01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

鳥越、増田、小池の東京都知事選の傾向、詐欺師のコイズミと似ている小池百合子

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  夏といえば、いろいろな地域に出かけることが増えていきますけど、私は都知事選が終わるまで、負担が増えそうで困っています、

  正直、国会が始まった後の憲法議論あたりまで休めるかと思っていたのに、自民党の小池の基地外出てきたため、そうも行かなくなりました、


  まったく困ったものだけど、今回都知事選は自民党が分裂したので、よくわからないものになっています、

  本来ならば自民党の組織票と、野党の浮動票でぶつかり合うのですが、


  今回は自民党が分裂をして、組織票を持つ増田と浮動票で勝負をする、小池という二人の候補者がいる、

  増田は組織票があるので有利だといわれていたが、最初の段階で小池に対する厳しい締め付けを行い、その結果あまり票が伸びなくなった、


  増田がやったのは小池に協力をした人物は、親族を含めて処罰するというもので、そういう形にしたのでかえって批判を浴び、

  その影響で小池への支持が集まることになった、


  とはいえこの辺はフェイクである可能性が高く、実は最初から小池を支援していた自民党や公明党の組織は存在しており、そういう演出をしていだけという可能性がある、

  最近も小池のやつは、私は一人で戦っていますといっており、その後支援をする人が増えてきていると発言しているが、


  実際は最初から公明党と自民党が支援をしているので、こいつが一人で戦ったことなどはない、


  そのようなペテンの構図は詐欺師のコイズミを思い出させるが、そういえば詐欺師のコイズミはこの小池を評価していたな、

  そういう意味でいえば小池は詐欺師の小泉の後継者であり、そんなポジションの人間なのかもしれないが、


  自民党はこうなっていて、組織票の増田とポピュリズムとプロパガンダで、有利になろうとしている小池の二人が出ている、

  小池の手法は詐欺師のコイズミとよく似ており、奴がやっていたような詐欺師の手法論で、人々を騙そうとしている、


  こいつがよくいう、誰も支援をしてくれないというのがまず嘘であり、最初から自民党や公明党の支援は受けていて、支援がなかったという事実は存在しない、


  それにこいつは演説をするときに、緑色の物をつけてきてくれということがあるが、緑色は自民党のカラーであるから、こいつがどいうポジションであるかは、その点からもよく分かるだろう、


  つまり、この小池は自民党の二番候補であり、場合によっては一番に取り替えるところにいるのであって、実際は自民党の候補者にすぎないといえる、

  それを隠蔽して出ているようだが、ある意味においては参議院選挙の統一候補のような無所属の形を、作っているのかもしれない、


  しかしそんな事実はないので、こいつは自民党の議員のままだし、自民のために立候補しているだけですから、国民のために働く可能性は一切ありません、


  それに対して、野党の候補者は鳥越で、この人物はジャーナリストとしていろいろな活動をしていた、

  戦場などで情報を集めたこともあり、かなりプロフェッショナルな所がある人物である、


  交友関係も広く、最近は森進一氏が応援に来たこともあり、いろいろな知り合いがいるようではある、


  鳥越氏は知名度は非常に高いので、選挙の演説をすると異常なくらい人が集まり、その地域が人で埋まってしまうことが多い、

  そういう形でやるのはあまり票にはならないといわれるが、テレビなどに映れば人気があるように見えるので、それほど悪いことではないだろう、


  当選後にどうするかについても、少しずつ詰められてきているので、築地市場の問題に対しても、対応をすると発言をしている、

  今のところだいたい宇都宮氏の政策を受け入れており、方針がしっかりしてきたようだ、


  ただし、出遅れてきた問題は強くあって、共産党や民進党の支持者からの支援を、十分には受けられていない、

  特に共産党の支持者は宇都宮氏のことがあったからか、反発がある程度存在している、


  そのような内部的な問題の解消が必要であるが、人気と組織固めができれば十分な選挙はできるだろう、


  今回の選挙は与野党ともだいたい五分だといわれていた、

  少し前の参議院選挙では、野党が少し多めに得票を得ていたので、それを考えれば野党でも有利になれる所にはいる、


  ただその条件にするためには、組織内部の引き締めをする必要があり、支持者に周知をしなければいけない、

  特に小池を支持している民進党や共産党支持者が多いので、そういう人達を引き剥がさないと、選挙がかなり不利になるだろう、

 
  今回の選挙はまだ始まったばかりだけど、折り返しの所まで来た時にどうなっているか、それが重要になりそうです、


  次に、今回の都知事選で、ダークホースだったのは自民党の小池で、まったくもってこいつはダークでブラックなやつでした、

  こんな呪われた人間がいるとは思わなかったけど、一言でいえば狂人という感じがする、


  これは悪口じゃなくて、こいつは国家総動員法を作るべしといっていたり、東京に核兵器を配備しないと安全が確保できないとか、そんなことを言っている、

  更に待機児童問題は、子供を沢山幼稚園に詰め込めば解消でき、子供が幸せになれると発言しており、


  更に最近東京では子供食堂というのがあるのだが、そういうところは政府の支援がなくなったので、有志で活動をしているのに、

  そのような活動を都知事になったら進めたいといっており、支援を打ち切られたことを、まったく知らないらしい、


  興味もなかったのだろうけど、政策としていれるならば、最低限調べておくべきだろが、まじめにやる気がなかったのだろう、


  他の件でも民進党(発言時は民主党だったが)を中国の傀儡政党と呼んでおり、中国脅威論を煽る、ネトウヨ的な発言に終始していた、

  
  小池は政策でダイバーシティといっているが、このダイバーシティというのは、人種を差別せずに、色々な人を含めることによって、発展を目指す街という意味がある、

  そういうことをこの小池はいっているのだが、なぜかダイバーシティをするといった次の文で、外国人が日本で影響を持つべきではなく、そういう人は排除すべきだと書いている、


  どうやらこいつはダイバーシティという言葉がわからず、おしゃれな街みたいなものだと考えたようだが、実際にはそんな意味はない、

  人種などの違いを超えて協力をする、ダイバーシティを作るといいながら、そのすぐ下に人種差別は徹底的にします、といっているのだから異常というしかない、


  こいつが今回の東京都知事選のラスボスなのは間違いがなく、こいつが都知事になったら人間が住めないところになるのは、ほぼ確実でしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR