03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

今回の都知事選の、鳥越、小池、増田、の三人はどのような人物か、

//


    これは今日4つ目の文章です、


//

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

不在者投票のやり方

期日前投票のやり方


    どうもこんにちは、


  今日はもう東京都議会選挙ですね、ということを前日に書いていたりするのですが、

  まあ当日に書くと大変そうなので、予め書いているのですけど、


  今回の選挙ではまともな政治家である鳥越と、危険なレイシストである小池、原発利権屋の増田、という三人から知事を選ぶものになっている、

  最初の頃は誰がどういう人なのか分からず、正直なところ情報不足の面もあった、


  しかし調べていくと、鳥越には優れた政治家としての資質があることがわかり、小池には差別主義独裁者としての犯罪性があることがわかり、増田はよくわからないが利権関係のズブズブ人間なのが分かった、


  増田に関しては結局わからなかた感じもするが、では選挙なので三人の紹介をしてみると、

  まず鳥越はニュースキャスターとして実績を持っており、色々なところで活動をしていた、


  実はこの人は小沢さんの政治と金の問題を擁護した、唯一のジャーアナリストであり、社会正義ができる、日本で一人だけのメディア関係者である、


  小沢さんのことはインチキだったけど、誰ひとりとして事実を伝えることはなく、テレビや新聞で本当のことを伝えたことは、一度としてなかった、

  実をいうと赤旗ですから嘘を伝えており、弁護士会なども一切の批判をしなかった、


  それなのに一人だけこれはおかしいと声を上げていて、事実を伝えようという姿勢は評価できるといえる、


  また、この人物は最初の頃がん検診100%といっていたが、だんだん慣れてきて色々なことをいうようになった、

  最近は以前の候補者だった宇都宮を超える能力を見せており、非凡な才能を感じさせている、


  この人物はいろいろな批判をしてきたし、体制に逆らうことも行っていた、

  それでも生き残れたのは、それを凌駕する才能があったからで、そういう特殊な能力が発揮されている、


  今回の選挙ではガンの問題について、ガンになったら会社をやめさせられることがあるが、そういう事をやめようといっている、

  今はガンになっても生き残れることが増えているし、会社がそういう理由で人をクビにすることを、やめさせようとしている、


  大島にいった時はこのような小さな島は、物価が高くて生活が大変だから、消費税を下げるべきではないかといっていた、

  観光が強いところでは税金を安くする、というのが効果的だから、そのような働きかけをするといっていた、


  最近は待機児童をなくす、待機高齢者をなくす、という福祉方面を重視しており、社会的弱者をどう救済するか、という点を重視し始めている、

  更にオリンピックの予算の全面公開も明言しており、どのように使われているのかを明らかにするといっている、


  このように鳥越には優れた政策が存在しており、最初の頃にガン100%といっていた頃に比べて、別人のような強い力を発揮している、

  これがこの人物が今まで権力批判をしても、生き残ることができた才能なのだろうが、正直すごい人だと思う、


  鳥越の前は宇都宮が立候補しようとして、色々な政策を考えていたが、その政策をつくり上げるのには数年がかかっていた、

  それを元にしているとはいえ、鳥越の政策はここ数週間で作り上げられており、レベルの高いものになっている、


  ここまでできる才能が有るならば、都知事としての資質は十分にあるといえるが、

  それが多くの人に知られるかどうかが、この人物では重要になるでしょう、


  次に、自民党の小池について書いてみると、この人物は人種差別主義者と関係の深い、極右政治家である、

  民主党の中国の傀儡であると公言し、左翼やリベラルは日本人ではない、在日であるというような、極端な政治思想を持っている、


  そのため表面的にはまともに見えるが、中身は完全に狂っていて、ある意味において神奈川の猟奇殺人犯と、よく似た考え方を持っている、危険な政治家である、

  
  神奈川の事件は、アベに障害者を殺したことをほめてくれ、という内容の手紙を送っていた、

  それは精神的な不安定さから来ているが、このようなレイシスト思想を持っているのが、自民党の小池百合子である、


  この小池は自民党から追い出されたといわれているが、運動を支援している人の装備にははっきりと自民党とか書かれており、

  またこの人物がよく使う緑色は、自民党のシンボルカラーである、


  更にこの小池は自民党を除名されておらず、今でも自民党議員として活動をしているため、実質的に自民党の候補者といって良い人物だ、

  それが自民党を追い出されたと屁理屈をいっており、その場で適当な嘘をつく人間性を表している、


  この人物の冷酷さは以前から有名で、以前震災が起きた時に支援を頼んが市民がいたのだが、

  その時に選挙区が変わったので、この地域のことに関わる気がないといい、市民を追い返した事実がある、

   
  この人間は昔からこのようなことを繰り返していて、息を吐くように嘘をつく冷酷な人間として、一部の世界では有名だったらしい、
  
  それが表面化したわけだけど、


  この小池のついた嘘は最近でも2つあり、一つは鳥越に対して病み上がりと罵倒したことだ、


  小池は選挙期間中鳥越を病み上がりだから、出てくるなと罵倒を繰り返していた、

  その点をテレビで指摘されると、そんなことをいった覚えはないといいだし、鳥越が証拠をつきつけると、それが選挙ですからと意味不明なことをいいだした、


  もう一つは、鳥越が小池に対して、あなたは以前東京を核武装するべきだといったことに対して、質問をした話がある、
  
  その時もこの嘘つきの小池は、そんなことはいっていないといっていたが、実際に発言をしており、小池のホームページもそのようなことが書かれている、


  そしてこの小池はこのような嘘つきである点と、人種差別主義と女性差別主義者の側面がある、

  小池の人種差別主義としての側面は、いわゆる在日批判というものがあり、外国人を排除して弾圧するべきだといっている、

  
  今回の政策でもそのようなものが含まれており、外国人に権利を与えるのは間違いだと公言している、

  
  もう一つの女性蔑視の姿勢は、親学という女性が働くのは傲慢だ、という宗教的思想を持っており、

  そのような組織に関わっている人物なので、女性差別主義者なのは間違いがないだろう、


  更に、小池は日本会議の幹部に近いところにいて、極右団体と深い親交を持っておる、危険思想を持った極右政治家である、


  というのがこの小池の本質であり、わかりやすくいえば神奈川の殺人鬼が、東京都知事選に立候補したような、それに近い意味がある、

  たしかに小池は殺人鬼ではないが、考えはあの殺人鬼とほとんど同じなので、あれくらい狂った考えをこの人物は持っている、


  わかりやすくいえば、小池百合子=神奈川の殺人鬼、だといってよくそういう人格を持った人をどう評価するか、

  それが大事なのだけど、たぶん多くの人はそういう本当の問題については、知ることがないのでしょう、


  後は、増田は岩手で知事をしていた人物だが、この人間は岩手県の借金を倍増させている、

  岩手県には6000億くらいの借金があったのだけど、この人物は政策を失敗して、それを1兆二千億に増やしている、


  増田は知事としての実績を誇っているが、実際はこのように完全に失敗をしており、知事としての無能さが際立っている、


  またこの増田は実は新自由主義者であり、小泉改革のような考えを良いと考えている、極端な意見を持った人物である、


  あまりそういう風には見えないのだけど、この人物は以前政府が関与する団体は全て潰して、民間企業に任せたほうがいいといっていた、

  いわゆる小泉改革のようなことをして、それが原因でいろいろ社会問題を引き起こしていたらしい、


  そういう意味でいえば、増田はよく政治家としての実績といっているが、実際は政治家として社会に害をばらまいたことしかなく、

  政治家としては完全に失敗をしている、存在価値のない人物である、


  それがなんで今回出てきたのかというと、それは原発関係の代表として送られてきたからだ、

  増田は選挙直前まで東電の役員をやっており、東電のトップの方にいた人物である、


  その東電の役員が都知事選に出ているのだから、当然それは原発利権のためだと見るしかあるまい、

  そう考えると、この人物は福島の被爆問題や、廃炉についてもまともなことをする可能性はなく、より悪化させる可能性が高い、


  増田を簡単に表すとすれば、今まで失敗ばかりをしてきた新自由主義の政治家であり、

  今回は東電の利害関係者として出たので、原発利権の維持を目的にしている、とういうのが正しい見方といえるでしょう、


  ちょっと長くなってきましたが、三人の候補者についてまとめると、


  鳥越は政治家としての資質があり、優れた政策を行っているのはこの人物だけである、

  ただしそれが浸透しているかは分からず、その点がネックになるかもしれない、


  小池は親学という女性差別主義団体に属しており、極右団体の日本会議の幹部であり、

  日頃から嘘をつく癖が強く、いっていることに信憑性がまったくない人間だ、
 
  また利害関係でしかものを見ないので、自分にとって得にならないものに対しては、極めて冷酷であり、常識的な人間性を全く持っていない、


  という危険なレイシストであり、精神的には神奈川の殺人鬼に近い所がある、

  そういう危険な人だが、それを東京都民が知っているかどうか、メディアは報道をしていなかったので、多くの人が気づかないと危ない、というタイプの人です、


  増田は、以前岩手県知事をやっていた実績をアピールするが、実は莫大な借金を発生させて、失敗をしている、

  この人物の政治的スタンスは新自由主義であり、小泉改革のような弱肉強食の社会が正しいと考えている、


  そういう新自由主義的政策をして、以前社会問題を引き起こしたことがある人物なので、政治家としての価値は殆どない、なぜなら失敗しかしていないからだ、


  ではなんで出たのかというと、多分だが民進党の東電労働組合の票を割るために、東電の役員だった増田を擁立し、それで選挙を有利にしようとしたのだろう、

  この人間は無難なように見えるが、今まで失敗しかしていなかった人物である上に、

  原発を推進する考えがあるから、福島の問題はより悪化をし、

  今までの政治家としての無能さから、大きな社会問題を引き起こす可能性がある、


  今回の都知事選は、人物としての評価ならば鳥越で、後の二人は危険人物の小池と、無能な利権屋の増田でしか無い、

  ただそういうことについてメディアは報道をしてこなかったので、結果がどうなるかは不明です、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR