01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

民進党ノダの選挙戦略はどんなものだったのか?、丸坊主になった民進党候補の意味

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)



    どうもこんにちは、


  今日も政治について書いてみると、最近の話題はやはり2つの補選になるかな、

  小沢氏の支持層に続いて、シールズの周囲の人が一斉に気が狂った、私が政治ブログを書いていて二回目に受けた、大きなショックな話だったけど、


  人間てホント簡単に気が狂うのだなと、感じた選挙でしたが、

  この選挙で問われていることにノダの問題がある、ノダが全て悪いんじゃないかという意見は根強い、


  しかし結果はそれほど悪くはなく、絶望的な不利の状態にしては、そこそこ得票を得ていたのだから、ノダの戦略そのものが間違っていたとはいえないだろう、

  もちろん勝っていないのだから正しくはないが、結果が最初から決まっている選挙なのだから、そういう視点で見ればノダのやったことはそれほど悪くはない、


  というわけでノダのやった戦略について、個人的な見解で書いてみると、

   
  私がノダが今回の選挙についてどう考えているのか知ったのは、民進党の公式サイトで情報収集をしているときだった、

  その時にノダは補選では投票率が低くなるので、チャレンジャーとして頑張る予定だといっていた、


  それ以外にもあれこれいっていたのだけど、概ね妥当な判断をしていたので、案外ノダもまともな判断ができるのだなと、その時は感じたのだが、


  それでノダがもしかするとこうする予定だったのでは、ということを書いてみると、

  ノダの戦略としてあったのは連合との関係で、連合の支援をしっかりしたものにすることを、目的にしていたフシがある、


  なぜそのような判断をしたのかというと、それは多分解散総選挙が近くありそうなので、支持基盤の引き締めを狙ったと見るべきだろう、

  そのためへりくだるように連合との関係を重視しており、それが傍目から見るとかなり異常な行動に見えていた、


  ノダの本来の計画は、私の想像になるが新潟の知事選でわざと負けることによって、連合に貸しを作って信頼関係を作ることを狙っていたように見える、

  そうすれば連合も民進党を全面的にバックアップするだろうし、その後の補選についても話し合いがしやすくなる、


  もし解散総選挙があったとしても、連合との関係を強固にしておけば、急に解散が行われたとしても対応ができる、

  野党共闘も新潟知事選で自民党が勝てば、以前の形のまま継続をすることができるので、トラブルが起こることがない、


  これがノダの戦略だったようにみえる、まあ小沢氏に比べると小さな考えだが、ひたすら連合のご機嫌伺いをすることによって、解散総選挙などの対応をするというのが、ノダの考えていたことに感じる、


  それが狂ったのが新潟知事選で野党が勝ったことで、これによって民進党と連合の関係にヒビが入る事になった、

  その結果連合は民進党を攻撃するようになり、ノダとしてはなんとしても連合の支援が必要なので、より以前よりも連合に従うスタンスに変わった、


  ある意味において、ノダは新潟知事選の被害者でもあり、あれで野党候補が勝ったことによって、すべての計算が狂ってしまったようにも見える、


  あくまでノダの考えていたのは、今までの形を継続した野党連携であり、その連携と連合の支援を受けつつ、解散総選挙に備えることだったと見ていい、

  それが新潟知事選で野党候補がかったため、野党連携の形が大きく変わり、連合との関係もギクシャクするものになった、


  つまり民進党にとっては、新潟の選挙はプラスになっているとはいえず、どちらかというとマイナスになっているものだったといえる、

  それによってノダの連合依存が強くなり、かなり極端な発言をする必要が出たり、候補者に対しても連合との関係を考えて、色々な制限を受けるように変わっていった、


  例えばノダは最初の頃は、補選で選挙区から候補者を下げた共産党に謝意を表していたが、

  選挙の終盤では、選挙区の候補者は民進党のためだけのものだと、いうようになっていて、かなり極端な連合よりの発言に変わっていた、


  そうなったのは新潟の知事選で野党候補が勝ったからで、その影響が悪い意味で出ていたのが、ノダの運の無さだったといえる、

 
  ノダの行為についてはいろいろな批判はあるが、選挙戦略自体はそれほど間違いではない、

  ノダは最初のところでも書いたけど、今回の補選では投票率が低くなるので、チャレンジャーとして頑張るといっていたが、

  この投票率が低くなることへの対応を実は重視している、


  補選のような最初から投票率が低いとわかっている選挙では、浮動票があてにならないので、組織票を確保しないと選挙にならなくなる、

  そのためノダは市民運動ではなく、連合よりのスタンスになるように指示をしていた、


  この行為に対しては市民活動家から批判が出ていたが、そういう活動家の言うような選挙をしていたら、もっと大差がついた形で負けていただろう、

  補選においては浮動票は殆ど入らないので、組織票の大きさが重要になる、


  もちろんマスコミが大きく報道をすれば別だが、今回の件については選挙結果が決まってからマスコミが大きく報道して、政府のプロパガンダに使われるだけの形を持っていたため、その可能性はなかった、


  となれば後は組織票をまとめるしかないので、連合にさらなる協力を頼むしかない、それがノダの連合依存のような形に見えていたわけだ、


  しかしこの戦略は特に悪くはなく、野党がそれなりの得票を得られたのは、ノダの過剰なまでの連合支援のスタンスが理由であり、

  特に東京のような最低レベルの投票率でも、自民党とそれなりに勝負になっていたのは、ノダの行動が大きいといえる、


  もちろんこんなことをしたところで、選挙区に勝てていないのだからノダのやったことは正しくはない、

  本来であれば昔の小沢氏のように人気取りをして、多くの人が興味を持つ選挙にしてから、うまく勝つように工夫すべきだったろう、


  しかしノダは岡田に近いタイプなのか、そういう変わったことをする能力がなく、パフォーマンスで人気を得ることができなかった、つまり最初から勝つ可能性はなかったといえる、


  今回の選挙におけるノダの行動は、私の勝手な判断になるけれど、それほど間違ったとはいえないと思う、

  実際選挙結果はそれなりによいので、この結果では与党が勝ったとはいえず、特に東京での差の小ささは、自民党にとって脅威だといえる、


  それをどう考えるべきかというのはあるが、多分だけどこのような視点で考える人は一人も出ることがなく、気が狂った政治論者がキーキーいうだけというのが、日本人の知的レベルの限界なのでしょう、


  次に、今回の選挙では東京から立候補した人物が、選挙で負けた会見の時に丸坊主にしたことが話題になった、

  それに対して基地外政治論者は、相変わらずキーキー気勢を上げてうるさかったが、ほんとこいつらには知能がない、


  まあこの問題をどう捉えるかはその人次第になるが、私が考えているのは蓮舫を守ったのではないか、という気がしないでもない、

  蓮舫は東京が選挙区だから、この選挙区で負けたということが広がれば、イメージが悪化する可能性がある、


  そうなれば大きな問題になるので、わざと東京の選挙区から出た人は丸坊主になることによって、ウケを狙ったような感じもしている、
  
  ノダも終盤になって問題発言をよくしていたが、それも蓮舫に注目が集まらないようにしていたようにも見え、二人でカバーをしていたのかもしれない、


  この見かたは私の勝手な判断による、勝手なものなので、事実かどうかはまったくわかりません、

  しかし選挙で負ければ党首の責任が、という話が起こるのは当然だから、それをなんとかしたいと考えた可能性はある、
  
  (もっとも東京の選挙区で出ていた人は、ちょっと変わった人だったので、それが原因かもしれないが、)


  そんなことを考えたのだけど、候補者の蓮舫に対する信頼は強く、それを考えて行動したのでは、という気はしています、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 民進党
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR