日本政府は、日本に貧困層がいることを調査すらしていなかった、


  そういう環境で、コイズミ改革という大量の貧困層を生む政策を、マスコミは諸手を挙げてバンザイといっていたのだから、連中の基地外っぷりがよくわかる話だけど、


  ともかく、日本政府は貧困対策をする気がなく、実際にどうなっているのか情報が殆どない、

  NGOなどで活動をしているところはあるが、そういうところは胡散臭い組織も多いため、あまり信用されていないところもある、


  それで実際の貧困、特に女性の貧困は社会的に認知されておらず、非常に女性の貧困は進んでいるといわれる、

  
  女性の貧困の問題は、男性に比べて就労の機会が少なく、給料も安いことが問題を生んでいる、

  社会的な貧困層の多くは女性だといわれており、シングルマザーなどの問題も深刻ではあるが、


  そういう問題に対して政府は調査をせず、助けることもほとんどしていないのが現状である、

  なぜかといえば助ければカネがかかるし、貧困層はいないことにしたほうが、役所にとってはメリットがあるからだ、


  そしてそれを支援しているのが自民党やアベて、こいつらは戦争をして金がほしいと考えているため、貧困層はさっさとあの世にいけとしか考えていないため、こういう連中が日本の貧困問題を悪化させている、


  そのような理由があるので、文部科学省のトップが個人的に、出会い系などに行って調査をすることは、十分に有り得る話だ、

  なぜならそういう調査をしている組織はおらず、実態については政府が調べる可能性がないからだ、

  
  となれば女性の貧困問題に対しては、実際に関わって話を聞いてみるしかないだろう、

  そういう話は成立するが、実際にどうだったかははっきりしない、


  そして根本的な問題としてあるのは、このような話をアベ自民党が吹聴し、マスコミに報道するように圧力をかけたことだ、

  実際テレビや新聞のアベの犬は、この件を徹底的に喋っていて、異常なくらい気が狂った発言をしている、


  そういうアベの犬が出ているテレビを見た人は、何だこの気が狂った人間はと感じたらしいが、

  アベはこの問題を、個人的な誹謗中傷として誤魔化そうとしたため、支離滅裂で意味のないものになっている、


  それに、そもそも文部科学省の人がいっていたのは、内閣から圧力があったという書類が存在し、その書類について細かく指摘をしただけだ、

  その人によると、アベからの圧力で加計学園が決まった経緯は事実で、そういう書類は普通に役所にあるといっていた、


  文部科学省で配られた、アベが圧力を加えた書類はそこら辺にあって、特別なものではないといっていて、それがないというアベ政権はおかしいといっていた、

  それに対して、アベがやったのが出会い系の話なので、この話がインチキなのは最初から分かっていたわけだし、本質の論でもない、


  そんなことがあったわけだが、加計学園に対してはアベ関与ははっきりしていて、役所でもそういう文章はある、

  また制度上、この加計学園は内閣府が決めたものであるから、その強引な決定はアベの責任であるのは当然だ、

  それが官邸主導の責任なのだから、アベには当然責任はある、


  とはいえ、日本人はマスコミを神のように信じているし、マスコミのプロパガンダで騙される人も多いだろう、

  それを考えると、このようなインチキがあったとしても、日本人がまともな判断をするとは、考えづらいです、


  次に、共謀罪についてちょっと書いてみると、この共謀罪が何を目指しているのかというと、可能性が高いのは在日朝鮮人への弾圧だと思う、

  以前も書いたがテロ対策と、レイシズムは殆ど同じものなので、アベのクズがテロ対策というのならば、それはレイシズム強化と見ていい、


  ではどういう形になるのかというと、共謀罪は思想犯逮捕のものであるが、戦前は閉鎖された社会において行われた、

  当時は戦時中で外国人も少なく、国際連盟も脱退していたため鎖国に近い状態だった、


  そこで行われた治安維持法は、自国民への見せしめや弾圧で使われたが、今回は別の目的があるように思う、

  その目的としてあるのが、日本国内にいる外国人への弾圧で、アベノ狙いは在日朝鮮人を、テロリストと仕立て上げて政治ショーにすることだろう、

  
  新しい北朝鮮ネタみたいなものだが、アベの基地外の今までの傾向からすると、こちらに向かう可能性が高い、


  日本のレイシズムはアベ自民の支援で拡大としていて、日本の人種差別主義者を積極的に支援していたのは、アベやその周囲の軍部の残党勢力である、

  そういう勢力は政治的、もしくは資金的にバックアップを行い、その結果人種差別主義が拡大することになった、


  実際本屋に行けば韓国人や、中国人を罵倒する本しか売られておらず、そういう本を売るように強要しているのは、アベ自民である、

  こいつらの狙いは外国人を叩くことによる、自分の正当性の拡張であるから、レイシズムと相性がよいため、自民党議員の多くはレイシスト団体とつながりがある、


  そしてそういう連中が共謀罪を作るならば、一体何を目的にするのか?、それは明白なことだろう、

  連中の狙いは北朝鮮か、朝鮮半島系の日本に住む人に対しての弾圧だと見ていい、


  たしかに北朝鮮は危険な国でもあるし、そういう国ならばテロ活動の可能性もあるだろう、

  しかしアベ自民の狙いはそうではなく、こいつらのやりたいのは政治ショーでしかないのだから、見せしめに処刑をするとかそんなことが目的だ、


  そうでないというのならば、アベ自民がまともな国家戦略を持ち、外交戦略を持つかと考えるといい、そんなものはどこにも存在しない、

  そのような連中が共謀罪を使って、自らのレイシズム思想を具現化させる時に行うのは、在日朝鮮人を弾圧する政治ショーが可能性が高い、


  実際にそこまでするかは分からないが、アベの基地外ならば当然それくらいはするだろう、

  こいつは知性も人間性もまったくなく、頭の逝かれた話しか基本的にはできないが、政治ショーは計算をしてする、


  もちろん計算をするのは別の人間で、こんな馬鹿にそういうことをする能力はないが、アベ自民を支えているのが政治ショーならば、共謀罪も政治ショートしての利用を考えるだろう、


  現状北朝鮮ネタは刺激が弱くなりつつあり、より強い刺激がないと国民は興味を持たなくなっている、

  そういうことを北朝鮮側に要請をしているのだろうが、北朝鮮がアベを支援するといっても、限度はあるだろう、


  そうなった時に行われるのは、日本国内にいる在日朝鮮人をテロリストとして捏造し、処罰をして政治ショーをすることだろう、

  そうすれば遠くのミサイルとは違って興味を持ちやすく、アベ自民にとっても利益を得られる形になる、


  どうも変なことを書いている気はするが、現実的に見て一番共謀罪が使われる可能性が高いのは、在日朝鮮人への弾圧だと見るべきだろう、

  それがアベ自民のようなレイシストには思想的に合っているし、北朝鮮ネタで影響力を稼ぐ、政治スタンスとも一致している、


  こういう日本の異常な政治姿勢もあって、国連が共謀罪に興味を持っているのかもしれないが、

  アベノ狙いは在日朝鮮人への弾圧か、日本国内にいる中国人への迫害だろう、


  そうすることによって支持者の支援を得やすくなるし、テロリストを捏造して処刑すれば票も稼げる、

  そんな形にならなければいいのだけど、日本人がいつまでも現実を理解できなければ、このような所へ日本は進むでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR