01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

新潟知事選の傾向、アベ白紙領収書の異常性、レイシスト小池のオリンピック問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は時々寒い時がありますね、もう一二ヶ月すると冬になるようだが、よく考えると今年は変な気候でした、

  台風もおかしいし地震も異常だし、妙な一年だった気がします、

  
  それはともかく書いてみると、最近の話題としては新潟の知事選があり、ある程度野党側も有利になっているようだ、

  この新潟の知事選ではマスコミの嫌がらせで、現職の知事が立候補を辞退していて、いかにマスコミが社会の害であるかがよく分かる話になっていた、


  まさかマスコミが直接知事を脅して、立候補させないようにするとは、異常なことが起こっていましたけど、

  そんなことがあったのだけど、今のところこの知事の跡を引き継ぐ人物が、野党共闘候補として出ているので、ある程度は勝負になっている、


  この選挙では民進党が推薦をしなかったので、色々な批判を受けているようだが、
 
  一応民進党も支援はしているらしく、民進党の支持者の過半数が、野党強党候補の支持をしていると答えている、


  それはつまり裏では民進党も支援をしているといえ、そういう変わった形の選挙になっているのだろう、


  今回の選挙では左翼勢力がまた、気が狂ったことを繰り返しており、連中の異常性が際立ったところがある、

  たしかに今回の選挙では民進党は推薦をしていないが、実際にはいろいろな人を派遣しており、中身では支援をする形になっている、


  それは何らかの事情があってのことだろうが、そういうことを朝から晩まで左翼が悪口をいっているけど、こいつらの頭のおかしさは直らないのだろう、


  ほんと気味の悪い連中ではあるが、今回の選挙ではそういう左翼が考えていることと、実際に起こっていることに乖離があるように思う、
  
  左翼連中は今回の選挙について、脱原発であるかどうかが重要だと考えているが、多分そういうことではない、


  今回の選挙で重要になるのは、以前の知事の影響力を得ることができるかどうかで、そういうことが選挙結果を決めるポイントになっており、

  脱原発という世論によって傾向が決まっているわけではなく、前任者の影響力が選挙の趨勢を決めるといっていい、


  前の新潟県知事は非常に高い支持があり、もしでていれば確実に当選をするといわれていた、

  そういう人が急に出なくなったのだから、市民としては出なくなった市長の代わりを求めるだろう、


  つまり選挙において重要なのは、前任者に似ている候補者であることがあって、脱原発自体を論点にして選挙をする、という形にはならないと考えていい、

  結果的にそのような形になる可能性はあるが、メカニズムが違うのでそういうふうに考えると失敗をする、


  そもそも左翼がいうように、脱原発が大きな論争になっているのならば、他の地域でもそのような候補者が勝っていて、大きな影響力を持っていなければいけない、

  しかし実際はそうなっているとはいえず、原発に賛成している人が勝っていることが多いわけで、左翼がいっている理論は破綻をしている、


  今の政治はイデオロギー論の破綻した状態にあり、右翼左翼論は実は政治論ではない、

  今の政治とは極めて単純な形になっていて、影響力と個人的な信頼が大きな意味を持っている、


  そのため左翼的な方向性をとったから政治的に有利になるとか、右翼的な方向性を持ったから政治的にどうにかなる、ということは実はあまり起こらない、


  例えば自民党は選挙で勝つことがあるが、そういうときに右翼的な方向性を支持して投票する人は少ない、

  実際国政選挙では極右のアベが回ったところは、ほぼ確実に選挙に負けており、アベのような右翼の方向性に対する支持は国民の中にはない、


  同時にそれは左翼にもあるといえ、左翼的な方向性で選挙に勝つということは無理で、立候補した人の個人的信頼や知名度のほうが、選挙の上では有利になりやすい傾向がある、


  もちろんある程度は右翼左翼的なものはあるが、それは二次か三次的な要素であって、選挙を決める大きな議題になることはない、


  だから今回の新潟の知事選挙でも、脱原発が論点だからそれが政治的な議論になり、地域の人が応援をして判断をしたのだ、とは考えない方がいい、


  どちらかというと前任者への信頼が、反原発という論を後押ししていただけで、その人物が別の論をいっていた場合は、反原発以外の意見をいっていたとしても、選挙で有利になっていたと見るほうが妥当だ、


  今の政治は右翼や左翼というロジックは成立せず、選挙結果もイデオロギーとは関係のないものになっている、

  この頃の選挙で重要なのは知名度と、その組織や人間に対する信頼だけで、多分それ以外の要素は関係ないか、デメリットにしかならないと思う、


  そういう視点で新潟の知事選を見ると、左翼的にいえばこの選挙はイデオロギー的な、反原発を重視した選挙になるのだろうが、

  実際はイデオロギーとは関係のない、前任者の信頼を得た野党候補者が、その力を吸収して自民党を追い上げている、そう考えた方がいい、


  変な言い方になるが、今の時代はイデオロギー政治は成立しておらず、右翼左翼は選挙とはあまり関係がない、

  あるとすればデメリットくらいで、アベもそうだが右翼左翼という形を持つほど、選挙では不利になることが多い、


  そのような視点で政治を考える時期になっているようだけど、こういう変化を政治に詳しい人が理解をしないから、日本の政治は機能をしないのだろうとは感じます、


  次に、アベの周りの連中が白紙の領収書を出していたらしく、ほぼ全員が不正を行っていたことがバレた、

  領収書というのは、お金をもらったことの確認のための書類であり、この書類を使って税金の処理や会計を行う、

  
  そのため勝手に書き換えると捕まるおそれがあるのだが、なぜか自民党議員の大半が、勝手に白紙の領収書で手続きをしていた、

  これは最初は一部の人間だったのだけど、自民党の閣僚のほとんど全員がやっていることがわかり、非常に大きな問題になった、


  もちろんマスコミは政府の犬なので、まともな報道をしていないようだけど、この問題は非常に大きなことではある、


  領収書を白紙で渡すということは、どのようなお金のやりとりがあったのか、受け取ったほうが勝ってに決めてよいということになる、

  そうなればもらった金を半分にして、それを税務署に出せば所得を半分にできるから、税金の負担の軽減も可能だ、


  またそうやってごまかしたお金は、着服をすることもできるわけで、賄賂性の高い金をもらっても、適当に領収書を捏造すれば、いくらでも金をもらえるようになる、


  だから本来このようなことはできないはずなのだけど、自民党は長期間このようなことをいており、多分だが自民党議員は地方議員も含め、ほとんど全員がこのような手続きをしていると見ていい、


  私は残念ながら会計や法律には詳しくないので、どの程度の違法性があるのかははっきりとはいえないのだけど、

  素人目に見ても会計操作が簡単にできる、白紙の領収書は異常だというしかない、


  本来ならばこれをマスコミが大々的に報道をするはずだが、政府の犬はまともな報道をすることはなく、有耶無耶にしようとしている、

  しかしこれはさすがにおかしいと思うので、ちゃんとした対応はした方がいいでしょう、


  後は、東京のレイシスト小池がオリンピック問題に、あれこれいっているようだ、

  それは来年にある都議選挙まで、豊洲の魚市場のネタが持ちそうにないので、新ネタを仕込んできた程度の意味だろうが、所詮は芸人政治家なのでこんなものだろう、


  それでこいつのやろうとしているのは、オリンピックの施設を縮小するものだが、それに対しては自民党が批判的らしい、

  まあ土建屋自民党としては、すでに建設会社から賄賂ももらっているだろうし、勝手に計画を変えられては困るのだろう、


  それで批判をしているようだが、この件についてはあまりパッとしないところがある、

  豊洲の魚市場問題に関しては、レイシスト小池は案外強い行動をしていたが、オリンピックに関しては弱めだ、


  それは金銭的な問題があることと、直接自民党を攻撃することに躊躇する気持ちがあるのだろう、

  なんたってこいつは人種差別主義者だから、立場の弱い人を叩くのは好きだが、ガチで争うようなことは避ける習性を持っている、


  そのためレイシスト小池は、魚市場問題では役人たちを叩いていたが、結局都議会に対する攻撃はしなかった、

  それと同じように、オリンピックのような金になる話については、反撃があるので身の保身に走ったのだろう、


  レイシスト小池は結局のところ政治理念などはなく、ポピュリズム政治家としてうまく行きたいだけだ、

  そういうスタンスなので叩きやすいところは叩くが、オリンピックに対しては大したことはしそうにない、


  しかしそうなると来年の都議選までネタがなくなるので、早めに存在感を失うかもしれません、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR