03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

アベノミクスで日本人が失ったもの、自民党の広報でしかなかったマスコミ、

//


    これは今日1つ目の文章です、


//

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

不在者投票のやり方

期日前投票のやり方


    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、そういえば参議院選挙ですが、今回の選挙のテーマはわかりづらいといわれています、

  なぜそうなのか、テレビが一切参議院選挙について報道していないからで、その影響でわかりづらくなっています、


  テレビだと今回の選挙はわかりづらいとか、そんな世論調査をしているようだが、それはこいつらが原因です、

  それを他人事のようにいうから、マスコミは頭がオカシイのですが、


  というわけで、今回の選挙で必要になる情報を書いてみると、ますアベのやつがよくいうアベノミクスというものは、完全に失敗しています、

  こいつがやろうとしていた、金融緩和によるインフレは不可能になっており、日銀のやっていた金融緩和は、まったく効果が出ないまま元に戻りました、


  今の日本は自民党の金融緩和以前の状態に戻っていて、奴のやっていた経済政策が、何の結果も生まず、何も出来なかったことが証明されています、


  次に株価の上昇ですけど、確かに自民党の政策によって株価は上がりましたが、その分国民の所得は下がることになりました、

  なぜ株価が上がると国民の所得が減るのかというと、それにはインフレが強く関係しています、


  インフレとは通貨の価値を下げることをいい、民主党の頃は100円を切っていた日本の通貨が、自民党になって120円にまで下落しました、

  その影響で通貨の価値が三分の二程度になったため、通貨価値が下がった分株価の上昇が起こっています、


  しかし同時に通貨価値が三分の二になったわけですから、国民の所得も実質的には三分の二になっています、

  それに対してアベのアホは、日本人は円で給料をもらっているのだから、収入が減るようなことはないと行っていますが、それは事実ではありません、

  
  確かに日本人は円で給料をもらっていますけど、日本で販売されている商品の多くが、外国て作られている点を考えると、通貨が安くなったことの影響は強くあります、

  このアベの馬鹿は、給料をもらうところだけを考えていて、それを使うことを一切想像していませんでした、


  アベは能なしのアホなので、給料はもらった後一切使わないのだ、と考えていらしいですけど、

  普通は給料を貰えば、ある程度は使うことになります、


  アベのせいで、日本の通貨価値が三分の二になれば、購入できる商品も三分の二になってしまいます、

  銀行に預けている預金も、実質的には三分の二になるわけですから、国民の所得と資産は大幅に減ることになります、


  金融的な要素の強い経済は、相対的な関係が強くなり、こうすればこうなるという、単純な一本道の理論が成立しなくなります、

  そのため株価が上がると国民の所得が下がるという、あべこべになる問題が普通に発生します、


  今の日本経済は、株価の上昇のために国民の資産が減らされ、給料のうちの3割程度がなくなっている状態にあります、

  多くの人が生活が苦しいと感じているのは、アベが通貨価値を大幅に下げたことが原因で、アベが諸悪の根源です、


  その代わり、金融投資をしていた人にとっては、アベのやった株高は利益を生んでいて、そのような人にとってはメリットがあります、


  アベのやった経済政策はなにかといえば、具体性のある政策は一つもないので、こいつのやったことで唯一あるのは金融緩和による、日本通貨の下落のみです、

  その影響で国民の所得や現金の預金は、三分の二程度に減少をして、株価はその減った分だけ上昇をしました、


  ものすごくドライな経済状況が今はあり、誰かの利益は誰かの損失になる、そのような形が起こっています、

  だからアベノミクスは俺のところには来ないと、いう意見がよくありましたが、

  正確にはアベノミクスによって金をむしり取られたので、自分のところは損しかしていないが、正しい見かたです、


  今の経済は戦後のような拡大をするものではありません、そのため誰かの利益は自分の損失になる、そのような環境にあります、

  ですからアベノミクスは特定の人にだけ利益を与え、それ以外の人々には損失しか発生させない、不十分なものになっています、


  このような問題を選挙をするときは考えた方がよく、自分にとって損でしかない、アベの政策を評価するべきか、そのようなことを想像することが大事でです、


  次に、選挙に対するメディアの報道を見てみると、今回の選挙ではテレビは一度も、まともな報道をすることはありませんでした、

  NHKに至っては、投票日に一切の報道をする気がなく、どうやら参議院選挙をスルーするらしいです、


  さすが国政放送ということで、国家に都合がわるい時は民主主義でも無視をする、人間のゴミの鏡といえますが、


  そんなゴミマスコミが報道していたことで、ひとつ気になったことがあります、

  それはマスコミが低投票率だと行っていたのが、実は自民党の意見だった点です、


  以前からマスコミは今回の選挙は投票率が低く、以前の衆議院背居よりも低い、40%台になるといっていました、

  その点については以前書いたことがありますが、正直なところ今回の選挙の投票率が40%を下回るとは考えづらく、怪しいと思っていました、


  そうしたら、どうやらこの50%を割るというのは、自民党の選挙予想のデータで、マスコミが調べたものではなかったようです、


  最近マスコミは、自民党が投票率が40%になるといっていて、それで自分らは選挙に勝てると判断していると、報道していました、

  しかしこの低投票率の報道をしていたのは、もともとマスコミ自身であり、それを自民党だけが言っていたかのようにいうのは、不自然だというしかないです、


  以前の衆議院選挙はかなり特殊な事情があったから、低投票率になっただけで、あのような低い投票率になるのはかなり難しいです、

  それなのにマスコミはその投票率よりも低くなるといい、極めて不自然は報道をしていました、


  それが蓋を開けてみると、ただ単に自民党がそういっていた話を書いていただけで、マスコミ自身が考えていたわけではないことが、ばれました、
  
  まさかマスコミの選挙情報が、自民党の願望に沿った予想を、そのまま情報を流しているとは思わなかったけど、そんなことをしていたんですね、


  最初の世論調査のサンプルの一致といい、今回の選挙報道ではマスコミは完全に自民党の広報部隊になっていて、国民に情報を与える気がないらしい、

  そんなゴミなんてさっさと潰せばいいのだが、日本人は危機意識がないので対応をしないでしょう、


  アベは嘘つきであり詐欺師だが、それが今まで残ることが出来たのは、マスコミも嘘つきであり詐欺師だったからだ、

  そのようなインチキで選挙報道をしていたようだけど、日本人はそろそろマスコミを切るかどうか、判断しなければいけないところに来ていると思います、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR