07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

蓮舫の民進党代表、アベVSノダの世紀の珍獣対決、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近はテレビや新聞はあまり興味が無いのですが、映画を見てみたいなと感じることがあります、

  この頃の映画館てアトラクションになっていて、遊園地みたいで結構楽しくなっています、


  その分料金も高くなりますが、それはともかく書いてみると、最近の話題としては蓮舫の民進党党首があるね、

  蓮舫はどうなるかと思われていたが、案外素直に党首になることができた、

  前原とかの策謀で決選投票になるかと思われたが、支持者の中では蓮舫の支持が絶対的だったので、簡単に勝つことができた、


  ま、そこまでは良かったのだけど、その後が最悪だったな、

  なぜかノダの野郎が幹事長になりやがって、何だこりゃとは思ったが、


  ノダを幹事長にする事については、蓮舫を支持していた人の多くが批判をしていて、細野あたりもノダを幹事長にするべきではないといっていた、

  ノダは嫌われ者だから、それを幹事長にする問題と問うていたのだろう、


  しかし細野まで否定するとは、よほどノダは民進党内で嫌われているのだろうが、これがどういう意味を持つかということは重要だ、


  ではまず、なぜノダが幹事長になったのか、私の想像を書いてみると、

  ノダの一派は与党の頃に、自分と関係の深い人を大臣にして、たらい回しのような形にしていた、


  それが成り立ったのは議席が多い与党だったからで、そういう環境では身内でぐるぐる回していても、議席が短時間でなくなるわけではないので、ある程度延命をすることができた、


  だからそういう感覚で、また権限をぐるぐる回して影響力を持ちたいというのが、蓮舫やノダの考えなのだろうが、

  今は野党だし選挙もあるから、そのような考えは成立しない、しかしそれが分かっていなかったのだろうな、


  ノダのやつは、私の見た感じだと悪人というよりは、無能な人間という意味が強いやつだと思う、

  ノダは最近話題になっている、東京の議会の自民党のトップのように、特定の組織内部の影響力がほしい、その程度の考えしか持っていない人間だろう、


  だから政治的な理念というものもなく、政治家としてやりたいことも特にない、

  ある程度影響力を持って、組織内部で好き勝手できるポジションに就きたい、それしかこいつは考えていない、


  そういうやつだから、常識的にみればなるべきではない幹事長になろうとして、支配体制を維持することだけをしようとする、

  政治的な理念よりも、支配や影響力のことを重視する、それがこいつの特徴である、


  こういうことが前提になって、ノダを選んだのだろうけど、この発想は与党のころはできたが、今の民進党ではかなり無理がある、

  たぶん次の選挙で大敗をすると、民進党はこの世から消えかねないので、

  ノダとか蓮舫が考えた、与党時代のロジックは残念ながら成立する可能性はない、


  そして成立する可能性は低いが、実はこの方向性には別の可能性も存在していて、ものすごいギャンブルにもなっている、

  ある意味当たったらすごい結果が出そうな、そういう博打的要素はある、


  正直なところ今回の代表戦で、蓮舫が党首になったときに、枝野などの人物幹事長にしておけば、かんたんに有利になることができた、

  そうすれば野党共闘のノウハウがあるから、衆議院選挙が起きてもある程度は勝つことができ、蓮舫の立場は維持することができた、


  しかしノダの場合は野党共闘を組めない可能性があり、今のままだと蓮舫細野ノダの三人は、選挙で大敗をして政治家としては、完全に終わってしまう可能性が高い、

  多分それくらい歴史的な大敗をして、二度と政治活動ができないほどのダメージを受けて、政治家としては終わるだろう、


  こう考えてみれわかるように、実は枝野あたりを幹事長にすれば、かんたんに蓮舫は成功をすることができた、

  そうすればそこそこは衆議院選挙でも勝てただろうし、その実績をもとに行動をすれば、党内での影響力を確たるものにすることも可能だった、


  それがノダを選んだことによって、野党共闘が非常に難しく、失敗をすれば自分の人生が終わりかねないのような、大きなリスクを背負う形になった、


  何度もいうけど、蓮舫は枝野を幹事長にしておけば、簡単に政治家として成功することができた、

  それがノダにしたことによって、とんでもなく難易度の高いことをするはめになった、


  今の状態だと蓮舫の政治生命は必ず尽きるので、それを避けるためには野党共闘を、ノダにやってもらうしかない、

  ノダと蓮舫はすごく関係が深いようだから、ノダも蓮舫のためなら頑張ろうという考えはあるらしい、

 
  そういう所があるので、このまま行けば蓮舫の政治生命は終わってしまうので、それを避けるためには野党共闘をしなければいけない、

  それをノダがするわけだけど、枝野や岡田でも難しいといわれている、衆議院の野党共闘をするわけだから、ノダにかかる負担は天文学的になる、

 
  それでもやれるならばいいのだけど、ノダや蓮舫の選んだ道はかなり地獄に近い、

  逆にいえばそれだけメリットもあるが、それを得るためには死ぬほど努力をしなければいけない、


  ただノダを選んだことはいい面もあり、それはアベとの対立がしやすいということだ、

  アベといえば頭のおかしい知能の足りないバカとして有名だが、こいつの取柄はバカであることである、


  そういうところは詐欺師の小泉もにているが、こいつも基本的にバカだったので、政治的な議論をすることが一切出来なかった、

  そのためパフォーマンスで誤魔化すことを繰り返しており、それが結果的に詐欺師のコイズミの強みになっていた、


  それと同じところがアベにもあって、アベには知能と呼べるものがありませんから、まともに他人と会話をすることができない、

  その影響で国会では一切議論が行われなくなり、そういう形で国会の運営ができてしまった、


  バカなので会話ができないから、議論ができず法律がするっと通ってしまう、それアベがいまだに影響力を持っている原因だが、

  それに対して対抗ができるのが、同じバカであるノダであろう、


  ノダはアベに比べるとまともな人で、ノダは無能なだけでアベのような基地外ではない、

  そのため常識的な話し合いをすることができ、そのときにアベは逃げることができないだろう、


  今までアベは相手が頭がよく、アベの馬鹿さ加減を理解できない点を利用して、隠蔽工作を繰り返していた、

  それがノダの場合は多分普通に会話が成立するので、アベはそういう発言に対して対応をしなければいけない、


  そうなるとアベのインチキ誤魔化しが効かなくなるので、実はノダはアベを倒せる可能性を持っている、

  なぜかといえばアベとノダはよく似た所があり、ちょうど勝負ができる関係にあるからだ、


  ノダのことは過去のこともあるし、評価すべきではない人間だといえる、

  ただそういう人間だからこそ、アベのようなやつには天敵になりうるわけで、何とかは使いようという、形にはなるかもしれない、


  蓮舫がノダを選んだのは悪手ではあるのだけど、これを上手くひっくり返すことができれば、大きなメリットも生まれる可能性はある、

  ノダは権力を得るために幹事長になろうとしたのだろうけど、今は幹事長の実力が問われるタイミングだ、


  そこでノダがやるべきことは、多分枝野に比べて非常に大きなものになる、

  そういう意味でいえば可能性はあるが、ま、可能性があるだけで実際はどうなのだろうという感じはしています、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR