03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

小池による洗脳選挙、破綻したアベの経済政策

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちわ


  今日もなにか書いてみると、レイシストの小池が都知事なっちゃいましたね、世も末になったもので、北斗の拳みたいな時代来そうです、

  このレイシスト小池は、人種差別主義者と関係が深く、今回の選挙でもそういう勢力の支援を行けていた、


  多少人種差別主義の団体と関係がある程度ならば、それはたまたまかもしれないのだが、

  問題はこの人物、実はそういうグループとしか親交がないんですね、


  小池の関わっている人たちは、何らかの形で差別主義をしていることが多く、

  例えば在日朝鮮人への差別とか、女性への差別とか、外国人への差別をしている人が、この人の周りにはたくさんいる、


  それを考えると小池=レイシストと考えるしかなく、利害関係だけでここまで付き合いをするわけがないのだから、小池は差別主義的思想を持っており、そういう形で政治活動をすることを目的にしていると見ていい、


  というわけで、私の中では小池はレイシスト小池という存在として、認識が固定されつつあるのだが、

  
  この小池は、アベというよりは詐欺師の小泉に近い人間で、選挙戦略も詐欺師の小泉とよく似ている、

  アベのプロパガンダは、陰性のプロパガンダといってよく、選挙に興味を持たせないことを目的にしている、


  アベは人間として好かれる所がありませんから、こいつが選挙に勝つためには投票率が上がっては困るわけです、
   
  だから少し前の参議院選挙では、マスコミに圧力を加えて、選挙に対する報道ができないようにしていた、


  NHKなんて、選挙の前日なのにニュースで、一切参議院選挙に対して触れず、参議院選挙の「さ」の字すら、発言をすることがなかった、

  常識的に考えて、明日国政選挙があるというのに、ニュースで一度も取り上げなかったのは、明らかに異常だというしかない、


  こんな風な感じで、アベができるのは、小選挙区制、低投票率、組織票の選挙のみで、投票率が上がるとこいつは選挙に勝てなくなる、


  それに対して詐欺師の小泉は、B層と呼ばれる政治に興味がない層への、アピールが優れていて、

  投票率が上がるほど有利になる、特殊な選挙戦略を得意にしている、


  今回の選挙では小池の周りには、詐欺師の小泉と関係の深い人物が、つきっきりで支援をしていたといわれ、

  それによって劇場型政治が成立したといえる、


  今回の都知事選は投票率が上がりそうだったので、実はアベのやつは大敗をする可能性が高かった、

  今回の選挙で小池が得ていた得票は、小池が出ていなければ殆どは鳥越の得票になっていただろう


  そう考えてみればわかるが、実は小池が出ていなかった場合、鳥越はぶっちぎりで当選していた可能性がある、

  それを止めたのが詐欺師の小泉と似ている、レイシストの小池の行為だといえる、

  
  今回の選挙では小池は洗脳に近いプロパガンダを利用しており、非常に高度なレベルでインチキをしている、

  こいつは緑色のものを持ってきてくれといっていたが、それは緑色が自民党のシンボルカラーだからである、


  人間の洗脳的支配は、意識をさせずに認識をさせることが重要だ、

  意識をさせれば人間はそれを理解し、場合によっては反発をすることになる、


  その点意識をさせずに認識をさせることができれば、一方的に特定の情報を植え付けることができる、

  
  このような方法論としてはサブリミナルが有名だが、今回の小池の行為もそれとよく似ている、


  小池が緑色を集めたのは、自分が自民党と関係が深い仲と思わせることが目的で、人間の言語的な理解ではなく、カラーというイメージを利用して植え付けようとしていた、

  緑色のライトを使っていたのもの同じ理由で、特定の色の光を印象づけることによって、人々の潜在意識に訴えかけようとしていた、


  小池の狙いは詐欺師の小泉と同じ、体制に反発する体制に内部の人間、という形を目指している、

  そのため自民党の体制に入るアピールをしつつ、自民党を批判するという、キメラ的な行動を小池はやっていた、


  そしてこのような緑の色を使って、潜在的な自民党支持を呼び起こす方法論は、オウムなどのカルト宗教的なものであり、特殊な考えを元に作られている、

  そう考えると、小池の裏にはかなりプロパガンダや洗脳に精通した人物がおり、そういう専門家の指導で行動をしていた可能性がある、


  ここからは私の個人的な感想になるのだが、今回の都知事選は詐欺師のコイズミとアベの対立があったようにも思う、

  詐欺師のコイズミはアベの軍事化の前座に過ぎなかったが、そういうことに対する不満が詐欺師のコイズミにもあったのかもしれない、


  以前の細川詐欺師のコイズミの連携は、別の見方をすればアベに対する反抗にも見え、

  私怨で詐欺師のコイズミが動いていたようにも感じる、

  
  アベのやる陰性のプロパガンダでは、低投票率で勝負をすることになるので、詐欺師のコイズミが得意にしているB層戦略をすることができない、

  ある意味においてアベが大きな顔をしている限り、詐欺師のコイズミは政治的な行動ができなくなっている、


  今回の小池の件は、もしかするとそういう勢力の不満から起きていて、B層戦略をフルに利用して、反旗を翻そうとしたようにもみえる、



  今回のように投票率が上がるときは、B層を利用した戦略は成功しやすく、不利な環境であっても勝つことができる、

  そういうタイミングで、詐欺師の小泉が以前やっていたプロパガンダを、選挙中で行うということは、何らかの意図があるのかもしれない、


  実際にどうなのかは分からないが、今回のレイシスト小池の当選に、詐欺師のコイズミの一派が関わっているのは事実なので、

  もしかすると自民党内では、わかりづらい内紛が起きていて、その影響で都知事選がおかしくなったのかもしれません、


  後は、見た所アベの経済政策は破綻して、このままだと潰れるようだね、

  アベは30兆近い経済政策をいっているが、そのうち意味があるのは5兆くらいで、更にその半分は、出来るかどうかわからないリニア鉄道の予算である、


  となると実質的に経済政策を呼ばれるものがなく、そのような対応は不可能になったといえる、


  こういう変化は日本政府の限界を表しており、もしかすると日本はもはや修正が不可能なところにいるのかもしれない、

  特に経済的な政策全くできないのは致命的で、このまま行くとアベのせいで急激な不景気になる可能性もありそうです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR