01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベ年金詐欺のからくり、自民党の憲法改正の意味とは

//


  これは今日1つ目の文章です


//

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、最近の話題としてはアベが消した年金資金の問題がある、

  アベのバカは株価の上昇しか取り柄がないので、去年多少株価が下がってきた時に、年金資金の2割程度を株に投入している、

  
  その結果一時的に株価は上昇をしたのだが、その後年が変って円高傾向が始まり、それによって大きな損失が発生することになった、

  それに対してアベのバカは、年金の運用益は出ているのだから、円高株安による損失は小さいといっているが、それは半分はウソである、

  
  まあ本質的には全て嘘なのだが、このバカの言っていることで正しいのは、たしかに株の運用益そのものは出ているということだ、

  なぜそうなっているのかというと、以前の民主党の頃は株価が安く、一万円を割る時期が多くあった、

    
  その時に買った株はいま倍近い価値を持っており、配当も安い時に買っているので、非常に条件の良いものになっている、

  そういう影響で運用益は出ているのだけど、それは前の政権で買った時の株の話であり、アベとは直接関係がない、


  アベの問題としてあるのは、株の上昇が起こっている段階で、株を買ってしまったことで、これが非常に大きな問題になっている、

  アベが株を買ったのは平均株価が、二万円の手前辺りにいるところで、かなり株が高い状態で買っている、


  そのためアベが買った株で利益を得るためには、株価がもう一度二万円を超えるなどの、大幅な上昇が必要になる、

  しかしそれは現実的ではないため、アベの投入した株は全て赤字になると見ていい、


  そしてアベが投入した株は非常に数が多く、年金資金の2割弱程度を入れていたようだ、

  今までもそれなりに株には年金資金を入れていたが、それを倍増する形で投入したため、今までの株による利益を相殺している、


  今このまま日本の株が数千円下落をすれば、株の運用利益のすべてが消えてしまう、環境にある、


  アベが間抜けで能無しなのは、年金の資金を株に投入していなければ、年金資金と株の問題を問われることなかったことだ、

  今の株の多くは株価が安い時に買ったものなのだから、今のように株が高い状態であれば、基本的には利益をえることができる、


  つまりそれだけにしておけば、いいアピールポイントになったのだけど、こいつは馬鹿なので、すでに株に投入している資金を同じくらいのお金を、新しく株に投入してそれが大きな損失になってしまった、


  もしこのまま日本の株が一万円を割るようになれば、民主党の頃に買っていた株の旨味も小さくなり、

  そこにアベのバカが買った株の損失だけが発生するという、異常な事態になってしまうだろう、


  たしかにアベには運のよさは感じるが、所詮は能なしのゴミであるので、具体的に何かをする能力はなく、

  株が一番高い時に年金の資金を投入するようなアホには、経済を語る資格はないでしょう、


  次に、ではアベのアホがよくいっている憲法の話を書いてみると、アベの奴はよく憲法改正は自民党の理念というが、実はそのような意味は持っていない、

  確かに自民党には憲法改正をする考えは持っているが、それは別に自民党の理念でも何でもなく、一部の勢力の考えにすぎない、


  またそういう勢力に関しても、大幅な改正を狙っていたわけではなく、微調整をする程度の改正を望んでいたのが実情だ、

  それでをこのクズアベは、自民党が昔から憲法の大幅改正をしたいと、考えていたかのように発言しているが、そんな事実は存在しない、
  

  そもそも憲法というものは大幅に改正をするものではなく、小規模の改正をするのが一般的だ、

  海外でも憲法の改正はするが、小さな部分的変更が多く、憲法の本質を改正した先進国はない、


  そのようなものを本来は憲法改正というのだが、アベのやろうとしているのは根本改正であり、ある意味においては現行憲法の廃止を目指している、


  日本の憲法は国民主権、基本的人権、平和主義を考えているが、今の自民党の憲法案にはそれが存在しない、

  自民党の憲法案では、人権は国家に協力した場合に与えられるものであり、主権は国家や政治家が持つべきで、戦争をすることは悪いことではないと書かれている、


  このような変化は小規模な修正とはいえないため、実質的に現行憲法の廃止を狙っているのは明確だろう、


  以前の自民党の憲法案は、憲法9条の陸海空軍を持てない規定を変えるような、小さな規模の改正をするものだったが、

  今の自民党の改正案は、中国や北朝鮮を目指すような、かなり極端なものになっている、


  自民党の憲法案で一番問題になるのが、立憲主義の真逆に進んでいることで、これが大きな問題だといわれている、

  立憲主義というのは、わかりやすくいえば法治国家体制という意味であって、法律が国家をコントロールする制度のことをいう、


  中世の頃は王様が国を支配していたが、そうではなく法律が社会を支配することによって、安定化を目指すのが立憲主義である、

  今の自民党の憲法案は、昔の王政のような制度を目指しており、法律による国家の支配ではなく、自民党やその関係者か日本を支配する形に、憲法を変えようとしている、


  本来憲法は政治家などの国家権力者を縛るものであるが、今の自民党の憲法案にはそのようなものは存在せず、あるのは国民に国家への義務を強制させる内容だけである、


  つまり今までは国民が主権で、政府に意見をいって社会を修正させていたのが、

  今の自民党の憲法案では、社会問題は全て国民のせいであり、その負担を政府が強いる制度に変えようとしている、


  当然このようなものが通ってしまえば、日本は崩壊をしてしまうことになるが、残念ながら日本人の多くは、この危険性に気づいていない、


  今の自民党は昔の自民党とは違う、名前が似ているだけの組織である、

  であるから以前の自民党のやろうとしていた憲法改正と、今のアベ自民がやろうとしていることには、実はまったく関係がない、


  以前の憲法改正案は、憲法の極端な部分を修正するもので、本質的なところは変更をしないものだった、

  それがアベのやろうとしているのは、人権を無視して国民主権をやめる、非常に危険なことをしている、


  このような変更は先進国では行われたことがないため、正直なところ憲法改正をしたあとで、日本という国がまともに残っているか、わからないほど大きな変化が生まれることになる、


  アベのアホがやろうとしている憲法では、国民には義務のみが発生するようになっており、権利はその殆どが剥奪されるようになっている、

  その代わりに政治家には強い権限をもたせるようにしているので、国民は自民党議員に何をされても逆らえなくなる、


  そんな北朝鮮みたいな国を目指しているのが、基地外アベ自民であり、この国を滅ぼそうとしている害悪だといっていい、

  こういう点はマスコミがちゃんと説明をすればいいのだが、所詮連中は政府の犬なので、日本が崩壊するその直前まで、国民事実を伝えることはないでしょう、戦前のようにね、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR