01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

民進党はなぜ以前分裂をしたのか?、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日もなぜか書いてみると、書く回数を減らす予定だったのですが、ちょっと今はノダのことがあるので、少し多めに書いているのですが、

  私は小沢氏を支持していたので、小沢氏の支持をしている人の意見を、今までよく聞いていました、

  
  ただ最近はノダと一緒に民進党に残った、政治家の意見も見るようになり、向こうから見るとそういう視点もあるのだなと、気づくことがあります、

  その視点から見ると今起きていることは、ノダとの和解じゃないかという気がするのだが、そんなことを書いてみると、


  私は別にノダを認めたわけでもなく、こいつはしょうもないアホだと考えている、

  しかし一般的にはノダへの評価はあり、国民はノダと他の勢力の和解を望んでいるようにもみえる、


  そういう傾向が今の政治に出たのではないか、そんな気がしているのだけど、

  
  小沢氏と一緒にいくことがなく、ノダと民進党に残った人たちは、立派な人も多く、なぜこういう人が民進党に残ったのか、その理由を最近はよく見ていた、

  そしてわかったのは、小沢氏との考えの違いでした、


  民進党に残った人達が考えていたのは、民進党はもうだめになるから、そういう環境でマシにする手はないか、そういう発想で政治活動をしていたらしい、

  それに対して小沢氏は、最初の理念を通すことによって、国民の信頼が回復して同じ路線に戻ることができると考えていた、


  つまりこのように別れたのは、小沢氏が別格の政治家であって、普通の人ならば不可能だと考えることでも、やってみようと判断することが、それぞれの違いになっていた可能性が高い、


  以前も書いたが民主主義は貴族制でもなく、武士制度でもないのでそこら辺のおっさんやおばさんが、政治家になる制度である、

  そのため特に優れていない人でも政治家になることがあり、そういうリスクのようなものは存在している、


  そして、民進党は一般の人が多い組織だったから、鳩山管の失敗というか、マスコミの叩きを見て、これはもうだめじゃないかと考えた、当時の民主党議員はかなり多かったようだ、

  
  そういう人の意見を集めていたのがノダであり、そのような妥協したスタンスを批判していたのが、小沢氏の一派だったわけです、


  細かく見てみると、まずノダが自民党と三党合意をしたことを、自民党に擦り寄ったという意見がある、

  しかしこれは不自然な話であり、与党の民主党が野党の自民党と協議をしないのは、ただの独裁になるだろう、


  そして自民党と協議をしたのも、当時の民主党が野党に落ちそうだったから、そういう形になっても、無理な消費税アップにならないように配慮をしただけで、

  どうやっても税金が上がるならば、マシにしておこうというのがノダの周囲の判断だったようだ、


  TPPに関してもそういう所があり、ノダの一派はTPPの交渉に参加をするといっており、交渉に参加をするだけでTPPにはいるとはいっていない、

  それも現実的にいえば交渉をするしかないので、反対をしても仕方がないと考えたのだろう、


  そして多分の民進党がTPP交渉をしていれば、今でも日本はTPPに入っておらず、TPPの合意も行われていなかったはず、

  そういうことに関わった、ノダを支援していた政治家の意見を見てみたが、色々なTPPの問題を指摘していた、


  つまりTPPの交渉はするけれど、問題があるならば締結はしないとうのが、じつはノダのいた民主党の方針だったらしい、


  こうしてみるとわかるのだけど、ノダとか当時の民主党の連中は、普通の人間の対応をしており、妥協をしても良いレベルまで下げて対応をしている、

  それに対して小沢氏はきっぱりを拒否をして、ちゃんとし対応をするべきだと考えて、最終的に党を割ることになった、


  これのどっちが正しかったのかということになるが、ある意味どっちも正しいといえば正しいところはある、

  小沢氏の考えは素晴らしいし、できたら理想的な形になるが、

  ただ、そういうことは小沢氏だからできるのであって、一般の人には不可能なところもあった、


  ノダを支援していた人のやった事は、ある意味においては情けないことであるし、単純には評価しづらいところがある、

  しかし小沢氏の支持者がいうほど悪でもなく、妥協をしてマシにしていただけという、普通の人間の感覚で活動をしていたに過ぎない、


  ではなぜこんなにこじれたのかというと、それはすべてノダがバカだったことが原因だろう、


  最近もノダが幹事長になろうとしたら、党内の殆どの人が批判をして、非常に激しい批判を浴びていた、

  それはつまり、ノダ政権時に支援をしていた人も、ノダそのものに対して批判的で、認めていないという意味がある、


  そうなったのは、予算編成をしないで勝手に解散をしたからだろう、

  実は民主党が与党だったときに、予算編成をしてから解散をしていれば、株価の上昇が起こって、勝手に有利になっていた、


  アベのやつが株価を引き上げたというイメージがあるけど、あれはたまたま起きた自然現象であって、実は誰がトップであっても同じことは起こった、

  つまりノダのやつが、予算編成をしてから解散をしておけば、ノダ政権のままで株価は急上昇をしていた、


  そうなれば選挙で勝てていた可能性があり、そのような批判がノダに対してはあるのだろう、


  解散総選挙はノダが一人で決めたものであり、周りに対する相談はしていなかったようだ、

  そういう形で強引に解散総選挙をして、民主党を潰した責任を問う声は、ノダを支援していた人の中でも多数であり、今でも強くある、


  このような構図があって、最近の小沢氏の支持層はものを考えないから、他者を批判して気分が良いと、その程度の考えしか持っていない人が多い、

  以前はまともな人もいたのだけど、最近は民進党の批判をいえばなんとかなる、そういう考えを持つ人しかいなくなった、


  そういう人の意見を見ることがあるけど、その意見は前提が間違っていて、ノダを支援していた人がやろうとしていたのは、民主党は失敗をしてダメになるから、それでもマシにしようとしていたに過ぎない、


  それに対して小沢氏は、優秀な人だからもっと頑張って、理念を通せば回復ができると考えて、

  その意見の対立が分裂を生んだのであり、どっちが正しいというわけではない、


  ただしノダだけは正しくはない、こいつだけは正しくはない、何度でもいうけど、ノダだけは正しくはない、これはノダ政権を支援していた人も、同じような考えを持っている、


  こういう構図があったとして、今ノダが幹事長になっているが、当然ノダだから批判はある、

  しかしその批判は多くの場合的外れであり、本質的な議論になっていることは少ない、


  ノダが嫌いだから全部悪みたいになっているが、今の民進党でもノダは嫌われものであり、評価をする声が殆どないことを考えて、何が正しいのかを考えないといけない、


  そしてノダが今のように全面に出るということは、それは当然ノダに対する反省を促す機会にもなる、

  ノダに反省の二文字はないだろうけど、ノダは蓮舫を自分の娘のように考えていて、蓮舫が不利になることはしたくないと考えている、


  ノダは小沢氏に対してはひどい態度をとったが、それは小沢氏が立派な政治家で、ノダがしょうもない政治家だから、僻みやっていたところが多いのだろう、

  そういうところあるが、ノダはアベのような基地外ではないので、たとえば蓮舫に対しては、信頼をしており協力を本気で考えている、


  だからのノダは蓮舫のために頑張らないといけず、それが何らかの形で民進党の変化になるだろう、

  それが天国なのか地獄なのかは分からないが、単純な批判で理解できるほど、今の政治情勢はシンプルではない、


  ノダのような劇薬が混ざることは大きな変化であり、普通に物事を考える人には、理解できないような奇妙なことが起こるだろう、

  そしてそういうことを理解するためには、なぜ民進党が以前分裂をしたのか、その意味を考えて、


  ノダの無能さと、蓮舫との協力関係との意味を総合的に、判断していくしかないでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 民進党
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR