01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

南スーダンで起こっている問題、北朝鮮関係者の殺害とトランプの失態、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  実はいまちょっと体調が悪いので、あまり文章を書きたくないのだけど、アベのやつが原因でネタがあるようだ、

  アベのやつは知能のないアホなので、こいつのやることは基本的に失敗しかしない、


  本来であればその失敗をメディアが報道するのだが、一度としてメディアはアベの失敗を報道していない、

  ガス抜き程度では報道をすることもあるけど、メディアがアベ批判をしたことは多分一度もないだろう、


  それなのにアベのやっていることはほとんど失敗しているのだから、日本がどれだけ異常な国なのかは、この点からもわかるだろう、


  そんなことはいいのだが最近の話題としては、南スーダンの自衛隊の問題があるか、

  南スーダンには自衛隊が送られていて、送った時は民主党政権のときだった、


  ただそのときはいろいろな制限を加えていたので、今のところ問題になっていないのだけど、内乱が激しくなったので色々難しくなった、


  南スーダンでは民族同士の戦いが激しくなり、政府軍による虐殺も行われるくらい、民族同士の殺し合いが一般的になっている、

  本来であればこのような状態で、自衛隊が活動することはできないのだが、自民党はそれを拒否している、


  アベ自民は、南スーダンで安保法案による戦闘行為を起こし、それを奇貨に軍事的な拡大を行おうとしている、

  特に安保法案に寄る駆けつけ警護をしやすい環境なので、大規模戦闘が起こっていても、それを認めてはいない、


  現地からの報告では戦闘状態にあるというものが多く、国連でも内乱状態にあると認めている、

  認めていないのは南スーダン政府で、ここは内乱を認めると外国の軍隊が逃げると考えているので、軍事的な戦闘を認めていない、


  しかし現状反政府勢力も非常に強く、もしかすると南スーダンの政府を反政府勢力が潰し、首都を掌握する可能性が出ている、

  当然そうなれば現地の自衛隊員は皆殺しになるが、そういう点に関して自民党は何も考えていない、


  現場からは戦闘状態にあるという報告が出ているが、アベの犬大臣は戦闘状態にはあるが、法律上戦闘状態ではないと答えている、

  法律上戦闘状態でなくても、戦闘が行われていれば戦闘状態になるはずだが、アベの基地外には日本語が通じないのだろう、


  この南スーダンは駆けつけ警護という、外国の軍隊を支援する行動のために、自衛隊を残していると見ていい、

  そうすることによって安保法案の実績を作り、海外の軍事行動を拡大するのが自民党の狙いだ、


  問題になるのは、今は政府軍もあちこちで虐殺を行っていて、民族同士の殺し合いの状態に入っていること、
 
  以前あった、ツチ族とフツ族の殺し合いみたいなもので、互いの民族を殺してやるという形で、南スーダンでは内乱が起こっている、


  そのため外国の部隊も撤退をしている所が多く、危ないので関わり合わない方が良い、と考えている国も少なくない、


  そこでどうするかなのだが、アベのクズは基本的に馬鹿の一つ覚えなので、こいつは安保法案の駆けつけ警護の実績がほしいのだろう、

  正直その結果自衛隊員が亡くなったとしても、プロパガンダに使えるのでラッキー程度にしか考えていない、


  もし本当に自衛隊のことを考えるならば、撤退をさせるのが筋なわけだから、それをしないのは自衛隊員が死んだほうがよく、そういう自衛隊員の死を利用するプロパガンダが、自民党にはすでにあるのだろう、


  この件については、最初は現地の自衛隊から報告が来ていたが、国会で読む前に全部処分をしたと答えていた、

  しかしその後一部の書類があると答え始め、結果的にすべての書類があると答弁をしている、


  つまり、最初から書類はあったのだけど、バレるとまずいからごまかしていたことになるが、アベのクズのやりそうなことだろうね、


  今回の件は戦争が起きそうなのに、それを平気で隠蔽する自民党の体質が出ている、

  今の自民党は軍事利権を重視しているから、戦争が拡大をする形を目指している、

 
  そのため行動や判断がちぐはぐになりやすいが、この件についてはメディアも批判をしているけど、ガス抜き程度であまり役にはたっていない、

  そのうち南スーダンで自衛隊員が殺された時は、国葬だ何だといって金をもらう取引を、日本のテレビや新聞はすでにしているのだろう、


  メディアなんてのはそんなもので、国民を殺して金になるなら金にする、それは戦前も戦後も変わらない、日本のメディアの体質なのでしょう、


  次に、そういえば北朝鮮の関係者が暗殺されて、奇妙な話になっているね、

  この話を最初に聞いた時はプロパガンダであって、中身はないだろうなと考えていた、

  
  しかしその後いろいろな情報が上がってきて、外国の女性がテレビの番組だと考えて、殺害をしたという話になっている、

  いわゆるドッキリテレビみたいなもので、殺害をした女性はネットで有名な人で、別に北朝鮮の工作員ではなかったようだ、


  ただこの人物に殺害を依頼したのは、日本人だといわれていて、そういう人間が殺害に関与している、

  しかし実際に誰がやったのかはわかりづらくなっており、真相は闇の中のようだ、


  現状なんとなくだがこの件については、北朝鮮はあまり関係がない感じもしている、

  なんというか北朝鮮自身がびっくりしている様に見えるので、もしかすると第三者の犯行かもしれない、


  その北朝鮮の関係者は、北朝鮮を出たあとビジネス活動をしていたと聞くので、そのあたりの可能性も存在するが、

  まあただ北朝鮮ネタは日本人にはメリットがないので、どんなネタであれ無視をすることが一番メリットを得られるでしょう、


  それ以外だとなにかあるかな、聞いた話だとトランプはあんまりうまく行っていないようだ、

  トランプは商売人なので政治に疎く、政治とは何であるのかということが理解できない、


  どうすればいいかわからない時は、馬鹿に聞いてみるのも手だという考えを、人間は持ってしまうのかもしれないが、

  トランプはそういう用途で選ばれた人間であり、順調に馬鹿な行為を繰り返している、


  アメリカの民主主義は日本とは違って、色々なセーブ機能があるため、アベのクズがやっているような、簡単な独裁体制は作ることができない、

  特にアメリカの場合は閣僚になったあとが重要なので、変な政権に関わるとその後の人生がおかしくなりやすい、


  ある種の天下りに近い所が、アメリカの大統領制には存在していて、それが結果的に閣僚の大統領への値踏み、として機能しているところがある、


  それによってトランプの閣僚を辞める人が出てきたり、閣僚を辞退する人が少なくない、

  そろそろ閣僚の人事を決めなければいけないが、まだ十分な陣容にはなっていない、


  日本みたいに何をやってもアベマンセー、といってくれる従順な人々がいればいいのだが、

  アメリカははっきり物を言う国家なので、トランプに対しても批判が強くある、


  ある意味において、トランプとアベの比較はその国の民度、そしてジャーナリストの程度を知る機会になる、

  日本の民度は低くジャーナリストと呼ばれる存在は、日本には一つも存在していないことがわかる、


  その影響でアメリカは多少沈没を防げそうだが、それがどうなるかというのはあります、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR