06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

蓮舫民進党の可能性、マスコミの鳥越批判の異常性、日本人の選ぶ選択肢、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近多少ブログを書くペースを落としてみて気づいたのですが、ブログって書かないでいると書くのが難しくなりますね、

  書かないとすごく楽になるから、ああもう書かない方がいいかと考えてしまうのだけど、

  こうやってみんなブログを止めていったのだなと思いました、


  それは別にいいのですけど、今の話題としてあるのは民進党の代表選があるが、うーむ、これは蓮舫で決まりなのかな、

  細野が今回は出ないといっているから、そうなると対立する候補が出てこない、


  多少は候補者が出るのかもしれないけど、蓮舫が出て決まるならばやりやすくはある、


  私は個人的に岡田、枝野の体制は評価していたのだが、岡田はちょっと地味な所がある、

  だから近所でも岡田のポスターはあまり見たことがないし、貼られていても扱いがぞんざいな所がある、


  もちろんアベの基地外のポスターを張っている人なんで、滅多にいないからそれよりはマシだけど、

  それでももうちょっとアピールできるところはあった方がいい、そういう感じはしていた、


  その辺りも岡田は感じていたのだろう、あまり人気が出るような風貌はしていないから、それを改善するために蓮舫を出す予定だったのかもしれない、


  蓮舫はノダに近い人間であるが、それほどノダの意見を認めているわけではない、

  例えば以前ノダが小沢氏を悪くいったことがあったが、その時もノダの意見を認めることはなかったし、

  バランスを考えて行動するタイプだとはいえる、


  蓮舫がトップになれるかどうかは分からないが、そうなった時は女性総理という立場になれるし、それによって人気が出るかもしれない、

  野党は実力があまりないので、基本的に風のようなものを受けないと、勝てない所がある、


  前の参議院選挙でも、マスコミが一切選挙報道をしなかったから、野党が有利になることがなかった、

  さすがにあれは異常だというしかないが、何らかの風を受けないと野党は有利になれない、


  そういうことを考えると蓮舫は向いているのだが、問題になるのが民進党の性質である、

  以前も書いたが民進党は幹事長で動く組織なので、党首はあまりやることがない、


  小沢さんの時も鳩山氏が殆どをやっていて、党首は裏方に徹するところが強くある、

  そういう組織なので蓮舫氏が党首になった時にどうなるのか、という点ははっきりしない部分がある、


  まあもしかすると蓮舫が党首になった時は、幹事長も女性にするかもしれないので、どうなるか分からない所があるが、

  今のところ蓮舫が党首になれるならば、野党の共闘も大きく崩れることはなく、ある程度は体制を維持できるかもしれない、


  それから先はまた別の話になるが、こういう流れが続くならば少しずつだが、状況は良くなっていくでしょう、


  次に、東京都知事選に出た鳥越氏を批判する声があるらしい、性根の腐った連中が多いようだが、

  鳥越氏に対しては、選挙に負けた責任があるのではという話があるが、本人はその責任は全て自分にあるといっている、


  鳥越氏の選挙については私は色々追っていたのだが、なんというかボランティアによる人海戦術が激しくて、かなり無茶苦茶なことをしていた、

  それを見ていたのでもしかして、と私は思っていたのだが、結果はそれなりのものでしかなかった、


  レイシストの小池にいっていた100万票程度が、鳥越氏に行っていれば勝てていたのだろうが、なかなか難しいところだった、


  鳥越氏に対する批判をしているのはマスコミ関係者が多く、とある発言を問題視しているらしい、

  その発言はインタビューを受けた時のもので、マスコミのペンが役に立たないので、立候補をすることを決めたと答えていた、


  確かにそうなんですよね、私、一度もアベを批判するテレビ報道見たことないし、新聞もそういうことを書くことはない、

  以前のアベ政権の時はマスコミは批判をしていたが、今回は多分一回もしていないと思う、


  確かに批判らしいことはしているが、大半はガス抜き程度の話であり、政府にとって都合が良くなるプロパガンダしかしていない、

  それを見れば当然ペンがなんの役に立っていないと思うだろうし、そう考えるのが常識的にみれば正しい、


  それなのにマスコミ関係者は、日頃から嘘ばかりついていたペテン師の集まりなので、ギャーギャー文句をいっているようだが、

  そんな文句を言いたければまじめに報道すればいいだけで、こんなマスコミのクズどもに発言権はないだろう、


  だって、少し前の参議院選挙なんて、一度もまともに報道をしていなかったし、

  NHKなんて選挙の前日ですら、一度も参議院選挙について触れることがなく、そんな選挙があること自体一切伝えていない、


  明日ある国政選挙の存在すら、一切伝えていないメディがジャーナリズムを語る資格はないだろう、ただの詐欺師でしかない、


  それに対して素直に批判をすれば鳥越氏のような発言になるし、常識的にみれば鳥越氏の意見のほうが正しい、

  しかしその常識を認めることができないのが今のメディアであり、事実を認められない詐欺師なのが、彼らの仕事である、


  そんな騒動が起きているようだが、鳥越氏が出たことには深い意味があって、私は価値のあることだと考えている、

  そういう腐ったメディアの批判もそうだけど、色々なものを炙りだしているなと感じる、


  そのような所が鳥越氏をジャーナリストにさせているのだろうが、


  選挙の結果はそれなりには良かったと思っているし、正直もっと負けていると考えているところもあった、

  上杉隆という人物も立候補していたから、この人が票を食って大きく負けるんじゃないかと考えていたが、

  そういうこともなくそれなりの得票は得ていた、


  だから私は悪いことだとは思っていないのだけど、こういう批判をするゴミが多いのが、日本のメディアの低俗さと、政治に関わる人間の品の無さなのでしょう、


  後は、全国戦没者追悼式で天皇陛下が、過去の戦争に対する反省を述べた後で、天皇陛下万歳といった基地外がいたようだ、

  多分アベの親戚だと思うが、そんなのしかいないのだろうなこんなクズどもには、


  日本右翼というのは以前は思想があっただが、最近はただの馬鹿になってきていて、知能が非常に低くなっている、

  最近靖国神社がコスプレパーティの会場になっていて、とても慰霊のための場所とはいえない、変質者の集まりみたいになっている、


  人が亡くなったお墓で変な格好をして、ワーワー騒いでいるのが最近の靖国神社であり、低俗な人間の屑のたまり場になっているようだ、


  さすがにそんなゴミ人間の集まるところを、慰霊の場として使う訳にはいかないが、

  全国戦没者追悼式では天皇陛下が平和への願いをいい、アベクズの関係者が戦争ばんざいといっていた、


  分かりやすい対比がここで見えているけど、今回の全国戦没者追悼式では日本人がどちらを選ぶか、そういう選択肢も見えていたように思う、

  基地が右翼のアベのアホか、平和主義的な方向を性を目指すのか、

  それによって日本の未来は180度変わり、判断を間違えば日本人の何割かは死ぬでしょう、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR