07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

アベが犯人だったマンセー小学校、大阪に広がりつつあるアベ問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  最近は急に寒くなることがありますが、寒くなると手が動きづらくなるので、こういうテキストを書く作業が面倒になります、


  それはともかく書いてみると、最近の話題としてはアベマンセー小学校の理事長が、証人喚問を受けた話があるかな、

  この件については、証人喚問があった日に書こうかと思ったのだけど、何故か今日になっているのですが、


  証人喚問に関しては、メディアが結構報道をしていて、アベマンセーメディアでも、そのような報道をする所が多かった、

  ただ全てが報道していたわけではなく、腐ったメディアは腐ったままだったけど、まともな報道をしたところも少なくなかった、

  それだけネタとして面白かった、というのがあるのだろうが、

  
  この件については、だいたいアベの奥さんがやったことは確定していて、アベ総理の婦人が犯人であることは明確になっている、

  なぜなら証人喚問で色々な証拠が出たからで、それを見る限りこの人物が犯人であるのは間違いないだろう、


  証人喚問ではFAXがアベの妻から送られてきて、そこでは学校建設の陳情は受けられなかったが、来年以降は対応できるかもしれないと書かれていた、

  そして実際次の年になってからは、色々な条件がゆるくなったのだから、そこら辺で便宜を図ったのは間違いはないだろう、

  
  この件のややこしいところは、役人が忖度をして判断をしてしまい、誰かが責任を取る形になっていないことだ、

  そのため誰が悪いという形にすることができず、はっきりとした責任が明確にできていない、


  そういう中で今回の証人喚問では、唯一といって良い証拠が出てきているわけで、その証拠に基づいて何が起こったのか考えるのが、結論として正しいといえるだろう、


  今回の件のポイントになるのは、アベマンセー小学校からの陳情を誰が受け取って、どのような形で処理が行われたかということだ、

  そのことについてはよく分かっていなかったが、アベマンセー小学校の理事長がアベの妻に依頼をしたといい、それがわかる証拠も提出している、


  そしてその証拠に書かれたとおりに、実際の取引が行われているのだから、アベの妻がこの件に関わっているのは間違いがないだろう、


  そういうことに対しては、アベ自民は婦人の補佐をしている人物が勝手にした、という形で誤魔化そうとしている、

  理事長にFAXを送ったのは、その補佐をしている人物なので、その人のせいにしようとしているが、それは可能性がない、


  そもそも財務省はよほどのことがない限りは、便宜を図ることはしないので、婦人の補佐をしているだけの人間の意見を聞くことはない、

  つまりアベの妻が直接相談をしたが、アベ自身が相談をしたか、それに近い人物が依頼をしたと見ていいだろう、


  今までこの件についてはいろいろな意見があったが、結論からいえばアベかアベの妻が犯人で、こいつらが役所に働きかけて起きた犯罪と見てよい、

  現状そうでないという証拠は一つもないので、証人喚問の証言を考えると犯人はアベで正しい、


  しかし、この件については上で書いたように忖度をして、話を作ったという意味が強く存在している、

  そのため法的に責任を問えるか分からないがが、少なくともアベが犯人とはっきりしたのは大きいだろう、

  
  後はこの話をどうしていくかになるが、メディアは政府の犬であることは変わらないため、別の形や方法論が必要になるかもしれません、


  次に、この件については大阪の方で話が広がっていて、維新の党とのつながりを指摘する声が強くなっている、

  アベマンセー小学校に関しては、最近亡くなった自民党の地方議員と、維新の党が関係をしていたといわれる、


  また公明党の地方議員も関与している噂があり、そういうことが政治的な動きとして現れている、


  大阪でアベマンセー小学校が作られた理由は、大阪府がいろいろな配慮をしたことが原因だ、

  本来であればこのような形の学校は作ることができないが、大阪知事が無理やり法律を変えて対応している、


  そのために大阪の知事は教育に関する部署の担当者と、頻繁に話し合いをしていが、そのあたりの相談で学校建設の取り決めについて、かなり強引な行為が行われたといわれている、


  その件については大阪の知事は、私は一度もそのようなことをしたことはなく、教育に関する部署の独断ではといっていた、

  しかしその後自分が関わっていることがバレてからは、多少言動を変えるようになっている、


  また、アベマンセー小学校の建設では、少し前に亡くなった自民党の地方議員が関わっていて、そのことについては証人喚問でも説明されている、

  その人物は亡くなってしまったのだが、実はその後継者としてアベマンセー小学校の理事の息子が、出る予定があったという話がある、


  それだけ関係の深い間柄だったのだが、その亡くなった自民党の地方議員は、大阪知事との関係が存在していて、以前は大阪のコスプレ市長や、今の大坂知事と一緒に政治活動をしていた、


  その件について大阪知事は会ったこともないといっていたが、実際は一緒に選挙活動をしていた写真が残っており、嘘をついていることがバレてしまった、


  この件については亡くなった自民党の地方議員のつてで、維新の党や公明党の議員が関わる形で起こっていて、

  最近の大阪の百条委員会でも、公明党と維新の党は大阪知事の関門を拒否しているが、それはこの2つの党が関わっている問題だからだ、


  自民党に関しては当事者の議員が亡くなっているため、直接的な責任は感じていないのだろう、

  その影響で百条委員会を自民党がやろうとしたが、なぜか拒否をされて行うことができなかった、

  
  大阪での動きはこのような意味を持っていて、この大阪の支援と財務省の調整によって、アベマンセー小学校は作ることが可能になった、

  大阪の方はまだこれからといったところで、特に大阪知事がよく喋る人間だから、ある程度はチャンスがある、


  国政の方は、アベの妻の補佐をしている人の責任にしようとしているが、こちら側はしばらくは動きづらいかもしれない、

  そういう所があるので、現状動きがありそうなのは大阪になるだろう、


  大阪の知事は証人喚問にも出るといっているため、うまく交渉をすることができれば、対応ができるかもしれない、

  この知事は嘘ばかりついている人物だから、その点を突かれていけば多少は変わる、


  今のところ証人喚問の問題は、大阪知事の問題に変わりつつあるようだが、そこでどのような変化が起こるかが重要でしょう、


  それ以外だと、そういえばアベの間抜けは今回の証人喚問を、偽証罪を使った犯罪検挙のためにやる予定だったらしい、

  アベのクズは証人喚問について、犯罪者である可能性の高い人物を呼び出して、逮捕するための制度だと発言している、


  つまりこいつが、アベマンセー小学校の理事を呼び出したのは、犯罪者として呼び出して捕まえる予定だったのだが、実際にはそのようなことはできなかった、

  何故かというと、それは今回の犯罪が忖度によるものだからで、具体的な証拠がなく、法的に責任を問えるところもなかったからだ、


  そういう点を理解して、アベマンセー小学校の理事は挑発行為をして、自分が有利になる証人喚問を選んだのだろうが、アベのバカにはその戦略が読めなかったのだろう、


  それはともかく、今回の件はアベ自民としては偽証罪による逮捕が目的で、真相を解明する気はまったくなかった、

  それはアベ自民が当事者なのだから当然だけど、まさか偽証罪で捕まえるために、証人喚問をしているとは思わなかったが、


  今のところ自民党は偽証罪での告訴を考えていて、そういうことは議会の賛成があればすることができる、

  ただし実際にはかなり難しい所があり、それは関係者の取り調べが必要になることだ、


  偽証罪で告訴する場合は関係者の取り調べが必要で、その時はアベやその妻が取り調べを受けることになる、

  それ以外でも、大阪の知事や役所の関係者の調書もとらないといけないため、かなり複雑な手続きが必要になる、


  こういうことをして、初めて偽証罪として告訴をすることができるのだが、そうなった場合はアベや夫人に対する取り調べがいる、

  そこでもし何らかの問題がバレた場合は、アベやその妻が逮捕される可能性もある、


  そう考えると簡単には偽証罪は使いづらく、アベのやつも最初はキーキー騒いでいたようだが、この頃は偽証罪が難しいことに、ある程度気づいてきたようだ、

  とはいえアベはバカの能無しであるから、無理やり偽証罪で告訴をする可能性もある、


  そうなったら更に面白くなるのだけど、アベのバカがトチ狂って奈落の底に落ちるのならば、そういう可能性も面白いといえます、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR