01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

レイシスト小池のプロパガンダの狙い、大阪のレイシスト寿司屋の人種差別問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治のネタはたくさんある時期と、そうでない時期に分かれやすいので、今日はあまり書くことはなさそうですが、

  テレビを見るとレイシスト小池の、劇場型政治をまだやっているが、こんなものを信じている人が多いのだろうね、


  ではこいつのことでも書いてみると、レイシストの小池は詐欺師のコイズミと同じ、劇場型政治を目指している、

  当然劇場型政治なので中身はなく、具体性もまったくない形になるだろうが、パフォーマンスとしての効果はあるのだろう、


  こいつのやっていることは豊洲への移転問題らしく、魚市場を別の所に移動させることを問題視している、

  それで敵対勢力として東京の自民党の都議会を批判しているが、もちろんそれはフェイクにすぎない、

 
  レイシスト小池の狙いは、あくまで自民党の補完勢力を関東に作ることで、そうすることによって自民党の大声を、強くすることを狙いにしている、

  実際、大阪の維新の党は自民党の補完勢力だが、その影響で関西では野党勢力が勝てていない、


  そういう形を関東ですることが第一目標であり、そのためならば同じ党の自民党都議でも、平気で潰していくのが今回の目的であろう、


  テレビや新聞を見ていると、そんな事はなさそうにみえるのだろうけど、私の知っている政治の情報と、テレビのいっていることにはギャップが強くあるので、インチキであるのはほぼ間違いはない、


  マスコミは既得権だから、本来であれば自民党の都議に対して、攻撃をする可能性は1%もないはずだ、

  それでも攻撃をするということは、それ以上の利益が既得権にあるから、嘘を捏造してもレイシスト小池を支援している、

 
  こいつのやっているプロパガンダは、魚市場の移転問題らしく、地下の汚染物質が除去されていないのに、それを盛土をして覆っておくはずのものが、なぜかコンクリートで覆う形になっており、


  地下からの汚染水も出てきているということだが、すべてヤラセだと考えていいだろう、


  そもそも詐欺師のコイズミも、行っている事自体は事実だった、しかしやっていることが事実ではなかった、

  そして今回のことはいずれバレる可能性のある話であり、その辺の事情に関しては事前に知っていた上で、このようなストーリーを組み立てていると見ていい、


  例えば今回の建設をするときは、建設をした業者などもいるわけだから、当然マスコミもこのような、工事が行われていたことは知っていたはずだ、

  工事関係者に聞けばそれとなく情報は得られるし、情報の隠蔽は完全には無理なのだから、知っていた人自体は多いはず、


  あとはそのような構図をもとにシナリオを作っていき、プロパガンダ的なストーリーを組み立てるのが、今回の狙いだと考えていいだろう、


  プロパガンダというのはストーリーが必要で、特定の流れを持った考えを人々に植え付けることが重要だ、

  そのためには事前の準備が必要で、このような実際は情報が漏れていたに違いなデータをもとに、ストーリーを作っていた可能性が高い、


  プロパガンダは例えるならば小説家みたいなもので、小説を書くときは現地を調査したり、

  推理小説ならばアリバイができるかどうか、電車などの運行をチェックするけど、それと同じような所がプロパガンダにはある、

 
  だから今さもわかったような話にしているが、すべてわかった上でマスコミは話を組み立てており、それをどう利用するかもすべて計算をし終わっていると見ていい、

  最終的には既得権の延命と、魚市場問題の隠蔽工作のセットになるだろうが、そのあたりを狙ってくると見ていい、


  詐欺師のコイズミもやつは、よく改革を止めるなということをいっていた、実際には改革をする気などこいつには一切なかった、

  もしあるのだったら、郵政解散で勝った時に改革をすればよかったが、そういうことは一切せず、こいつがやったのは軍事化や憲法改正の手続きのみだった、


  そういうことをレイシストの小池は考えているので、魚市場の問題は全て情報が揃っていて、その上でどのようなプロパガンダや演出をするのか、そのあたりのことが考えられていると見ていいだろう、


  最近も国会で、自民党の議員がレイシストの小池は、命がけでこのような問題と戦っているといっていたが、

  よく考えてみれば分かるが、レイシストの小池が戦っているのは自民党であり、それを自民党の議員が応援するのは不自然である、


  そんな話が当然のように出てくるわけだから、レイシスト小池の狙いは既得権への影響力と、野党潰しができるような東京のレイシスト新党であることは、ほぼ間違いはないだろう、


  実際小池はレイシスト政党を東京で作るといっており、そういう人種差別主義を東京で広めるための、政治団体を作ろうとしており、

  それによって東京の野党の影響力を削ぎ、自民党の補完勢力になる予定だ、


  わかりやすくいえば、テレビや新聞のいっていることとは、完全に関係のないことをしようとしているのが、このレイシスト小池のやろうとしていることで、

  テレビや新聞を見ている限りは、何が問題であるのか理解をすることは、不可能だと考えていい、


  上でも書いたけど、自民党の議員が国会でレイシスト小池を、命がけで頑張っていると応援しているが、

  そのレイシスト小池のやろうとしていることは、自民党や自民党都議への攻撃なのだから、それを応援するのは不自然だというしかない、


  なぜ応援をするのかといえば、それはレイシスト小池の行動が、既得権や自民党のための役に立つ方法論であり、そのような形に組み込まれていると、自民党議員が理解をしているからだといえる、


  だからこそレイシスト小池の狙いは、既得権の延命と魚市場問題の隠蔽であることは間違いがない、

  そして抵抗勢力によって、魚市場の問題が解決できなかったことを、解散総選挙だなんだと騒いで、


  その結果東京でレイシストのような、人種差別主義を中心にした大きな政党を作ろうとする、

  そしてマスコミはそういう独占的な環境によって、政府の税金を私的に使えるようにして、大阪のようにすることが狙いだろう、


  結局レイシストの小池にそれ以外の狙いはないのだから、それ以外をするならば当然既得権の攻撃を受けるし、マスコミはこいつを報道したり評価はしない、

  ならば、この方向性でしか動かないと考えて、それを利用しつつ既得権と小池がぶつかって、共倒れになるようにするのがベターといえるでしょう、


  次に、そういえばわさびの入った寿司問題があるが、大阪の方でそういう寿司屋の問題が出て、海外では話題になっていたようだ、

  聞いたところでは寿司屋は気に入らない客に対して、わさびが多い寿司を出して嫌がらせをするらしい、


  確実にそうするというわけではないのだけど、大阪の寿司屋では韓国人にだけ、大量のわさびを乗っけた寿司を出して、ひどい嫌がらせをしていたようだ、


  その嫌がらせは日本人には行っておらず、寿司を食べた外国人は非常に苦しみつつ、何とか食べようとしていたらしい、

  涙目になって苦しんでいたのに、その寿司屋ではそういう寿司しか出すことがなかった、

 
  つまり悪意を持ってやっていた、ということがはっきりしている、


  大阪といえば元大阪コスプレ市長の影響力が強く、こいつは極右政治家なので、そのような考えを大阪に広めて、

  今では大阪芸人の多くが人種差別主義の、極右政治論者となっており、人間のクズ以外は大阪芸人にはいないらしい、


  大阪もクズ芸人の街になったようだが、そういう差別主義芸能人の影響が強い大阪では、このような人種差別がよく行われている、


  例えばその寿司を売っていた店の付近では、頻繁に外国人を排斥するデモが行われており、そのような関係者が多く存在する地域らしい、

  つまり人種差別主義の多い街の寿司屋で、このようなことが起こったのだから、当然人種差別が根本的な考えにあったのだろう、


  まさからレイシスト小池ならぬ、レイシスト寿司屋が出てくるとは思わなかったが、

  そういえばマダム・スシとか小池は以前いわれていたので、その辺りがなぜか関係したのかもしれない、


  ともかく、このレイシストによる寿司問題は、海外の大手メディアでも報道されており、

  そこでは人種差別問題とはっきり書かれている、人種差別の寿司問題というタイトルがついた文章も多い、


  そんなことが起こっているようだけど、本屋に行くとよく優れた日本人という本を見る、

  じゃあその優れた日本人を成立させるためにはどうすればいいのか、普通に考えれば「努力をする」になるだろう、


  しかし実際に起こるのは外国人や、立場の弱い人への差別主義でしかなく、日本が差別主義国家に変貌したのは、日本人が正しいという考えが社会に広まったからだ、

  その根底にあるのは、戦後世界観の崩壊による、アイデンティティの喪失があるのだが、


  そういう所があるので、日本の寿司屋は人種差別主義者のたまり場になっており、外国人が来るとわさびだらけの寿司を出して、嫌がらせをするのがこれからは一般的になるかもしれない、


  アベのような基地外を国のトップにするのだから、その程度のことは当然起こるだろうと考えて、日本の社会を見るべきでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR