01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベ自民による貧困女子校生への攻撃、日本の貧困はなぜ起こるか?、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  夏もいつの間にか終わりますね、今年の夏はやたらと暑かった気がしますが、あまり印象に残ることはなかったです、

  オリピックも全く見ていないし、なんだか終わってしまった、という感じがしています、


  それはともかく書いてみると、今日は特にネタはないようだが、アベがバカなのはいつものことだし、治ることはないだろう、

  じゃあ書いてもしかたがないので、別の話を考えてみると、、そういういえば貧困問題の話がありました、


  その話では女子高生が、貧困で非常に困っていることをNHKで報道していたのだが、

  それに対して自民党とネトウヨが攻撃をして、その女子高生の住所をネットで公開したり、嫌がらせをさんざんしたらしい、


  こういうことをするから、自民党は性根が腐っているのだが、この女子校生は中学のころ生活が大変で、親にパソコンをねだったのだけど、どういうわけかキーボードしかもらえなかったらしい、


  その後高校生になってからはアルバイトをし始めて、イラストレーターになるために色々学習をしていて、

  部屋にはたくさんの漫画があったり、専用のペンを持って絵を描いていた、


  それに対して自民党とネトウヨが攻撃をして、そんなのは貧困ではなく、もっと貧しくなければ、貧困だという資格はないといい始めた、

  こいつら神なんですかね、いつの間にそんなエライ奴になったのか、よく分からない話ではあるが、


  ネトウヨと自民党が批判をしているのは、高価なペンを持っていたり漫画の本を沢山所持しているのに、なぜパソコンを買うことができずキーボードだけを買ったのか、ということで


  それはNHKの捏造なのではないかと、自民党とネトウヨは攻撃をしていた、


  しかしその女子高生がパソコンを買えなかったのは、アルバイトをしていなかった中学の時期であり、

  収入が全く無く、親も金がなかったのでパソコンを買えなかったという、意味なのだが、


  自民党やネトウヨは基本的に頭おかしいので、どういうわけか時系列を理解できる知能がないらしい、

  まさか自民党の政治家まで、過去と未来が区別できてないとは思わなかったが、自民党の連中の判断力は、正直ゴミ以下というしかない、


  この問題は本質的なものもあるのだけど、日本人がいかに馬鹿になったかということではあるだろう、

  詐欺師のコイズミから政治はスローガンであり、パフォーマンスであると繰り返し見てきたから、具体的に物を考える習慣が日本人にはなくなっている、


  だから、貧困女子校生をNHKが報道したら、政府批判のプロパガンダと決めつけて、それを批判するために映像を見たので、事実を確認することを一切しなかった、

  ネトウヨと自民党がやったのは、自分にとって都合のいい事実を調べるだけで、批判のための道具を集める以外は一切しなかった、


  こんな馬鹿な連中に何をいっても、馬の耳に念仏であり、自民党やネトウヨが事実を理解することは、永遠にないのかもしれない、


  ともかく、今回の件は女子校生が貧困を訴えただけで、過剰反応する自民党とネトウヨの異常性が、よく分かる話だった、

  ネトウヨは自民党の工作員も含まれているので、このようなことは自民党の方針として行ったのだろう、


  国民に貧困層がいるとなれば、政治的な損失になるから、批判をして貧困問題の、報道をさせないようにするのが、本質的な狙いだったと見ていい、


  しかし、高校に入ってイラストレーターになろうと、バイトのお金をやりくりして努力をして、貧困的な環境を変えようとしている人を、

  お前は貧困ではない、詐欺師であると集中的に叩く、ネトウヨと自民党は基地外だというしかない、こいつらには倫理や人間性がないのだろう、


  だから基地外なのだけど、そんな話があるようだが、この件についてはもう一つの意味も持っている、それは貧困とは何かということだ、


  日本の貧困問題が難しいのは、戦後の高度経済成長が実は原因になっている、

  戦争直後の日本は非常に貧しかったため、貧困というとそういう時代の貧困を指すことが多い、


  しかし貧困というのは絶対的なものではなく、相対的なものなので、今の日本社会の環境に相対的に見て、貧しければそれを貧困と呼ぶ、


  例えるならば教育と似たようなもので、小学校で学ぶべき基準の知識と、中学校で学ぶべき基準の知識があるとして、

  小学校で学ぶ知識の基準を満たしていても、それは中学校の知識の基準としては、不十分だといえる、


  つまり、戦後直後の貧しい時期の基準では、豊かだといえる環境があったとしても、

  今の時代の豊かさの基準よりも低いならば、それは不十分だということになる、
  

  これが貧困というものの相対的な意味であるが、そういう戦後直後の貧しさが社会のスタンダードになっているので、そういう基準で貧困を見てしまうのが、日本の貧困問題が解消できない、根本的な原因だといえる、


  経済的な発展をしたのならば、それに合わせて貧困の最低限についても、引き上げて考えるのが正しく、そのような形にしなければ貧困問題は解決できない、

  しかし日本では戦後直後の貧しさのイメージがあるので、今の社会の貧困を貧困として認めるのが難しくなっている、


  貧困というのは相対的なものであり、社会の劣化を表すバロメーターであるから、このような相対的な貧困が拡大をすれば、社会は劣化し経済もダメになる、

  日本経済がダメになったのは、この貧困問題への対応を誤ったからで、それが日本の没落の原因になっている、


  今回の女子校生の件では、まともな生活ができるほどの収入や環境がなく、それを貧困だというのは正しい判断になるのだが、それを理解できない日本人の欠点が出ている、

  このような貧困は社会を蝕むものであり、中長期的には日本を潰す原因になるだろう、


  しかし自民党やネトウヨはその問題を贅沢だと罵倒して、相手の女子校生の住所を勝手に調べて、ネットで拡散をするなどの嫌がらせをしている、

  その考えの根底にあるのが、戦後直後の貧しさを基準にする戦後世界観であり、それが今回のことを生んだ原因だと見ていい、


  戦後は貧しいところから豊かになったので、初期の貧しい時代が基準になっており、今の豊かな世界は社会的な基準だと思われていない、

  しかし今の時代に生まれた人は、今の社会が基準なのだから今の世界を基準に貧困を考えないと、若い人の生活は破綻する、


  このような問題は過去への妄想と、現実的に生きている人との乖離が生んでおり、それが表面化した象徴だといえるだろう、


  ネットでよく聞く話なのだけど、ある以上の年代の人は実際に起こっている事実を、認めることを非常に嫌うらしい、

  それは自分の生きていた時代を否定されるからだろうが、それと似たのが今回の話だろう、


  今回の件は裏で自民党が画策をしており、戦後世界観で社会支配を考える、自民党の本音が出ている所がある、

  自民党は戦後が終われば消滅をする組織だから、そういう世界観の崩壊を何より恐れる、


  そういう意図があったのではないかと思うが、今の若い人の貧困は戦後の貧しさとは性質の違うものである、

  豊かだから起こる貧困というものもあり、それは戦後の貧しさとは意味が違うものになる、


  それなのに戦後の貧しさを、スタンダードだと考える人が多いので、このような今の時代の貧困は語られることがなかった、

  今回の反発はアレルギー的なものであり、そのようなポイントを突かれた恐怖が根底にあったのかもしれない、


  戦後の貧しさと今の貧しさは違う、それを同一視すれば今のに時代の貧困は終わらず、

  社会が悪循環を初めて、それが止まらなくなって、地獄のような渦が日本を回すようになるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR