01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

鳥越氏と極右自民小池百合子の東京都知事選はどうなるか、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

不在者投票のやり方

期日前投票のやり方


    どうもこんにちは、


  最近は暑いですね、今年は水不足だといわれますが、確かにほとんど雨が降っていない気がします、

  時々大雨がふることがありますが、多分ああいうのでは不十分なのでしょう、


  それはともかく書いてみると、都知事選はどうなるんだろうね、

  今回の選挙は非常に複雑奇怪で、正直どうなっているのかわかりません、


  野党の方は単純で鳥越氏でどうするかなのですが、与党どうなっているのだろう、、


  自民党と公明党といえば組織票が有名ですが、今回は増田に組織票を集中して、勝つことを目的にしています、

  その割には評価が低い傾向があり、同じ自民党の小池に比べて、ほとんど名前を聞かない状態にあります、


  関係者によると組織票でこれから伸びてくるので、心配していないといっているのだが、
 
  マスコミの調査では、組織票が早い段階で出やすいので、最初の段階で伸びていないのは、結構まずい感じがする、


  まあ先のことはわかりませんが、もう一人の小池はレイシストと関係が深く、在特会ともかなり近いところにいて、

  更に日本の右翼でも、一番危険だといわれているグループに、選挙の手伝いを頼んでいます、

  そして、日本会議のトップに近い所におり、日本会議の顔といっていい人物です、


  このような極右政治家なのですが、最初は単独で選挙活動をする予定でしたが、結局公明党の支持を得ることに変わりました、

  公明党の支持が来ているというのは、週刊誌の話題にすぎないのだけど、現状でトップレベルにいるのは、浮動票だけでは不可能なので、当然どこかの組織が支援をしているでしょう、


  そうなると自民党や公明党になるが、週刊誌によると公明党が大きく支援をしており、増田の支持はやめつつあると聞く、


  実は自民党と公明党は組織票が大きいので、どういう形で投票をするかを、軍隊のように操作することができる、

  そのため票を分配することができるので、もしかすると与党内では増田ではなく、小池に一本化しいてるかもしれない、


  ただ、増田は都議会の要請で出た所があるので、都議会のメンバーは増田支持の動きをしているだろう、

  そして自民党の都議会は影響力があるので、それが増田指示に動けばある程度票が割れることになる、


  今回の選挙ではアベの手下の軍事を目指す小池と、都議会の都合で出てた増田の二人の対比がある、

  小池はだんだん自民党の一本化候補になりつつあり、増田はその煽りで候補者じゃなくなってきている、


  ほんとまあ、冷酷無比というしかないが、自分で担いだ候補者を途中ですぐに切り捨てるところは、人間性の欠片もないといえる、


  与党の候補者はこのようになっており、極右政治家でありレイシストと関係の深い小池が有利になっていて、

  そうではない平凡な増田が、どうやら左遷されつつあるようだ、


  この流れがどうなるかを読む必要があるが、基本的には小池をどう叩くかが、野党にとっては重要になるでしょう、


  そして次に野党の鳥越について書いてみると、鳥越は知名度が非常に高いので、今のところ影響力を強く持っている、

  最初の段階ではトップだったのだが、この頃は多少小池に追いぬかれつつある、


  そうなった理由としてあるのが、共産党と民進党の支持者が、小池支持に流れつつあるからだ、
  
  
  基本的に共産党と民進党の支持者は、自民党の候補者を支援することはない、

  しかし今回の小池は一見自民党から離れているように見えるので、それによって支援できそうな候補者になっている、


  しかし自民党の小池は離党をしておらず、自民党も特に強い責任を負わせてはいない、

  それを考えるとこいつが自民党から追い出されたというのは、フェイクである可能性が高く、最初からインチキだったのかもしれない、


  そのような汚いペテンに引っかかった人がおり、そういう人は野党支持者なのに、勘違いをして小池を評価している、


  鳥越としてはこのような層を取り戻す必要があり、なんとかして共産党と民進党の票を固めないといけない、

  今回の選挙は野党が非常に有利だから、野党の票をまとめることができれば勝つことは可能だ、

 
  もちろん自民党が候補者をまとめてくれば、そうしたところで負ける可能性はあるけれど、

  今回は分裂をしているので、それほど自民党の調子も良くはない、


  鳥越がするべきことは組織票の取りまとめだが、本人にはそのような交渉能力はないだろう、

  となると都民がひとりひとり活動をする必要があり、そうしてや投票をまとめることができれば、選挙も変化をしていくでしょう、


  次に、そういえばネット上では鳥越氏に対して、健康問題があるという人がいるが、そういうことはないようだ、


  この人物は4年前にフルマラソンを走っており、日頃からトレーニングをよく行っている、

  ガンの問題に対しても、病気になってから時間がたっているので、今のところ再発はしないといわれている、


  この病気は5年以内に再発するおそれがあるが、その期間をすぎれば確率が低くなるといわれる、

  そういう時期に入っているので、もう再発はしづらい状態のようだ、


  このような話があるけど、現状もう選挙活動が始まっているので、ネガキャンを互いにすることが増えてきているが、

  今回の選挙で重要なのは極右政治家である小池か、それとも鳥越にするかというものだ、


  小池は右翼の中でも基地外といわれている、異常な思想を持ったグループに選挙活動を手伝ってもらっており、

  更に在特会のメンバーを当選した場合は、都の運営に加える可能性がある、

  そのようなレイシストが都知事になれば、東京は大阪のコスプレ市長がやったことと、同じような大きな被害をうけるだろう、


  それでもいいというのならば別にいいのだけど、こういうことを知らないで評価しているひとが多いのが、それが今回の選挙のネックになっている、


  日本は政治論が未熟で、政治家をどう評価するべきかという文化がない、

  例えば小池が極右政治家であるのに、そういうことを報道したメディアは少なく、殆どの人は、そのようなことを知らない、


  小池が極右政治家だと知った上で、評価をするならばそれいいのだけど、

  政治家に対する評価が行われていない段階で、小池みたいな人を選んでしまうのが大きな問題だ、


  鳥越はジャーナリストとしての実績もある、国民の声を聞くタイプの人物だ、

  社会的な弱者への支援も発言しており、立候補を辞めた宇都宮の政策も取り入れている、

  健康問題も特にないようなので、何らかの問題が存在しているわけではない、


  という選択肢なのだけど、最大のポイントは小池が極右政治家だと思われておらず、そういう評価が社会に広がっていないことだ、

  それを誤ると大きな問題になるのだが、その点が今回の選挙の最大の争点になるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR