03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

争い始めた自民党の増田と小池、ガセ情報しか書けないアベ週刊誌、

//


    これは今日2つ目の文章です、


//

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

不在者投票のやり方

期日前投票のやり方


    どうもこんにちは、


  久しぶりに多くの文章を書いているので、ちょっと違和感が出ていますけど、選挙というのは面倒なものです、


  それはともかく書いてみると、東京都知事選がそろそろ終わりになるが、不思議とマスコミは騒がなくなっている、

  以前は選挙の終盤になって、結果がこうなっていると騒いでいたのだが、どういうわけが今回はまだない、


  なにか企んでいるのだろうけど、よく分からない所がある、


  今回の選挙は実は不透明な所が多く、結果がどうなるかははっきりしていない、

  マスコミは政府の犬なので、自民党が有利という報道しかしないが、実際はそうでもなさそうだ、


  前から書いているけど、東京は浮動票が非常に大きいところなので、多分今回は300~400万程度の浮動票が派生するだろう、

  この地域の組織票は全体の3分の1程度なので、それを自民党の小池と増田が分けているわけだから、組織票だけでは結果はわからなくなっている


  では浮動票の傾向はわかっているのか、というとそれもちょっと怪しい所がある、

  浮動票は自民党の小池が、離党したふりをしてある程度得ていたのだけど、最近の小池は言動が変わってきている、


  今までは党から追い出された悲劇の主人公的な、インチキ芝居をすることがよくあったが、

  この頃は自分は自民党議員であり、自民党の政治家として評価して欲しいと訴えている、


  いっていることが180度違うように思えうのは、俺だけなのかと思うのだけど、誰から見てもそうだろうね、

  小池は今は増田と自民党の組織票を奪い合っているので、以前とは違い自分は自民党をやめていないという、アピールをしている、


  そういうアピールを繰り返していけば、浮動票は減ってくることになるから、選挙の結果も変わってくるだろう、


  小池のやつは別に自民党を辞めたわけではなく、こいつは以前アベに逆らって左遷されて、

  その影響でいいポジションにつけなくなったため、そういうことへの腹いせとして立候補をした、


  そこで自民党の小池は、自民党の都議会に支援の依頼をしたのだが、それが上手くかなかったので勝手に立候補した、

  それが拒否された理由としてあるのは、当時自民党は民進党との統一候補を考えていたので、その影響で出られなかったというのがある、


  またこの小池には政治と金の問題が、5つ位あってどれもかなりブラックなものですから、それが原因で審査で落ちたという説もある、

  この小池は自分の秘書に仕事を頼むときに、秘書に会社を作らせてそこを利用して、政治金の運用をしていた、


  秘書に仕事を頼むならば普通にすればいいのだが、そうすると裏金として利用ができないので、

  そのような不正な金のやり取りをするために、秘書に会社を作らせてマネーロンダリングのようなことをしていた、


  そしてそのマネーロンダリングに協力した秘書は、今回の都知事選と同時にあると議会選の補選に出ており、

  詐欺師同士が手を取り合って立候補していることになっている、

  更にこの小池には支援者が性犯罪をした疑惑もあり、かなり確実性が高いものなので、性犯罪者と協力をする、自民党の小池百合子という側面も持っている、


  こいつは叩けばいくらでも埃が出てくる人物で、本質的には犯罪者かなにかなのだろう、


  ともかく、今の政治情勢は自民党の組織票を増田と小池が取り合っている、

  その影響で小池は自民党候補者であることをアピールし始めており、それが今までとは違う方向性になっている、


  そういう点を無党派がどう判断するかだが、ただの自民党候補”その2”でしかないことを理解できれば、情勢は変わるかもしれません、


  次は鳥越のスキャンダル話があるが、この件についてはどうやらガセだったらしい、

  文春は今週で大きなネタがあるといっていたのだが、実際には言い訳のような発言を繰り返すだけだった、


  代わりに週刊新潮が似たような記事を出していたが、新しい事実はなく具体的な証拠は一切なかった、


  そもそもこの話は13年前に噂の真相という雑誌が、ネタとして作ろうとしたものだけど、

  裏がまったく取れなかったので没になったものを、週刊新潮がアベに金をもらって調査をはじめて、それでもやっぱり裏が取れなかったものだ、


  そして裏がまったく取れなかったのだが、そういうネタが週刊文春の方に流れて、文春では一応自分で調べたのだが、具体的な証拠を見つけることができず、記事の掲載を止めることを決定していた、


  それなのに急に掲載をするこ都になり、多分アベから金をもらったのだろうけど、そういう汚いない金を文春はもらい、選挙妨害目的でインチキ記事を載っていた、


  その結果鳥越の勢いは多少が下がってしまったが、それに対して鳥越は刑事告訴をすることにより、編集長を刑務所に叩きこもうとしている、

  さすがに裏を一切取っていない記事を、選挙期間中に出すのは犯罪行為であるから、週刊文春の編集長は、投獄されて当然だろう、

  (まあ文春の編集長はアベ信者らしいから、裁判でインチキができる可能性はあるけど、)
   

  そしてそれにビビったのか週刊文春は、今回の記事で大きなことを言うといいながら、実際には弁明をする記事を載っけただけで、事実といえる情報を一切提供しなかった、


  これでひとまず終わりかと思ったのだが、上でも書いたように元々も文春のネタは、週刊新潮から流れたネタなので、週刊新潮には元になったネタ記事がある、

  それでそれをそのまま記事にしたのだが、この記事でも具体的なことが書かれておらず、裏はまったくとっていない、


  更に新潮と文春では記事の内容が違っており、伝聞だけで記事を書いたため、ぜんぜん違う内容の話になっている、

  
  この時点でインチキなのはわかるだろうが、鳥越自身は昔のことだから覚えていないといっており、

  悪魔の証明はできないので、なかったということは証明できないと話している、


  この鳥越は小沢氏の政治と金の問題に対して、唯一不正があると発言をした人物であり、そういうマスコミ報道のインチキさを考えて、最初から説明は無理だという対応をしたのだろう、


  鳥越に関してはキチンの説明をすべきだという件もあるが、正直なところ13年も前のことを覚えているとは思えず、それを証明するのは不可能だろう、

  しいていえば相手の女性の証言があればいいが、相手の女性の証言は今まで一度も取れていない、


  というわけでアベの仕掛けたインチキ週刊誌攻撃は、あまり効果がなかったようだけど、

  このようなインチが行われる低俗な国になった、という事実はあるといえるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR