01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

憲法改正でグチャグチャになる日本経済、選挙に行く意味について、

//


    これは今日1つ目の文章です、


//

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

不在者投票のやり方

期日前投票のやり方


    どうもこんにちは、


  今日も政治的なことを書いてみると、そういえばマスコミは三分の二がとれるかも、という選挙結果の予想を出している、

  ただしその予想では無所属の人も含めており、そういう人を除けば三分の二は取れない事にもなる、


  現状だと数人の差で三分の二になるかどうかが決まるので、細かく選挙で勝っていくことが重要になっている、

  ただし自民党が憲法改正に進んでも、それほどは単純ではない事情もある、


  ます憲法改正は非常に強い批判を浴びるので、国会での議論が殆どできなうなるだろう、

  そうなれば国会は事実上停滞し、政治活動はまったく行われなくなる、

  憲法改正の手続きは数年はかかるので、その何年かの間国会では与野党が議論をしない状況が続き、非常に厄介な状況が来ることになる、


  そうなれば日本はどんどんおかしくなっていくから、日本という国が歪んで行ったり、だめになる方向性が加速することになるだろう、


  これは専門家も指摘していることだが、自民党の軍事的な方向性は日本をダメにしているといえる、

  自民党は軍事や憲法論に時間を使って、それ以外のことについては国会では議論をしていない、

  その影響で予算がゆがんできたり、まともな政策が行われないことが増えている、


  そういう傾向があるようだが、もしこれから改憲議論が行われたとするならば、想像を絶するレベルで、国会の対立が強くなることだろう、

  そうなれば数年は国会が機能することがなく、滅茶苦茶な世の中になる可能性が高い、


  そのようなリスクがアベの憲法論には存在しており、自分は関係ないと思っている人にも、何らかの経済損失は発生すると見ていい、

  それでもアベマンセーというのならばいいが、多分殆どの人は知らないだけだと思うので、気づいてくれればと思います、


  次に、選挙の予測を私になりにやってみると、今回の選挙で重要になるのは投票率で、これが60%になれば無条件で野党が勝ちます、

  逆に50%を割るとどうしようもなくなるので、投票率をどうするかが重要になります、


  結局これだけなのですが、ではどのくらいの投票率になるのかというと、マスコミの予想では50%を割るといっています、

  たしかに今回の選挙ではテレビは一切選挙報道をせず、新聞も積極的には報道をしていませんでした、


  私の見る限り選挙報道をしたテレビはほぼなく、NHKに関しては選挙があること自体報道をしないという、異常なことをしていました、
 
  その影響で投票率が下がるのでは、という意見もありますけど、どうなのかはわかりません、


  今は期日前投票が広がっており、かなり多くの人が期日前投票にいっています、

  その中には公明党の団体さんも含まれているので、実際にはどの程度の人が投票をしているのかはわかりません、

  しかし10%以上の期日前投票があるということは、それなりに投票はされているのでしょう、


  そしてここからなのですが、当日の投票率がどの程度になるかというと、色々見た感じだと50%前後ではないかと思います、

  マスコミは当日の投票率が40%以下になるといっていますが、そこまでは下がらないじゃないかと、


  今回の選挙はテレビでは一切報道されていませんが、新聞はだいたい毎日報道をしていますし、

  週刊誌なども盛んに報道をしていたので、ある程度は認知されているでしょう、


  町中には投票を促す看板もありますから、参議院選挙について知っている人は多いはず、

  もっともどのようなことが重要なのかは知らないだろうから、それが原因で投票しない可能性はありますが、


  私の予想は50~60%の投票率になるのではと考えており、マスコミの予想は低すぎると判断しています、

  確かに当日の投票率は下がるかもしれませんが、今は期日前投票で10%投票率が上がるのだから、ある以上は下がりづらい、


  それを考えると、50~60%くらいではないかと考えるのだけど、後は当日の天気とか、そういうものが大きな影響を与えるでしょう、

  
  当日の天気は台風の影響で曇りがちですが、日曜日はそれほどは悪く無いらしい、

  九州の辺りは雨になるけど、それ以外の地域は曇り程度で済むようだ、

  あまり暑すぎても投票に来る人は減るだろうから、その辺りがどうなるかですが、


  今回の選挙はマスコミが一切報道しなかったので、確かに情報不足の面はあるが、それでもある以上は投票率は下がらないのでは、と考えています、

  新聞や週刊誌は報道していることが多いですし、情勢的に見ると野党が勝てる可能性もあるので、以前の衆議院選挙よりは興味をもつはず、

  
  前回の衆議院選挙でもマスコミはまともな報道をしなかったけど、その衆議院選挙よりはまともな状況だから、多少はましになるとすると、そこそこ行けそうだけど、正確なところはわかりません、


  後は、ではもう遅いけど投票について書いてみますか、今回の選挙では期日前投票が可能で、簡単に投票をすることができます、

  期日前投票は投票日が近づくと、投票できる所が増えるため、今の状況だと簡単にできます、


  私の住んでいるところでも、デパートで出来るようになっていますから、そこそこ大きな街ならば、そのような場所で投票できることが多いです、


  投票をするときは郵送でもらった紙がいりますけど、身分証明書でも投票はできます、

  投票をするときは最初に宣誓書を書き、そこでなぜ期日前投票をするのかの理由を説明します、


  以前はこの時に複雑な手続きが必要だったのですが、今は単純に理由の所に丸をつければいいだけです、

  例えば旅行でという理由ならば、そこに丸をつければ投票ができます、

  
  実際はそんな理由がなくてもかまわないので、なにか適当に丸をつけておけばいいのですが、

  できれば旅行とか買い物のほうが、色々面倒になりづらいのでやりやすいです、


  期日前投票が出来るところは、ネットで調べると簡単にわかり、また投票をする紙の裏にも場所が書いてあります、

  多くは簡単に行ける所になっているので、そういうところで投票をするといいでしょう、


  投票日は日曜日ですから、たまの休みにいろいろしたい人もいるだろうし、正直なところ投票日に投票するよりも、期日前投票をするほうが数倍メリットがあります、

  そのような便利な投票方法がありますが、もう一つ不在者投票というのもあります、


  これは、、私もよくは知らないのですが、実は上の方にリンクを張っているので、そこから見ていただければと思います、


  選挙はいったほうがよく、投票はしたほうが得になります、

  これはアメリカのサンダース候補がいっていたのですが、投票に行かない人は貧乏だ、そして投票に行かないからより貧乏になる、ということをいっていたんですね、

 
  それは今の日本も同じで、金持ちは必ず投票にいって、自分の票が有利に働くようにしています、

  それに対してお金のない人は、選挙に行っても無駄だといって、多くの人が投票に行きません、


  今でも自民党に投票している人は、国民の二割くらいですが、そういう二割の人は、自民党政治の恩恵を受けて、豊かに暮らしています、

  それに対して残りの8割は投票に行かないので、政治的に不利になりやすく、それが大きな損失になっています、


  今は戦後ではないので、経済によって人生が良くなったり、社会が改善するというはありません、

  ある意味ゼロサム的な社会なので、自分の権利を主張して、有利になるように動かないと損をし続けることになります、


  今の世の中では我慢は問題を生みやすく、実際我慢をしている人だけが損をする社会になっています、

  アベや大阪コスプレ市長が、我慢をしているのを見たことがありますか、一度もないでしょ?、だから連中は好き勝手にできるわけです、


  こういうアホの真似をする必要はないけれど、投票に行くことは自分の人生を良くするので、必ず投票はした方がいいです、

  もし自分の人生がおかしかったり、変な生き方をしているならば、今まで投票をしてきたかと考えるといいです、


  殆どの場合、そういう人は投票をしていないことが多いですから、その点を改善しないと、人生が良くなることはないでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR