03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

金をむしられるアベのプーチン会談、アベギャンブル法案の異常性、軍隊として南スーダンに送られる自衛隊、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  昔から政治のことを書いていて思うのは、常に社会は劣化するものだなということです、

  以前は違ったのかもしれませんけど、ここ数十年の日本は劣化しかしておらず、それを理解できていない日本人という、異常な構図がある気がします、

 
  それはともかく書いてみると、最近の話題としてはアベとプーチンの会談があるが、今のところはどうなるかはわからない所がある、

  ロシアはアベを評価していないため、プーチンもアベを危険人物としてしか認識していない、


  アベは口先だけの能無しなので、海外でも低評価は確定しており、この人物を評価するとい意見は、国際社会ではまったく存在していない、

  そういう視点でプーチンも反応をしているので、プーチンもアベは役立たずだという認識は持っている、


  それがどうなるかだが、一応日本まで来て会談をするのだから、ある程度はロシアも対応することにはなるだろう、

  しかし領土問題は非常に複雑なところがあるため、ロシア側が協力をする可能性は低い、

  あるとすれば何らかの経済交流か、北方領土の交流の話し合いくらいだろう、


  アベはトランプと似ていて評価の低い特徴があるので、大きな仕事を任せるべきではないという考えが、国際社会では強く存在する、

  平たくいえば無能な人間だから、大きな仕事をすると失敗すると考えられているので、外国もアベに対して意味のあるアプローチは基本的にはしない、


  海外のアベに対するアプローチは、金をむしって放置するのが一般的で、今までもそういう形でしか外交が行われていない、

  当然今回もそのような形になるのだろうが、となるとアベのバカを利用して金をむしり取り、表面的な意見を言う程度になる可能性が高い、


  とはいえ実際にどうなるかはわからないが、政府の犬のマスコミはプロパガンダ的な期待をしているようだが、

  外国にとっては日本のメディアはどうでもいいので、マスコミの都合に合わせて動くことはないだろう、


  そう考えてもやはり金だけ取られて、後は何も残らないというのが、有り得る話だと思います、


  次に、アベのやつがやっているギャンブル法案は、可決をすると聞いているが色々面倒もあるようだ、

  アベのバカはヤクザに金でももらっているのだろうけど、そういう事情があってギャンブル法案を提出した、


  この法案は抜け道だらけの法案であり、きちんとした整備が行われていないため、いくらでもインチキギャンブルができる危険なものだが、そういうことに対しては国会では議論が行われていない、


  アベギャンブル法案に対しては審議が6時間しか行われておらず、その大半は念仏を唱え続ける、基地外自民党議員の独演会だったと聞く、

  国会で念仏を唱えつつけるのが、最近の自民党の基地外のトレンドらしいが、さすが基地外の宝庫自民党といえる話だろう、


  そんな基地外アベの自民党だけど、委員会で採決をする予定だったらしいのだが、その委員会は民進党が委員長をしており、強行採決ができる環境がなかった、

  そのため強行採決をするためには、委員長を無理やりクビにする必要があるのだが、そうすると色々な手間がかかる形になる、


  今の状況だと日程がかなりぎりぎりになっているため、自民党が委員長を首にすると、予定が間に合わなくなる可能性が出ている、

  そのことを考えてどうやら、参議院を開かないで参議院で採決をすることを考えており、かなり異常な状態になっている、


  日本の政治制度は衆参の会議で議論をする前に、委員会で採決をしてから行うようになっている、

  そのため委員会で採決をしないと議会で話し合いができないのだが、例外的に委員会で議論をしない方法も存在している、


  ただ今までそのようなことが行われたことはほとんどなく、かなり異常なやり方だといわれている、

  もっとも、今のアベ自民は国会で念仏をいきなり唱え始める、基地外の集まりなので倫理観などないだろう、


  基地外に何をいっても無駄だろうから、こういうアホなことをしてくるだろうけど、

  こんだけ基地外行為を繰り返しても、日本人は自民党バンザイ、アベマンセーなんでしょうね、もはや現実を見ることができないのでしょう、


  後は、南スーダンに自衛隊が送られるらしいが、現地の情勢はかなりまずい状態のようだ、

  日本のメディアは口をそろえて、南スーダンは安全だという形で報道をしているが、政府の犬は性根が腐っているといえる、


  一応は危険性をいってはいるけど、それに合わせて政府批判をしないようでは、政府の犬だといわれても文句はいえまい、

  ほんとまあ日本のメディアは社会のゴミでしかなく、人を不幸にするしか能がない役立たずであるが、


  そんなゴミメディアはいいとして、南スーダンに自衛隊が送られるのは、安保法案との関係が存在している、

  今までの日本の防衛は他国との共同での戦闘を禁止しているが、安保法案に関連する法案では、そのようなことを合法だといっている、


  そのため駆けつけ警護というかたちで、自衛隊が他国の軍隊と戦闘ができるようになっているが、このような形は実質的に軍事行動であると、実は日本政府も認めている、


  駆けつけ警護というのは特に規定のある言葉ではなく、その場で適当に作った言葉であり、国際社会ではそのような言葉は存在しないようだ、

  そして日本政府が海外で行う行動は、外国では普通に軍事行動という認識になっているため、駆けつけ警護というものは実際には存在しない、


  つまり、南スーダンで自衛隊が送られるということは、外国にとっては普通の軍事支援という形になるため、一般的な戦闘と同じことをする状態にはなる、

  ただ実際にどの程度の戦闘をするのかははっきりしておらず、よくわからないところはある、


  南スーダンでは内乱が大きくなっていて、政府軍も反政府軍も入り乱れて戦争をしている、

  この国の政府軍は犯罪に加担していることも多く、虐殺などもしているといわれている、


  そのため実は南スーダンでは政府軍も危険で、自衛隊が南スーダンの軍隊から攻撃を受けて、大きなダメージを受ける可能性も存在している、

  まあ実際にはそういうことは起こりづらいとはいえるが、敵と味方がはっきりしていない内乱状態の国に、自衛隊を送れば誰が攻撃をしてくるかはわからないと見ていい、


  また自衛隊の送られる地域も治安が悪く、非常に危険なため外国の軍隊でも、あまり入ろうとしない危ない地域だといわれている、

  そういう所に自衛隊を通常の軍隊と同じ形で送り込むので、一歩間違えば大量に人が死ぬことになるだろう、


  そもそも自衛隊がこの地域に送り込まれたのは、他国の軍隊が海外に戻ったからであり、そのかわりに自衛隊が要求されている所がある、

  そのため他国の軍隊が今までやっていたことを、代わりにやらされる可能性があるため、非常に危険な任務になる可能性が高い、


  また内乱状態である国家なので、どちらが正義ということもなく、じつはは政府軍も腐敗が激しく、まともなことをしていない現状もある、

  そういう所に何も考えずに自衛隊を送るわけですから、非常に大きなリスクは存在している、


  そのようなことがあるのだが、この南スーダンへの派兵については国会では議論されておらず、危険性についてはまったく情報が出ていない、

  この地域の情報は政府が全て処分をしたようで、国会で議論をする資料はほとんどない状態になっている、


  そういう環境で自衛隊が送られるのだが、このようなことは有り体にいえば自衛隊員を殺してでも、軍事化を進めたい自民党の本音があるのだろう、

  戦闘で誰かが死ねば、それを英雄扱いして金儲けのプロパガンダに使うことができる、


  戦前の靖国神社もそういう金儲けの道具としての意味があったが、もう一度そのような軍事利権を作るために、わざと自衛隊員を危ない所に送っている可能性が高い、

  つまり国際社会から必要があって送っているのではなく、自衛隊員がある程度死なないと、軍事ビジネスが成立しないというのがアベ自民の本音と見ていい、


  そうでないというのならば、このような危険すぎる地域を選ぶのは不自然であるし、国会で議論すべき資料を全て破棄して隠蔽しているのも異常だろう、

  となれば、最初から軍事行為が目的ではないことは明らかで、自衛隊員を殺すことが狙いである可能性が高い、


  アベ信者の基地外は、自衛隊員が南スーダンへいって死ねば、万歳三唱をして喜ぶことになる、

  それが自民党の狙いである可能性が高く、自衛隊員をわざと殺して、支持者の関心を買うのがこいつらの戦略かもしれない、


  正確なことはわからないが、自衛隊の送られる南スーダンは非常に危険であり、そこで自衛隊は海外の軍隊と同じ活動をする予定だ、

  駆けつけ警護などという言葉は国際社会にはないため、実際には一般的な軍事行動という位置づけて、自衛隊は送られることになる、


  それがどうなるかということなのだが、自衛隊員が死ぬ可能性はかなりあるので、そうやって誰かを殺すことがアベ自民の狙いであり、わざと自衛隊員を殺すために送っている、そう考えていいでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR