01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベ自民による違法選挙活動、崖の淵にある日本の民主主義、

//


    これは今日4つ目の文章です、


//

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

不在者投票のやり方

期日前投票のやり方


    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、今日は非常に重要な一日になりそうですが、選挙に行ける方はいったほうがよく、多分行かないと長い間後悔をするでしょう、

  それは行くことが正しいのではなく、行かないとかなりまずい選挙になっているからで、日本が北朝鮮になるかどうかの、分岐点が今回の選挙だからです、


  それで今のところ話題になっているものとしては、アベのアホな宣伝があるようだ、

  そもそも投票日は投票の呼びかけはできなくなっており、特定の政党に投票してくださいをはいえない、


  それは政治家もそうだし、一般的な国民にも制限がある、


  (もっとも投票を促すような行為や、政治批判はOKなので、一般的な政治論はしても問題はない、

  制限を受けるのは、特定の候補者や政党の名前を出して、投票を呼びかけることだけである、)


  それが法律なのだけど、どういうわけかアベのバカは、ネット広告を大規模に出しており、新聞でも大量の広告を出していた、

  これは明らかに犯罪行為であるが、どういうわけか通っていた、


  法的にいえばこのようなことは違法であるが、処罰をするためには裁判をしなければいけない、

  その裁判の結果が出るまでには数年かかるので、それまでは処罰をすることができない、それをアベは利用しているようだ、


  ほんとまあアベの基地外はしょうもない屑だが、裁判で捕まるまでは合法だからと、選挙の法律を無視するのは気が狂っているというしかない、


  また東京の選挙区では、投票所にアベのポスターが大きく置いてあって、それがおかしいといわれていた、

  投票所に特定のポスターを置いておくなんて、完全に異常だがアベ自民は、法律を守る気がないのだろう、


  このようなな違法行為が蔓延しており、自民党は選挙の法律を守る気がまったくない、

  というかこれ不正選挙じゃないかと思うのだが、なんでこんな選挙になっているのか、意味不明なことである、


  野党は投票日にネットや新聞を使った広告ができず、自民党だけ大々的な広告をしていいならば、それは完全に違法選挙であろう、

  ムサシ云々という投票の陰謀論があるが、ムサシ陰謀論よりもこっちのほうが明らかに問題だろう、


  それに対してマスコミは、これは選挙向けの広告ではなく、一般的な政党の広告であるから違法ではないといっているが、
  
  これを受け入れるという時点で、こいつらも同罪だと考えるしかないだろう、


  しかしまあ投票日に自民党の広告が、すべての新聞で大々的に行われて、

  ネットでも非常に大きな広告が行われているのは、不正選挙以外の言い様がない状態にある、


  これを不正ではないというのは無理だから、自民党は日本の民主主義を潰す気しかない、異常者なのは確定したといえるでしょう、


  次に、今回の選挙ではマスコミは全く参議院の報道をせず、特にNHKは一日に1分程度しか放送しなかった、

  NHKというと、7時のニュースや9時のニュースと呼ばれるものをしているが、そこで参議院選挙の報道がされたことは一度もなかった、


  不思議な事だけど、選挙期間中一度も報道されることはなく、そんな選挙は存在しないという形で、マスコミは報道をしていた、

  こいつらアレよね、国民の金で経営している国営企業だよね、それが一切選挙報道しないとか、潰すしかないだろな、


  いまのNHKは完全に国政放送でしかなく、国民にために放送をする意思が一切ない、

  いうなれば北朝鮮の放送局と同じであり、日本人にとってはデメリットでしかないだろう、


  ファシズムというのはメディア支配から始まり、メディアの支配による民主主義の支配、そして民主主義の停止を行い、

  民主主義を停止した後は、メディアのプロパガンダと独裁体制の構築が行われる、


  このような流れがあるのだけど、今の段階はメディア支配が行われ、次に民主主義を支配して、それから民主主義を廃止する予定なのだろう、

  実は自民党の憲法改正案は、この民主主義の廃止を狙っており、ここを通り抜けてしまうと日本は終わってしまう、


  国家というのはそんなにしっかりしたものではなく、ちょっとしたことで簡単におかしくなる、

  隣の韓国でも時々独裁体制になるが、それはこのようなメディア支配からの、民主主義の停止で行われることが多い、


  だからいまのようにNHKが完全に国民に背を向けて、必要な情報を一切伝えなくなった時は、

  その後民主主義の停止をしてくると見てよく、そこを超えてしまうと国家制度は崩壊する、


  日本は今つぶれる寸前に来ていて、もう一歩進めば奈落の底へ落ちるだろう、


  自民党の憲法案では、婚姻維持の義務などということが書かれており、離婚をすれば憲法違反で処刑される可能性がある、

  離婚をしただけで処刑できる憲法になった時に、日本がまともな国で存続できる可能性はない、


  上でも書いたように、まずメディアの支配を行い、その後民主主義の停止を行って、

  その後メディアと独裁による強権政治を行うのが、ファシズム的な方向性である、


  この強権政治とは上で書いた、自民党の憲法案が通れば簡単にできるもので、この憲法を認めれば、日本は北朝鮮のようになります、


  普通に考えればそんなことがあるのかと、思うでしょうが、

  婚姻維持の義務と書かれている憲法が成立した場合、それ以外にも国会に忠誠を誓う義務が、自民党の憲法案にはたくさん書かれています、


  そんな憲法に変わったら、国民への処罰は無制限に可能なるだろうし、そもそもこの自民党の憲法案では拷問を否定していません、

  ね?、これは独裁になるでしょ?、自民党の憲法案が通れば、少なくとも独裁は違法ではなくなります、


  そういう節目というか、日本の岐路に今いるのですが、もうすでに日本は平和な国ではなく、北朝鮮もしくは独裁の強い時期の東南アジアや韓国中国あたりの体制に、だんだんと移動しつつあります、


  ここで踏みとどまらなければ、経済も社会も崩壊をして、人間が人間らしく生きられる社会は終わります、


  いつの間にか日本は地獄の淵まで来ていて、思った以上に危ない所にいます、

  だって自民党だけ日本のすべての新聞に、投票日に広告を出して問題がないとなっている、


  これは広告受けた新聞社が合法だと判断しているわけで、新聞社は違法性を感じていても、その広告を受けたのだから、

  実質的に日本の新聞社は自民党の広告媒体であることを、明言したことになる、


  NHKは参議院選挙の報道をほぼすることがなく、投票日の前の日でも一日に1分程度しか伝えていない、

  しかもそれは都知事選のついでに伝えた程度で、参議院選挙として情報を伝えたわけではない、


  こうしてみればわかるけど、日本のメディアは犯罪性があっても、自民党の言うことならば何でも聞くようになっている、

  それはどんな犯罪行為でも、日本のメディアは自民党には協力をするという、関係が構築されていることを表している、


  これは自民党によるメディア支配の完成があると見ていい、


  その上で民主主義の停止をどうするかが今回の選挙であり、自民党が潰そうとしている民主主義システムを維持するかどうか、

  今回投票に行かないということは、民主主義の停止を容認することになり、大きなリスクを背負う、


  マスコミが政府の広告でしかない日本では、社会を変えるには民主主義システムを利用するしかない、

  それがもし日本人にできないならば、その先に独裁しか残っていないことは、明確に理解しておくべきでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR