01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

誤解の多かった北朝鮮とトランプの対立、きのこを採ったらテロリストになるアベ共謀罪の闇

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、そうですね、北朝鮮問題が少し前に起こって、その時にネットでいろいろ調べてみて、ああこういう勘違いがあるのだなと、思うものがありました、


  そういうところは私にもあったのだけど、多分もう書く機会はなさそうなので、今回書いてみると、


  今回の北朝鮮問題では、ネットでまた朝鮮戦争が起こるのか、という意見をいう人がいました、

  それで私は違和感を感じたのだけど、朝鮮戦争がまた起こることはないのでは、そんなことを思いました、


  現状北朝鮮と韓国では軍事的な力の差が大きすぎて、北朝鮮が韓国に勝てる可能性はありません、

  つまり北朝鮮としては直接的な軍事行為では、韓国に勝てない前提で戦略を考えるでしょう、


  以前の朝鮮戦争の頃は、白兵戦とかそういう前時代的な古い形で戦っていたので、歩兵がぶつかったり戦車が撃ったりするような、そういう風に戦争をすることが出来ていた、


  しかし現状、北朝鮮が軍事攻撃を受けることになった場合は、直接的な戦闘では勝つことができないので、北朝鮮は兵士が戦うような戦争は極力避けるだろう、

  そこでおこわなれるのはミサイルを使った攻撃で、前線を維持しつつミサイル攻撃で、状況の打破を行うはずだ、


  こうしてみればわかるように、現状で朝鮮戦争がまた起こった場合は、北朝鮮の攻撃は主にミサイル攻撃になり、日本も主戦場に入ってきてしまう、

  以前の朝鮮戦争は38℃線を挟んだ、通常兵器による戦争がメインで、日本は蚊帳の外だった、


  しかし今回朝鮮戦争が起こった場合は、通常兵器による戦争は北朝鮮が勝てないので、北朝鮮は前線の維持をする戦略と、後方からのミサイル攻撃がメインになって、その攻撃対象は日本も当然はいる、


  日本人は勘違いをしているけど、アベのアホがよくいう日米安保が、日米同盟だとするならば、当然米による北朝鮮への軍事攻撃は、日本政府による北朝鮮への攻撃と同じ意味を持つ、


  なぜならアメリカと日本は同盟を結んでいて、日本は米軍の支援をしていて、アメリカが北朝鮮に対して侵略戦争をしていれば、

  日本は北朝鮮に対して、侵略戦争をしていることと同じ意味を持つからで、北朝鮮は日本に対して防衛的な意味で、ミサイル攻撃をしてくる、


  ネットでいっていた人は、もう一度朝鮮戦争が起きた時は、日本とは関係のない朝鮮半島の戦争になるといっていたが、

  実際は日本を含めた広域の戦争になりやすく、日本にも大量のミサイルが飛ぶことになる、


  アメリカの北朝鮮への侵略戦争を支援するならば、同盟をしている日本も侵略者になる、

  つまり、日本人は何もしていないとしても、侵略戦争に協力をするのだから、北朝鮮が日本にミサイル攻撃をしても、それは正当防衛になる、


  不思議な事だけど、今回の形は日本とアメリカと韓国による、北朝鮮への侵略戦争になっていて、それに対する反撃がミサイルとして行われる、それが戦争の意味だった、


  そういうこと遠い38度線でまた、戦争が何処かで起こると考えている人がいたが、そういう形では起きていないということです、


  もう一つあるのは、前回も書いたのだけど、北朝鮮と争うことは、中国との争いになりやすく、最悪核戦争もありうるということ、

  北朝鮮は中国の属国に近い所があって、北京を守るための地域として存在する、


  そしてその地域への攻撃は中国を挑発するし、北朝鮮と長距離ミサイルの打ち合いをした場合は、北朝鮮を攻撃するためのミサイルが、中国へのミサイル攻撃と誤認される恐れが高い、


  実際、長距離のミサイルというのはあまり命中がよくないので、北朝鮮を狙ったものが中国に落ちる、ということは十分に有り得る、

  そう考えると、北朝鮮がミサイルを持っていて、アメリカなどもミサイルで反撃をした場合は、


  そのミサイルの打ち合いに中国が参加してきて、歯止めが効かなくなるおそれがある、


  中国が今回平和的な解決を望んで、かなり強引に話をまとめたのは、自分が巻き込まれる恐れがあって、そのリスクを考えていたからだろう、

  北朝鮮のミサイル開発は、ミサイルによる攻撃を可能にした面もあるが、同時にそのような開発の影響で、北朝鮮へのミサイル攻撃を誘発しているところもある、


  その結果、北朝鮮へのミサイル攻撃の可能性が高まって、それが北京へのミサイル攻撃として、問題の範囲が広がってしまう可能性もある、

  そうなれば中国は核攻撃をするし、同調すればロシアの核攻撃もありうるだろう、


  冷戦時はこのようなドミノ倒しのように、核が連鎖的にうたれることが脅威だといわれていたが、

  そういうことは今は行われづらくなっていたけど、北朝鮮はまだそういう所があるので、リスクが高いといえる、


  今回の件で見えたのは、北朝鮮との戦争はミサイルの撃ち合いになるので、日本も同盟国としてミサイル攻撃を受けるということ、

  更にミサイルの打ち合いをすると、中国へミサイルが落ちる可能性があるので、それが核戦争を誘発する可能性もあること、


  この2つを考えつつ、北朝鮮問題への対処がいるのだが、トランプにそれが理解できるか、というのはあるでしょう、


  次に、アベのアホがやっている共謀倍の話を書いてみると、共謀罪は戦前の治安維持法の再来で、思想犯逮捕のために作られた、国民を弾圧し支配することを目的にした法である、


  何故かというと、現状それ以外理由が見つからないからで、この法案は誰でも罪状がなく、証拠がなくても逮捕ができるもので、

  テロ対策と書いているが、じつはテロ対策の法案でもなく、国民を好き勝手に逮捕するために作られた法案である、


  現状それ以外の意味は無いのだけど、このアベの基地外法案の審議があるが、担当の大臣がマヌケなので、意味不明な討論が行われることが多い、

  最近でいえば、きのこを採ったり竹を切ったりすると、共謀罪の対象になって、捕まるということがある、

  
  アベによると、きのこを採ることはテロ行為の資金集めであり、竹を切って利用することも、テロ活動の一環だといっていた、

  答えたのはアベの部下の変な大臣だが、大臣が答えたのだからアベが答えたことと同じだろう、


  きのこや竹を採るとテロ活動になるとか、まあ竹はたけのこだった気もするけど、そういう活動をするとテロリストになって、多分処刑されるのだろうね、

  何の関係があるのか良く分からないのだけど、アベの基地外の言っていることは意味不明である、


  じつは、アベの出している共謀罪は、このようなよく分からない条件のものが300くらいあって、その条件にあっているとテロリストとして捕まることになっている、

  アベのアホによると、きのこをとってもテロリスト扱いになるから、背広を着てもテロリストとか、昼食を食べてもテロリストとか、拡大をしてくるだろう、


  ほんとこの基地外法案は何をしたいのかわからないのだが、この法案の狙いは自分にとって気に入らない人を、誰でも処分できるようにするというのが、目的なのだろうな、


  そのために実際はテロリストとは関係のない、微罪で逮捕できる範囲を拡大しておいて、そういう問題を起こした人をテロリストとレッテル貼りをして、処刑でもする予定なのだろう、


  戦前の軍国主義の共謀罪も、司法権の拡大による国民の弾圧で、実際の所戦前の軍事独裁を作っていたのは、警察などの司法関係者が強く、そういう連中が国民への弾圧を主に行っていた、


  そのよりしろが治安維持法だったのだが、今回も同じ目的で共謀罪を作っているので、こんな意味不明な法案になっているのだろう、


  しかしまあ、ほんとアベの基地外は何考えているのかわかない、変質者というか異常者だね、

  なんできのこを採ったらテロリストにするのか、よく意味のわからない話になっているが、アベの基地外はよく分からない、


  この法案はテロリストそのものを裁く目的はなく、誰でも犯罪者としていたてあげて、その後テロリストとレッテルを貼るための法案である、

  アベのクズは、この法案をテロ対策法とはいっているが、実際はテロリストを捏造して、魔女狩り裁判にかけるための法案である、


  こんな支離滅裂な法案なのだけど、大手のマスコミではこの法案にバンザイといっている、

  マスメディアなんてのは国民を殺してなんぼだから、そういう手口が増えて嬉しいのだろうな、こいつらは、


  そんなこんなで、アベの基地外による共謀罪の議論が行われているが、この法案ではきのこを採るとテロリストになるらしい、

  いずれ山菜採りをする人もテロリストになって、何故か全員処刑されたりするのだろうけど、それでも日本人はアベマンセーというのだろう、


  昔は成功した共産主義国家は日本だといわれていたが、このまま行くと成功した全体主義国家になりそうだが、

  こんな法案が通ったら、人間が住める社会になることはなく、よく分からない理由で人がバンバン殺される、スターリンみたいな時代が来るでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR