03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

アベマンセー小学校問題が起こった意味、アベがやろうとしたマンセー小学校の偽証罪、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  そろそろ春のシーズンが来ていますが、春という花粉症の影響が出やすく、困る人は多いらしいです、

  ただ花粉症って気のせいで、なっていることもあるらしいので、マスコミが騒ぐ事原因かもしれません、


  春になると花粉症云々の記事が増えますし、それはいいのですが、最近話題には何かあるかな、

  うーむ、ひとまずアベマンセー小学校の話題はだいたい終わって、そういうことの情報は出なくなっている、


  元々マスコミは政府の犬だから、自民党批判なんてする気はないからね、この問題を取り上げる可能性は、これから下がってくるだろう、

  ただそれが悪いというわけでもなく、現場で見る限りネタが出きっているので、もう報道することがないという面もある、


  このアベマンセー小学校の問題は、最初に学校の理事長が大阪知事に陳情をして、その後アベの奥さんに依頼をしてから起こった、

  最初の段階ではあまり大したことは起きていなかったが、アベの奥さんに話した次の年から話が変わっていた、


  その過程で大阪の知事が色々便宜を図るようになって、話が変わっていく形になっていた、

  こういうことが起きた理由としてあるのは、自民党と維新の党が協力をする、そのシンボルとしてアベマンセー小学校があったからだろう、


  この学校はアベシンゾウ記念小学校、というのが本来の名前なのだから、そういうところを支援すれば、アベにヨイショできると維新の党が考え、

  その過程で、アベマンセー小学校の支援をすることが決まり、大阪府と自民党の協力で、このようなことがどんどん進むことになった、

  
  アベマンセー小学校が生まれたのは、自民党と維新の協力関係の構築、という非常に政治的な問題があって、その政治的な問題が表面化した結果である、

  そしてアベマンセー小学校の前に作られていた、アベマンセー幼稚園が異常にアベよりだったのも、このあたりが影響を与えているのだろう、


  アベマンセー幼稚園は、戦前回帰思想を洗脳する異常な幼稚園であったが、そこではなぜかアベマンセー、アベマンセーという北朝鮮のような教育を行っていた、

  その理由としてあるのは、この学園がアベの支援がないと潰れるところにあり、そのことについて警戒をしたからだろう、


  元々、アベマンセー幼稚園はそれほど儲かってはおらず、財務状況はあまり良くなっていなかったようだ、

  そこで、アベマンセー小学校の建設をしようとしたのだから、当然金銭的には非常に厳しい状態にあった、


  それを唯一救えるのがアベだったわけだから、そういう影響もあってアベマンセー幼稚園では、アベマンセー、アベマンセーと幼稚園児にいわせていたのだろう、 
 
  今回の件は財務状態のあまり良くないアベマンセー学園が、無理をして事業拡大をして、それをアベが支援したことが原因で起こっている、


  そもそもアベマンセー学園の財務状況が良ければ、最初から土地の値引きなどをする必要がなかったわけで、財務状況を考えずにアベが支援をしたことが、根本的な原因としてある、


  アベは知能の足りない馬鹿だから、多分こういう行動が右翼的な傾向を作り、それが軍事独裁の足がかりになる、程度のことを考えていたのだろう、

  それがこのバカは数字の計算ができないから、この学校が作れるかどうか調べもせず、無理やり建設の圧力を加えていたと見ていい、


  アベマンセー小学校の根本的原因は、資金がないのに無理やり学校を作ろうとしていたことと、

  そのことを理解できない低能のアベが、無理やり建物の建設ができるように、全面的にバックアップをして、


  それを見た維新の党が、維新と自民党の共闘の場として使えると考え、アベに貸しを作るために配慮をした、このあたりのことが本質だといえる、


  結局のところいえるのは、政治を思想として考えているような人は頭が足りず、そのような人間の集まりが政治をすれば、制度を無視した異常行為を繰り返すことになるということだ、


  だから今回のような法律を完全に無視した形になるわけで、保守だ何だという政治思想から政治を考えることが、いかに意味不明で国家を破壊するかという、結果が見えたといえる、


  今回の件について役所はすべての書類を破棄しており、一切の書類は残っていないといっている、

  そのため今回の件については価値のある資料は一つもなく、資料といえるのはアベマンセー小学校側のものだけだ、


  本来であれば国家制度は手続きの情報を管理し、その情報を提出してもらうことによって、何が問題であるのかを議論することになる、

  しかし今回はすべての資料が出てこなかったので、アベマンセー小学校側が資料を出さなければ、国会で議論をすることはできなかった、


  思想による政治論は、冷戦時にはよくいわれていたところがあるが、あれはあくまでソ連につくか米につくかということを、擬似的に政治思想論して表していただけにすぎない、


  日本人はそういう世界観を前提に考えるから、政治思想には政治的な意味が具体的にあると考えやすいが、実際は国家制度を無茶苦茶に破壊する程度の意味しか、政治思想には価値が無いのである、


  そんなことがあったのだけど、今回の件はマスコミは一切報道をせずに、隠蔽工作をして誤魔化すだけだと考えていた、

  しかしアベマンセー小学校はネタとして面白かったので、マスコミも放置をせずに報道をしていた、


  ただそれはジャーナリストとしての働きでもなければ、報道機関としての使命でもなく、話題になったから報道をしただけでそれ以外の意味はない、

  だから話題性が低くなって、金にならなければメディアは報道をしなくなる、それはそれが連中の本質だからである、


  アベマンセー小学校問題をどう判断するかは難しいが、いえるのは日本政府と日本人の間には深い溝があって、政府に近いところからは必要な情報を得られず、

  そうではないところからは情報を得やすく、国民も判断ができたということだろう、


  今回の件は政府やそれに近いマスメディアは役に立たなかったが、アベマンセー小学校の関係者の情報は役に立った、

  ぶっちゃけると、アベマンセー小学校では政府もマスコミも全く役にたっておらず、唯一意味を持ったのは学園の理事長のみだったといえる、


  その人物が本当のことを伝えようとしなければ、どのようなことが起こったのかを国民が知ることはなかっただろう、

  これがこの国の本質であって、政府もマスコミも役に立たなくなっている、日本という国である、


  そのようなことを少しでも気づく人が増えたならばいいけど、いかに日本は嘘の多い国で、政府に近い勢力やマスコミは事実を伝える気がないか、

  そしてそれ以外の分野からしか情報が伝わらない、そのような歪な社会が広がっていることを、分かった人がいたらいいなとは思います、


  次に、他の点で、アベマンセー小学校であったのは、偽証罪の問題が存在しているかな、

  アベマンセー小学校の理事長は国会の証人喚問を受け、その件について偽証罪で問うと、自民党は指摘をしていた、


  最初の頃はそういうことはしない形になっていたが、少し前に自民党は偽証罪でとうと明言し、
  
  その後なんだかよくわからないことをいい始めたが、自民党はバカが多いのでホラでも吹いたのかもしれない、


  もともと証人喚問は、自民党がアベマンセー小学校の理事長を、偽証罪で逮捕するために行ったもので、いわば魔女狩り的な裁判であった、

  ただし、その状況を理事長側がうまく使ったので、結果としてみると自民党の敗北に終わることになった、

 
  その結果、アベの基地外がキーキー言い始めたらしく、その影響で偽証罪で無理やり告訴する話になって、自民党の議員が急遽記者会見をした、


  そこではアベマンセー小学校側が、アベの妻からもらったお金を振り込んだ領収書の筆記が、従業員ではなくアベマンセー小学校の理事の奥さんのものである、ということをいっていて、それが偽証罪だと騒いでいた、


  しかし本来偽証罪は嘘をつくと問われるものなので、勘違いや間違いでは罪を問うことはできないため、この自民党の意見は間違いだといえる、

  そういうことが分かってきたのか、急にアベ自民はこの問題を隠蔽し始めたが、馬鹿に付ける薬はないのだろう、


  アベのアホは理事長を偽証罪で訴える予定だったが、そのようなことは失敗してあまりうまくいっていない、

  この件については自民党が意味不明な釈明をしているけど、支離滅裂すぎで私にもよくわからないものになっている、


  こんなのな日本の中心にいるのだから、この国は衰退をしていくしかないのだろうけど、

  日本人ももう少し良識を持って、人間としての会話ができる人物を選んでほしいものです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR