01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

都知事選で重要になる宇都宮氏、マンション型政党の必要性、ナチアベ憲法改正はどうなるか、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も色々書いてみると、都知事選については現状ではわからないので、なんともいえませんが、

  鳥越氏になってくれればよいのだけど、宇都宮氏が妥協をするかどうか、というのはあります、


  今回の選挙は4党の統一候補でやる予定なので、宇都宮氏を支持する政党は今のタイミングではない、

  そうなると宇都宮氏が出ても選挙で勝てる可能性はなく、得票は殆ど出来ないだろう、


  それにしてもなんで宇都宮氏は急いで立候補したのか、その辺りがよく分からない所がある、

  例えば参議院選挙が終わった後でも良いのだし、それによって不利になるところはあるが、それは自民党でも同じなのだから、特に気にする必要はない、


  そう考えると宇都宮氏が、参議院選挙中に立候補をした意味がわからないのだが、先行して立候補しておけば有利とでも考えたのか、

  
  確か今は与党の統一候補を考えているから、共産党と関係の深い宇都宮氏だと、4党の合意を得られない可能性はある、

  それを考えて早めに立候補をして、既成事実を作ろうとしていたのかもしれないが、それはそれで問題になるな、


  この人物は非常に熱心な支持者がいるので、多分そういう支持者の声を無視しづらかったのだろうと思う、

  宇都宮氏自身は人のいい方らしいから、そういう意見を考えて出たのかもしれないが、


  しかし参議院選挙の途中で出ることになれば、選挙の報道が減ることになるのだから、正直なところいいことをしているとはいえない、

  その後の調整も十分にできているとはいえず、問題の多い行為をしている、

  
  そもそも本当に立候補をしたいのならば、例えば民進党や社民党などへ行き、選挙の手伝いついでに、都知事選についていろいろ話し合うのも手だったろう、

  この人物はいろいろな選挙の支援はしていたようだが、そういう時に自分の立候補について話しあい、ある程度形にしておくほうが良かったのではないか、


  宇都宮氏の立候補は共産党とも調整が出来ておらず、支援者をどうするかまったく考えないまま、見切り発車で行っていた、

  しかも、自民党や公明党でも支援があるならば、行動をしていといっており、多少問題のある発言もしている、


  まあそれだけ都政に思い入れがあるのかもしれないが、やり方が悪い点は存在するだろう、


  今どうなっているのかは分からないが、上手く鳥越氏に一本化してくれれば、それにいろいろな人が協力をして、選挙に勝てればと思いますが、

  そのカギを握るのは宇都宮氏なのですけど、さてどうなるのか、


  次に、今回の選挙では民進党と共産党は良かったのだが、社民党はあまりぱっとしない所があり、党を維持する条件ができなくなってしまった、

  なぜか小沢氏の党は複数当選しており、東京でミュージシャンの演出をしていたことが、結果的に有利になる原因になった、


  ただ小沢さんの党も規模が大きいとはいえず、消えるか消えないかの瀬戸際では、十分な政治活動は難しいだろう、
  

  それで私が勝手に思ったのは、この2つの党は民進党の中に入ったらどうかと考えました、

  感覚的には殿様につく豪族みたいなもので、民進党の中にははいるのだけど、ある程度は自治権を与えて、行動に対しても自由を与える、


  また法案に対する賛成や反対も緩めにし、さらに、党の推薦は意見が合わなかったとしても行う、

  このような形ならば小沢氏や社民党も、民進党に入れるような気がする、


  やはり小さな組織では選挙は不利になるし、小沢氏のいうように選挙前だけ一緒になるのも手だが、

  そのような方法は手間がかかるので簡単にはできず、今回の比例の統一のように、時間切れになってしまうこともある、


  それを考えると最初から民進党の中に入っておいて、その中で党内政党みたいな形にしたほうが、簡単になるような気がする、


  今までの政党は特定の考えで統一をするものだったが、そういう形をすると意見の対立で党が分裂することがあった、

  それを考えると統一された政党による、二大政党制は不可能な面があり、うまくいかない可能性がある、


  だとするならば、党の内部に別の政党を含めて協力をして、その政党内部の組織にはある程度の権限を与える、という契約システムにしたら、うまくいきそうな感じはする、


  重要な点は、賛成であっても反対であっても、ある程度のグループに入って行動することが大事で、

  組織の弱いところは、そのような形で行動できるようにした方がいいと思う、


  もっともこういうことをするためには、きちっとした契約システムが必要になるし、この制度を作るのはかなり大変かもしれない、

  しかし党を簡単に統一することができるわけだから、政治的な自由度が高くなり、色々なメリットが生まれる、


  今までは政治的な協力ができなかったが、それは意見の統一が政治的に重要で、統一されたものが政党であるべしという、考えで行われていたからである、

  しかし逆にいえば、別々の意見の組織が合わさった団体で、政治的な行動をすることも可能なのだから、そういうシステムを組むことができれば、政治は政党に左右されづらくなる、


  まあこんなことができるかどうかは分からないが、小沢氏の党の苦労や、社民党の斜陽を考えると、

  そのような負担を大きな政党と擬似的に合併して、軽減できれば政治的な可能性は高くなると思う、


  政党によって理念が生まれるというのもありだが、大きな政治の枠組はある程度アバウトでも良いように思う、

  日本人は55年体制のような、イデオロギー政治が好きではあるが、そうではない可能性もあるような気はします、

  (一戸建て政党と、マンション政党みたいな違いですかね)


  後は、これから起こりそうなことを短めに書いてみると、アベの基地外は憲法改正をしようとしていますが、

  具体的にどうするかというとかなり難しく、やることを限定しなければいけません、


  アベの基地外が信じているカルト宗教の日本会議では、憲法改正を簡単なものから初めて、それを段々拡大していこうとしています、

  つまり最初は批判を浴びづらいものにして、少しずつ別のものに変える予定らしいです


  そのような形になった場合は、マスコミは政府の犬なので、社会に事実を伝える可能性はないでしょう、

  そのためどのような憲法案なのか議論がされることはなく、誰にも理解できないまま改正が進む可能性が高い、


  自民党の狙いはナチス的な独裁なので、ナチスは憲法などの法律の制度を利用して、独裁を行っていたので、

  同じ目的だとすると、ナチス的な憲法改正が行われると見ていい、


  それは一見わからないようになっていて、実際に改正されると国民を支配できるような、そういうものがだんだんと増えてくるだろう、

  それが極限まで来た時日本は破滅をするが、日本人は現実を見る能力がないので、自分が死ぬ番になるまでは、何も気づくことなく、気づいたら死んでいるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR