01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

日本を貧しくする右翼と新自由主義の問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、そういえば私は以前シンゴジラという映画を見ましたが、私が見たのはアトラクションのようなものでした、

  最近は椅子が動いたりするのがあって、ガスがブシュッと出て効果音になったりして、何だこりゃと思いました、


  こういう映画館は最近増えていますから、サービスで安い日に行ければ結構楽しめると思います、


  そんな話はいいのですが、これといってネタがないので、貧困者叩きの話でもまた書いてみましょうか、


  私は以前は女子校生が貧困で困っていることをいったら、ネトウヨが攻撃をしてきて、住所なども晒されることになった、という話を書いて、

  相対的貧困を理解できない、戦後直後の貧困との関連性みたいなことを、書いたことがあるけれど、

  そういうことがまた話題になっているようだ、


  この話はよくいわれる右翼の歪みというもので、日本の右翼は言っていることが支離滅裂である、

  日本のウヨクは愛国心を持つべきだといいながら、実際はアメリカの下僕になることを望んでいる、


  靖国神社は日本の愛国の象徴だといいながら、靖国神社に眠っている人たちは、殆がアメリカとの戦争で亡くなったことを考えない、

  本来であれば靖国神社が正しいならば、アメリカを否定することが重要なはずなのに、日本のウヨクは靖国アメリカバンザーイとっている、


  これほど戦死者を侮辱することはないと思うけど、日本の右翼にはそういう狂っているというか、異常性を持っている、


  それと似たような話なのだけど、貧困問題に噛み付いた日本の保守や右翼は、国家のために国民が犠牲になるべきで、

  国民が豊かに暮らすのは許せないから、貧困であることをアピールする、女子校生を叩いたわけだ、

 
  けど、そういう貧困層を叩いて増やしていけば、国民が貧しいのだから国は傾き、日本はどんどんダメになる、

  実際基地外のアベや詐欺師のコイズミの政策をしてから、日本は傾いてばかりで、良くなったことが一度もない、


  マスコミはそうはいわないのだけど、データ的に見ると自民党が与党だった時に、日本の経済がよくなことはない、

  一見良くなったようにみえるのは、詐欺師のコイズミの時は90年台のバブルの後遺症が治っただけで、


  基地外のアベの場合は、リーマン・ショックの後遺症が治る過程て、経済が回復をしていただけで、実はそれ以外の意味はない、


  そしてこいつらは、貧困層をやたらと増やした連中なので、詐欺師のコイズミの時は非正規雇用を増やして、若い人の貧困層を大量に作った、

  多分だが、詐欺師のコイズミの作った貧困層は数千万に入るので、この問題が解消することは、数十年か100年はないだろう、


  基地外のアベの場合は、高齢者の生活を破綻させて、高齢者の多くの貧困層位の落とすことになった、

  おかげで高齢者の多くが働くことになり、その影響で労働者が増えることになったが、増えた労働者の大半は高齢者だった、


  こうやって貧困層を増やすのが、アベやコイズミの特徴ではあるのだけど、

  この方法は短期的には企業業績を良くしたり、経済の数値だけを良くする効果はある、


  しかし、長期的に見ると貧困層による経済悪化が起こるので、経済の地盤沈下のようなことが起こってしまう、

  ある意味普通の経済すら成り立たない、異常な下落が発生することになる、


  こいつらのやる貧困政策というのは、生活基準の切り下げによる、特定勢力の利潤の確保でしかないので、

  生活基準が切り下がった人々は、そこから這い上がることが基本的にはできない、


  何故ならできないような形で、自民党が政策をするからだ、


  そしてこういうことをすると、人口の減少とか経済の崩壊が起こり、日本全体の衰退が進むことになる、

  
  日本の右翼が頭がオカシイのは、国の衰退は国民の貧困によって起こる、ということがわかっていないことだ、

  アメリカが日本に勝てたのは、アメリカ人が日本人よりも豊かだったからで、国民の豊かさこそが、国家の力の原動力になっていた、


  つまり、国家の将来を明るくしたければ、国民の将来を明るくする必要があり、

  国家のために国民を犠牲にすれば、国家は国民の没落に引きずられて、潰れていくことになる、


  国家のために国民が犠牲になるべきという考えは、しいていえば共産主義国家の考え方だけど、

  共産主義国家が成功しなかったように、日本の右翼のいう意見も国を衰退させ、破綻させるだけになるだろう、


  実際日本では右翼的な政治傾向が出てきてから、経済が上向いたことがなく、日本経済は右肩下がりである、

  それは右翼思想が経済的損失を発生させていたからであり、右翼が国を衰退させた原因だといっていい、


  右翼っていうのは、口では経済とか発展といっているけど、結局のところ連中のしていることは国家の衰退でしかない、

  中身の無いカルト宗教なので、オウムと同じようにありもしない幻想を負うのが、連中の本質的なのだろう、


  また、右翼とよく似たものに新自由主義があるが、これも右翼と同じ矛盾を持っている、

  新自由主義は経済発展のために、国民は犠牲になれというのが基本的な考えだ、


  実際は経済発展をすれば、国民も豊かになるという話をいっているけど、具体的にどうなるかについては、一切説明をしていない、

  そういう詐欺をしているのだろうけど、この考え方も貧困層を生み出して、一時的な利益をえることを目的にしており、結果として日本経済を衰退させた、


  日本経済を衰退させたのは新自由主義であり、新自由主義の貧困政策が日本をダメにしたといっていい、
 

  そしてこのような右翼と新自由主義という、嘘ばかりついている詐欺師連中が、協力をして貧困問題をいう人を攻撃している、

  それはなぜかといえば、自分らのやっている嘘がバレると困るからで、連中が狂気のように、貧困の女子校生を叩いたのは、自分にとって損だからでしかない、


  このような貧困の問題というのは、実は日本の本質を考えられるもので、

  なぜ貧困があるのかということを考えていくと、日本の右翼と新自由主義者が、わざと貧困層を生み出しているという、事実に突き当たることになる、


  そしてウヨクは国家の発展のために貧困を推奨し、新自由主義者は経済のために、貧困層は必要悪だという、

  だから、自分は貧困だというと、この2つの勢力が狂ったように攻撃をするが、それは非論理的なものであり、サリンを撒いたオウムと同じような異常性を持ったものになる、


  もうちょっと大きくいえば、このような活動は政治的な意味も持っており、貧困層を増やすプロパガンダ戦略は、貧困問題が出てくるまでしか効果がない、

  詐欺師のコイズミも基地外のアベも、こいつらのやっていることは持って5年程度だろう、


  そのくらいの時間がたてば貧困問題が表面化して、実質逃げるしかなくなるわけで、それまでの隠蔽工作をして、右翼と新自由主義者が協力をし、

  初期の段階では隠蔽工作をして、バレ始めたら暴力的に潰そうとする、そのような動きが連帯としてある、


  こういう貧困層を増やす政治プランは、パッケージとして作られている可能性が高く、多分6年程度の政治パッケージとして、CIAあたりが販売をしているのだろうが、


  そのような形があるので、日本では貧困というと右翼と新自由主義が攻撃をするが、それは貧困層を増やすインチキをしている、自分らの責任がバレないようにする、政治的な行動だといっていい、


  そんなことが詐欺師のコイズミに続いて、基地外のアベによって起きているが、

  逆にいえば、今貧困問題を大きくいえば、貧困ビジネスに巣食う右翼や新自由主義者は、商売ができなくなるので、ウイークポイントにもなっているといえる、


  そういうポイントに人々が協力をすれば、もしかすると日本の既得権に、風穴が開くかもしれません、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR