01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベ自民によるTPPの採決、レイシスト小池の拝金政治塾、野党共闘における共産党の存在、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  最近感じるのが日本の末期的な雰囲気で、ニュースで見る事件もかなり変なことが増えている気がします、

  変なことが起こる世の中というのは、何らかのことを多くの人が感じていて、それが表面化しないと起こりやすいと思っていますが、


  さて、どんな末期的社会がこれから来るのか、ありがたくはないですが考える必要はあるのでしょう、


  それはともかく書いてみると、そういえば今週はTPPの採決があるといわれているが、TPPの採決を何故するんだろうな、

  うーむ、よくわからないがアメリカの大統領選では、二人の候補者はどちらもTPPに反対をしているし、アメリカではそういう世論が大きい、


  そうなると、TPPを推進したとしてもアメリカが反対をすれば、意味がなくなってしまうのだが、どういうことなのだろうな、


  アメリカではNAFTAと呼ばれる自由貿易協定があり、この協定ではカナダとメキシコとアメリカが参加をしている、

  この協定ではそれぞれの国の関税を撤廃することや、自由なビジネスが行われるように強制するシステムが存在していた、


  そういう所があったので、企業収益のために地域の労働者の立場が悪化し、アメリカやメキシコで大量の失業者を生んだが、

  同時に関わった企業の収益は改善していて、搾取のような形を強く持っていた、


  そのような話がアメリカでは一般に知られている影響か、このNAFTAを前提にアメリカの大統領選は議論されていて、TPPも同じような労働者問題として議論されることが多い、


  そういう所があるので大統領選では、TPPに対して両方の候補者が反対といっており、現状だとTPPが行われる可能性は低くなっている、

  となればアベ自民がTPPに拘る理由はなく、なぜTPPを無理やり強行採決するのかが、よくわからなくなる、


  しいていえば、最近ロシアと外交交渉をすることになっているから、その時のアメリカへの便宜では、という意見は聞いたけど、

  それにしてはアメリカが否定的なTPPを土産にするのは変だし、不自然なところは存在している、


  となるとジャパンパンドラーとか、そういう日米利権で飯を食っている連中が、アベの犬を利用して無理やり話を通しているのかもしれない、

  アベは基本的に馬鹿だから、TPPについてもまったく理解をしていないだろうし、よく分からないでやっているのだろう、


  それでTPPの強行採決をすることになるだが、うーむ、これは自民党にとって特にメリットはない気がする、


  まず今のところTPPに対して詳しい議論は行われておらず、どのようなことが起こるのかについて国民はまったく知らない、

  国会でも資料は全然出てきていないため、議論も十分に行われてはいない、

  国会で一応は議論をしているが一~二週間程度でしかなく、十分な議論には程遠いところにある、


  そういう所で強行採決をすれば、農業などの一時関係の人は不満を持つだろうし、そうなれば自民党への支持はやめることになるだろう、


  もちろんそういうことはマスコミの世論調査では出ることはなく、表面的にはまったく問題のない形になるだろう、

  しかし農業関係者は実利があるのだから、マスコミのプロパガンダである世論調査とは、違う対応をする可能性が高い、


  そうなった場合地方は、農業が大きな産業になっているところが多いので、地方では大きな批判票が野党に行くかもしれない、

  実際前の参議院選挙で野党が勝てたのは、北海道や東北などの農業票が大きく、その票が野党に寝返ったので、大きな変化が起こることになった、


  そういうことがこれから起こるとすれば、自民党にとってはTPPを強行採決するメリットはなく、デメリットしか存在しないだろう、

  なぜなら野党の意見を聞かず、一人で勝手にTPPに入ったのはアベ自民ということになるからだ、


  しかもそれがアメリカの事情で行われない可能性もあるならば、やっていることの意味がわからなくなる、


  そんな所があるようだけど、アベのやつはTPPに参加する案を強行採決するらしい、

  それによって日本の農業や金融業は潰れ、一般的な産業でも失業者は増えることになるだろう、


  それはアベマンセーといって自民党に投票をした人が悪いのだが、やってしまったことはもうどうしようもないので、このまま破局まで向かうのでしょう、  


  次に、東京のレイシスト小池が政策塾を作ったらしいが、私兵を募って政治的な影響力を持とうとしているらしい、

  レイシスト小池の狙いは大阪維新の会であり、ああいう感じで地方の野党票を食うことによって、自民党のアシストをすることが狙いである、


  民進党は関西ではほとんど勝つことができず、県議などのの議席でも民進党は取ることができない、

  それは維新の党が批判票を吸収しているからで、共産党もそういう影響を受けている、


  ただ東京ではそのような組織がないため、東京や関東ではある程度民進党などの野党が強く、選挙で勝てる程度の影響力を持っている、

  それを潰すのがレイシスト小池の仕事だが、こいつは特に組織を持っているわけではないので、単純には行動ができない所がある、


  そういう所があるので、レイシスト小池はまず人材とカネを集めるために、政治塾を作ることを決めたようだ、

  もっとも、こんな人種差別主義者が人に教えられるものはなく、大した実力もないので中身は空っぽらしいが、

  
  そんなインチキ塾を作って人を騙しているようだけど、こいつのやっている塾は有料で、かなり大きなお金を取られるらしい、

  大阪のコスプレ市長も似たようなことをしていたが、運営費を支持者から取る方法をこいつらはする、


  大阪のコスプレ市長の場合は、選挙費用をすべて自腹で支払わせることによって、党が負担をしないですむ形にしていた、

  まあ完全に支援をしなかったわけではないのだろうが、候補者に対する経済的な支援をほとんどしないことで有名だったのが、大阪のコスプレ市長だった、


  レイシストの小池はその方法とは違う形にして、支持者から金を巻き上げて政治活動をしようとしている、

  こいつの政治塾では5万円程度の金を要求しており、かなり高額な負担が発生するようになっている、


  そういう金を渡せば政治家になれるかもと、いう錯覚を利用してビジネスをしているのだろうが、あくどい詐欺師だというしかあるまい、


  現状こいつの塾には2900人程度が参加しているから、一人5万円としたら1億5000万円程度にはなるか、

  実際は全員が5万円も払っているとは思えないので、そこまでは行かないだろうが、


  ともかく、こうやって大量の資金を得ることによって、政治資金を用意して、後はある程度知名度のある人間を出す予定なのだろう、

  しかしこのレイシスト小池はあまり評判がよくないのか、以前の東京の補選ではあまりパッとしなかった、


  レイシスト小池は本来関西の方の人で、それがアベに逆らったから強制的に東京の候補者になったと聞いたことがある、

  その影響で東京では大きな支持はなく、以前の国政選挙でも負けていたような気がする、


  そんなやつなので今は政治塾を作っているが、それがどの程度影響を与えるかはわからない、

  マスコミは政府の犬のプロパガンダ機関なので、このような話を持ち上げようとするけど、


  少し前の東京の補選では、レイシスト小池の後釜の支持が低く、地域の人の大半が評価をしていなかった、

  投票率も異常なくらい低かったので、上手くいくかどうかはわかりません、


  後は、そういえば共産党が民進党に対して、連合と協力をするか市民と協力をするか迫ったらしい、

  相変わらず共産党はセンスが無いが、そういう所が共闘の弊害になっていることを気をつけたほうがいいのだけど、


  以前も書いたが野党共闘を、実質的に行ったのは民進党の岡田で、共産党やリベラル市民連合は、それほど役に立っていない、

  なぜそうなったのかというと、岡田は維新の党との合流を重視しており、維新の党の合流と野党共闘を、同時にする方法を考えていた、
 
 
  そういう複雑なことをしなければ、野党が自民党に勝つことはできなかったので、岡田の判断は妥当ではあったのだが、

  それに対して左翼や市民活動家は、終始批判を繰り返して現実を見なかった、

  共産党もそういうスタンスではあったが、そういう風になったのは左翼や共産党が、他党との交渉に慣れていなかったからだろう、


  そういう悪い所がまた出たようだけど、現状だと連合と市民連合の両方の支持がない限りは、野党が自民党に勝つことは不可能になっている、

  そのようなところでどっちかを選べというのだから、共産党のプランを立てる能力のなさは、大きな問題ではある、


  もちろん連合が共産党を否定するなどして、感情的な批判もあるのだろうが、どうすれば野党共闘が出来るのか考え、そして選挙に勝つ方法を読めないとなると、非常に厄介になる、


  以前の野党共闘は岡田が優秀だったから成り立ったが、ノダは岡田ほどの能力は持っていない、

  そのため岡田がやっていたような、批判を浴びてもベストの形にするという判断は難しく、多分ノダにはできないだろう、


  それを考えると結構まずいところにいるのだが、根本的な問題としてあるのは、リベラルや共産党の野党共闘の現実性のなさと、

  それを以前あえて批判があっても実行ができた岡田ではなく、大した能力のないノダが中心にいることだろう、


  それに対しては共産党などが妥協をするしかなく、そうしないとノダのような無能な人間では、野党共闘の図式は作れないかもしれない、

  非常に厄介なところにいるのだが、結局するべきことはしなければいけないので、形を変えていくしかないのでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR