03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

今回の選挙の最大の勝因、小池を早めに潰す方法

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  選挙が終わってから少し休んでいて、近所の映画館でシン・ゴジラというのやっていたので見たのですが、結構面白かったです、

  子供の頃に見たウルトラマンみたいな話で、ワクワクしました、


  ああいう映画ってまだ作れるのだなと感心しましたが、それはともかく書いてみると、

  都知事選は小池か、このレイシストの差別主義者が都知事とはね、このまま行くとレイシストシティ東京になるのかな、


  多くの人はそんなことを知らなかったのだろうが、マスコミが極右政治家だと一度も報じなかったので、誰も事実を知らずに投票するとは、ある意味恐ろしい国だなと感じたが、


  今回の選挙は結局ひとつのポイントだけが重要で、それ以外はほとんど意味を持つことがなかった、

  それは何かというと投票率の上昇で、それがある意味においてすべてのことを決めてしまっていた、


  今回の選挙では鳥越の活動の不十分さとか、こういう戦略をすべきだったのではないか、という意見が野党支持者から聞こえてくる、

  しかし、実際にそれをやったところで、焼け石に水になっていた可能性が高く、上手く行ったかどうかは怪しい、


  鳥越が最初からフルで活動をしていた場合、多分増田レベルまでは行った可能性があると思う、

  ただそこまで行ったとしても小池との差はあるし、有利になるのは難しかった、


  今回の選挙で重要なのは投票率で、以前の都知事選は雪の中で行われたので、非常に投票率が低かった、

  前回の都知事選は投票率が46%で、50%も行くことはなかった、


  それが今回は天気もいい時期だし、マスコミも都知事選の報道をしていたので、興味を持っていた人は多くいたらしい、

  そういう環境があったので、最初の段階で投票率が55%は超えるだろう、というところから話が始まっていた、


  これが実は今回の選挙の全てであり、このポイントをどうするかということしか、選挙の結果には影響を与えていない、


  投票率が10%上昇するとして、東京の場合それで100万票になるので、その100万票を取れば、後は普通に選挙活動をすれば勝つことができる、

  つまりその投票率上昇によってうまれる、100万以上の票をどう取るかが、今回の選挙のすべてだったといっていい、


  またこういう形で増えた票は、以前は雪の中でも投票した人が46%いて、そうでない人がこれから10%増えるとする場合、

  その増える10%の人は選挙に興味が薄いということになる、


  その今回の選挙で増えた10%の人は、選挙や政治に興味のないB層と呼ばれる人に、近い性質を持つことになる、

  だからこのB層に対するプロパガンダをどうするか、それが都知事選で一番重要なことだった、


  それに対して小池はこいつは詐欺師なので、実際は自民党を離党したわけではないのに、自分は自分等から追い出されたと、悲劇のヒロインを演じていて、

  そういう感じで、B層戦略を詐欺師の小泉のように行い、その10%増えた層に対して効果的なアプローチをしていた、


  ある意味においてレイシストの小池が、最初に自分が自民党から追い出された、当選したら議会を冒頭解散する、といってB層の気を引いた時点で、もしかすると選挙結果は決まっていたのかもしれない、


  私が今回の選挙で鳥越もあるんじゃないかと感じたのは、この100万票の増加が鳥越にも行く可能性があったからだ、

  増田は自民党の組織票だけだから、ここが増加した浮動票の受け手にはならない、

  だからもし今回の選挙で小池が出ておらず、増田と鳥越の一騎打ちになっていたら、多分鳥越はダブルスコアで増田を潰していただろう、


  そういう可能性はあったので、投票日の一週間前に3候補者の誰もが、200万票を取れていないと聞いていましたから、もしかすると鳥越に行く可能性もあるのではないかと思った、

  鳥越は非常に知名度があるし、それでうまくいくかもしれない、そう考えた、


  ただし事前に色々聞いていたので、七割がた小池に流れそうだなと判断していて、鳥越が勝つ可能性は3割程度だと思っていた、

  
  そんなことを考えていたのだが、今回の選挙は以前に比べて増えた、政治に対する関心の薄い100万以上の票が重要で、それに対するアプローチで全てが決まる環境にあった、

  それを利用したのがレイシストの小池だが、鳥越も最後のほうで気づいて、いろいろ刺激的なことをいうようになっていた、

  ただ遅かったというしかなく、十分な効果はなかった、


  今回の選挙でどうなるかというと、東京では人種差別主義が広がっていき、外国人を排斥する活動がさかんになるだろう、

  小池はレイシストだからそういう傾向が強く、他人や外国人を差別するのが、こいつの政治信条である、

  
  そんな奴を知事にするのだから、ろくなことは起こらないと考えていいです、

  
  次に、この小池は人種差別主義者であり、危険な右翼思想を持ったグループと関係の深い、非常にやばい人間である、

  女性に対する差別主義も持っており、親学という女性蔑視のグループと親交が深い、


  そのような差別主義の塊なのだが、小池をどうするかというと、始末をすることができれば効果的だ、

  実は小池は始末をすることができる、確実というわけではないのだが、実質的にレームダックにすることは可能だ、


  今回の選挙では、小池は自分の秘書を都議会の補選に出しており、その選挙では小池ブームで勝てるのでは、というメディアの意見があった、

  しかし蓋を開けてみると、その人物は大敗をしており、全く勝てるようになっていなかった、

  
  このことからいえるのは、小池は都議会で勝てる候補者を揃えたり、勝つための戦略を作る能力がない可能性がある、

  だとするならば都議会で小池派の議員を一人も発生させなければ、小池のような差別主義者であっても、身動きができないようにできる、


  小池を始末するためには、来年辺りに行われる都議会選で、小池系の議員を全員落とさないといけない、

  これを計画的にできれば、小池は一切何もするとができず、知事の椅子に座る以外の活動は不可能になる、


  小池のような方法は奇策であり、一時的にはいいのだけど長期的に見ると問題が大きく、それほど成功はしない、

  詐欺師の小泉も郵政解散とやったが、ああいう無理をしたので自民党は野党に行くことになった、


  その場の取り繕いで支離滅裂なことをしていれば、長い目で見た時に大きな問題が発生する、

  それが小池に対しても発生しており、都議会でどう勝つかというプランが弱いため、その点をつく方法論は効果的である、


  小池は都議会で議席を取らせなければ、レームダック化してただの飾りにすることができる、

  そこまで持っていくことができれば害はない、しかし、当然そうさせないようにしてくるだろうから、そこら辺の準備が重要になるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR