01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

邪魔になってきた大阪維新、アベがすった年金10兆円、これからの政治について、

//


    これは今日1つ目の文章です、


//

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

不在者投票のやり方

期日前投票のやり方

    どうもこんにちは、


  そういえば本来今は梅雨の季節ですが、やたらと暑いのでそういう気がしません、

  昔の梅雨はずっと雨が降っていたイメージがありますが、今は砂漠に降るスコール的な、暑い日の谷間の雨くらいにしか感じないです、


  それはともかく書いてみると、今回の参議院選挙ではいろいろな要素がありますが、ここに来て大きくなっているのが大阪維新の存在です、


  この勢力は大阪以外では大して強くないのだけど、大阪である程度議席がとれるのではといわれています、

  その影響で野党議席が減る可能性があり、なんとしてもこの勢力を減らす必要があります、


  またもう一つ問題点も存在しており、それはこの勢力がとる比例票がそれなりにあることです、

  以前の維新の会は1000万以上の比例票をとっており、民主党の比例票の多くをかっさらいました、

  
  その影響で非常に大きな組織になったのですが、今回は700万くらいの得票ではといわれています、

  それでも小さな組織としては大きめですが、700万だと6人位当選できる、


  その分野党の得票が減るので、厄介な相手にはなりますが、ただ以前に比べると得票は小さくなっています、

  それでも三分の二を防ぐためには、この700万の得票でもかなり厄介なので、野党も頑張らないといけないようです、


  大阪維新の党は基本的に軍国主義政党であり、戦前の軍国主義に戻すことを目的にしています、

  ミニナチスみたいなところで、この政党の人は核攻撃を容認していたり、軍服を着て選挙活動をしています、


  そんな人達がまともな人なわけはないのですが、大阪の人は政治に興味が無いので、こんな人でも評価をしてしまうのでしょう、

  
  大阪維新の会はコスプレ市長が作ったところであり、大阪で非常に強い影響力を持っています、

  そのため大阪や神戸のような複数の選挙区では、野党候補にとって脅威のある存在になっています、


  東京では田中康夫氏が出ていますが、この人物はなぜ大阪維新からでたのか、よく分からない所があります、

  田中康夫氏はリベラル色が強く、憲法改正にも反対をしています、

  そういう人がなぜ出たのかは不明ですが、足場として利用したかった程度の理由なのでしょう、


  そんな所があるのだけど、今回の選挙は非常に微妙なところにいて、どうなるか分からない所があります、

  そのためこのような組織の動きも大きな影響を与えていて、特に複数の当選者がいるところだと、色々厄介になっています、


  とはいえこれを倒さなければ対応ができないので、大阪維新の会が活動しているところでは、投票をするときによく考える必要がありそうです、


  次に、最近聞いた話では、アベの年金運用では10兆以上の損失が出ており、非常に大きな問題になっているらしい、

  アベの年金運用では株に大量の金を入れたが、その時に国内の株だけではなく、海外の株にも大量の資金を使っていた、


  その両方で大きな損失が発生しており、海外の株の損失も国内並にあるようだ、その影響で10兆の損失が発生している、


  今の日本の年金は支払う金よりも、支出する金が増えてきているため、積立金が成立しなくなっている、

  そのためこのようなところで効率のよい運用をしないと、すぐに年金支給額の減額が行われる、


  つまりこの10兆という損失は、それだけ損をしたという問題ではなく、制度破綻の可能性があるという意味も持っている、


  よくアベ信者は今までの運用益があるから、株の損失は問題がないというが、実際にはそういうものではない、

  今の年金制度は最初から破綻をしているものであり、その破綻を防ぐために運用が必要なのだから、運用益が上がらなければ年金制度は崩壊する、


  そう考えて見れば分かるが、アベは日本の年金制度を崩壊させてしまった可能性があり、今リタイアした世代の老後はもう存在しないかもしれない、


  日本の年金制度の資金は株に投入されているが、そこには外国のファンド関係者が深く関わっているといわれる、

  そのため外国のファンドがに年金資金の購入に先回りをして株を買い、年金機構が株を買った後で売るという、荒稼ぎをしているのではないかという疑惑がある、


  もしそういうことをしていたのならば、アベは年金資金を外国のファンドに売り渡していたことになり、

  その見返りに金をもらっていた可能性が存在する、


  このようにアベによる年金の運用はめちゃくちゃで、非常に害の大きいものだから、

  今の体制が続けば、十年以内に年金制度は崩壊をし始めるでしょう、


  後は、今回の選挙の結果がどうなるか書いてみると、

  といってもそんな真剣なものではないのですが、今の傾向からの判断だと、多分かなりややこしいことになるでしょう、


  今の状況では野党がそれなりに勝っており、三分の二を防げる可能性があります、

  ただしかなり微妙なところにあるため、その方向性がうまくいかないかもしれません、


  例えば大阪維新の会の田中康夫のように、憲法改正に反対している人物も、与党の中にはいます、

  自民党と公明党は憲法改正万歳だろうけど、大阪維新はごった煮政党なので、必ずしも協力するとは限りません、


  そうなった場合に非常にややこしくなるのですが、そういう所に今の選挙情勢はあります、


  ではこのような形を変えるためにはどうすればいいかというと、一番簡単なのは知り合いを誘って選挙に行くことです、

  今回の選挙は投票率によって結果が変わりやすく、投票率が高いほど野党が有利になります、


  そういう所がありますから、このような不安定な政治情勢を望まないならば、投票に行こうと周囲を誘うことが効果的です、

  別に投票先はどこでもいいので、投票率を上げていけば政治的な流れがはっきりし、奇妙な政治情勢にならずにすみます、


  これからの政治はかなり複雑なものになりやすく、非常に大きなリスクを背負う可能性も出ています、

  そのような問題が発生するのは投票率が低いからで、組織票のような特定の人の意見が大きく出ることが、日本の政治を歪めています、


  ですから投票率を上げていくことが大事で、そのためには周囲の人を誘って投票に行くべきでしょう、

  最近は期日前投票もしやすいですから、時間のある時に知り合いを投票に誘えば、これから来そうな不安定な政治を避けることができます、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR