07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

ネトウヨ財務省が作ったアベマンセー小学校、日本人が引き起こす北朝鮮戦争、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は政治の文章を書きながら悩むことがあって、これでいいのかなと感じることがあります、

  色々なことが散らばって発生するので、情報を追うのが難しいことが少なくないです、


  それで書きづらいのですけど、最近だとアベマンセー小学校の話題があるか、

  このネタは殆ど情報が出きった感じがあったのだが、最近色々な情報が出ることになった、


  なぜか政府の犬のマスコミが詳しく調べていて、色々追求をしているようだ、

  マスコミというのは結局空気を作り、空気を読むためにある存在だから、ある程度情報が出てくると対応することがあるので、


  この頃アベマンセー小学校の情報がある程度出て、そういうことについて報道しようという考えが出たのかもしれない、


  今回わかったのはアベマンセー小学校のを作る過程で、誰が支援をしていたのかという問題だ、

  この問題についてはマンセー小学校の理事が色々やっていたが、かなり細かい戦略をしていた、


  そういう対応は、政府に近い人が指南役として指示しないと難しく、そのような人物がいるのでは、と以前からいわれていた、

  その人物としては自民党の議員がいわれていて、その中には亡くなった大阪府議も含まれている、


  アベマンセー小学校に関わった地方や国会の自民党議員が指示し、役所との交渉についてアドバイスをしていた、という疑惑はあったのだが、

  国会議員については賄賂を渡されたが、それを相手に返したといって、自分は関係ないといい、


  亡くなった大阪府議に関しては、深く関与していたとはいわれるのだけど、亡くなってしまっているため、実際にどうだったのかわからなくなっている、

  そういう所があって、誰がアベマンセー小学校の支援をしていたのか、今まではよく分かっていなかった、


  しかしそれがはっきりして、この件については財務省が直接指示をして、どのようにするべきかアベマンセー小学校側に伝え、そしてこの問題にはアベも奥さんも直接関与している、


  アベのクズは、自分の妻は関与していないといっていたが、その後アベマンセー小学校と深い関係が分かり、色々なことをしていたといわれていた、

  ただそれはある程度設立が決まったあとのことで、その後の土地を取得する話の部分だけ、この人物が関わっているという話だった


  しかし、じつはこのアベマンセー小学校を作る前から、このアベの婦人は深く関与をしていて、アベマンセー小学校の理事はアベの妻の名前を出して、財務省などとの交渉をしていた、


  つまり、アベマンセー小学校は最初からアベの妻が関与していて、その名前を聞いた財務省が直接、どのような形でするべきかを指示していたことがわかっている、

  この件については財務省関係者の録音があり、その録音では今国会で出ている財務省の官僚の声が録音されている、

 
  専門家の調査でも、その声は財務省の担当者であることが確定されており、財務省が主導的に、アベマンセー小学校を作る手ほどきをしたことがわかっている、

  その件については、アベの妻も深く関与をしているため、この件はアベマンセー小学校の関係者、アベの妻、財務省が結託した話になっている、


  そういう証拠は殆ど残ってしまっているため、どのようなやり取りがあったのかが明確にわかっている、

  ここまでわかれば政府批判も起きそうだが、残念なことに日本のマスコミは政府の犬なので、十分な批判は行われていない、


  しかしアベの妻と財務省が初期の段階から、色々な支援をしてアベマンセー小学校を作っていたことは、この件が国策としてやっていた面がある事を物語っている、

  そうでなければ役所が全面的なバックアップをするはずがなく、日本の右翼化が政府からもにじみ出ていることが見えてきている、


  アベマンセー小学校はアベの周囲もそうだが、役所も率先して支援をしていたことが問題として大きい、

  あんな基地外右翼学校を作ろうとしていた財務省の罪は重く、ネトウヨ財務省は犯罪組織といわれても仕方がないだろう、


  まさかネトウヨ財務省という、言葉を使う日が来るとは思わなかったが、これが日本の末期であり、駄目になりつつある日本の現状なのでしょう、


  次に、アベの基地外が最近キーキーいっていることに、北朝鮮のミサイル問題がある、

  北朝鮮のミサイルはここ数十年問題になっているが、最近アベの基地外は妙に騒ぐことが多い、


  色々批判を最近は浴びることが増えてきているから、北朝鮮ネタで誤魔化そうということだろうが、ある意味においてはいつものことだといえる、


  最近の北朝鮮ネタでは、北朝鮮がミサイルの発射を行ったものがあるが、正直な所騒ぎすぎた感じがあった、

  アベの基地外は東京の地下鉄を止めたらしいが、地下鉄を止める意味がよくわからない、


  そもそも安全対策をするならば、地下鉄以外求めなければならないはずだが、それ以外の路線は全く止まっていない、

  飛行機についても運行を止めるべきだろうが、そういう話も聞いたことはない、


  自動車だって高速道路を封鎖するなどの措置がいるが、そのようなことは一切行われていないのに、地下鉄だけ止めたところで何の意味もなかろう、


  逆にいえば地下鉄を止めることによって、他の路線に人があふれるのだから、かえってミサイルの攻撃を受けやすくなって、被害が拡大することになったのではないか、


  地下にある鉄道は地下のものよりは安全性が高いのだから、まず止めるべきは飛行機や地上の電車、もしくは車などの車両が第一であろう、

  それに比べれば問題が起こりづらい、地下鉄だけを止めたのは意味不明で、アベが低能な基地外であることが、この点でも証明されたわけだが、


  それに今回の北朝鮮のミサイルは、ミサイル開発を目的にしたものであって、軍事行動を目的にしているものではない、

  撃ったのは北朝鮮の北部からで、北朝鮮の北部から北東方面に撃って、すぐに自爆をさせる形で終えている、


  メディアの発表では失敗をしたのではという意見もあるけれど、意図的に自爆をさせているのだから、自爆をさせてインパクトを弱めつつ、実験を継続している可能性が高いだろう、


  そもそも最近の北朝鮮は、あまりミサイル発射の失敗をしないし、連続で失敗をしたのならば、何らかのリアクションがあるはず、

  そういうものがないのならば、意図的に自爆をさせている可能性があるわけで、自爆をさせつつ実験をしているように見える、


  真相は北の将軍様にしかわからないことだが、今回の実験は日本に向けたものではなく、方向的にいえばロシアに唯一方向が向いている、

  中国にも韓国にも向いていないものであるし、日本に対しても全く方向が違っている、


  そして国外に出すこともなく、海に撃つこともしていないわけだから、北朝鮮側がミサイル開発をしつつも、大幅に譲歩をしてきていると見て良いだろう、


  よくマスコミは外交的なメッセージとかいう、政府の犬らしい与太話をテレビでいうが、

  そういう嘘ではない明確なものとしてあるのは、北朝鮮側は譲歩するという、メッセージは出しているといえる、


  そうでないのならば、日本や韓国に向けてミサイルを撃っていただろうし、無理に自爆をさせることなく、日本海あたりに向けて発射をしていた可能性が高い、

  そうでない形だったのだから、今回の件は北朝鮮側の譲歩と見たほうがよいと、私は思う、


  とはいえば、日本人はアベマンセー民族であり、テレビや新聞を神として信仰している人びとだから、多分何も考えずに北朝鮮批判をするだろう、

  しかし実際に起こっているのは、北朝鮮の譲歩のシグナルであって、これを北朝鮮の挑発と考えれば、外交的な失敗になる、

 
  つまり、日本は北朝鮮対策で失敗をすることが確定するわけだが、日本以外の国は多分そういうことをわかっているだろう、

  実際トランプもある程度軟化していて、最近はそれほど批判的ではない、


  中国やロシアも批判的なことはいうが、交渉による解決を望む姿勢を強く出している、

  そこでアベマンセー民族の日本人が、北朝鮮の挑発であり脅威だといえば、国際社会から浮くのは確実だろう、


  日本人が学ぶべきは、マスコミの報道を信じることではなく、それがどのような意味を持つのか自分なりに考えることだ、

  今の社会は前例のないところにあるのだから、何かを信じる程度の考えでは、間違った判断をする可能性が高い、


  以前の北朝鮮のミサイルが海に向けて撃ったものであり、方向的に見ても外国の方を向いていたのに対し、

  今回は国内の領土で撃ったものであって、方向も外国(ロシアを除く)ではない点は、よく注意をして考えるべきだ、


  本来であれば、そういう判断を国民にさせて、自分で何が正しいのか理解させる必要があるし、メディアもそういう形で情報を伝えるべきだろう、

  しかし、そのような形で報道したメディアは一つもなく、ムラ社会的に特定のものが正しいと、マスコミは報道をしていた、


  北朝鮮がミサイルを撃ったことを、挑発と捉えるのは杓子定規の発想であって、柔軟性を求められる国際政治には、似つかわしくない考えである、

  今回の件は以前に比べて挑発の度合いが小さいのだから、その点はよく考えて判断をすべきだ、


  ミサイルを撃ったから挑発だといって抗争を起こすよりは、ミサイルを撃ったことの意味から交渉の余地を考える、そうすれば戦争の機会を減らすことが可能になり、国民にとってメリットの有る形にすることができる、


  こういう判断ができれば日本人は戦争をせず、そういうことに巻き込まれずにすむが、

  現状の日本人のマスコミ信仰の異常性からいうと、日本人の行動によって何らかの戦争が起こる、そのような可能性があると思います、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR