01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

本質的に間違っているマスコミの選挙予測、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、最近の話題としてあるのはマスコミの世論調査があるね、いつものインチキ調査ではあるが、くだないことばかり繰り返す連中である、


  こいつらの狙いは自民党を勝たせることだから、本来日本のマスコミに世論調査をする資格はない、

  政府広報でしか無いテレビと新聞が調査をしたところで、偏るしかないのだから殆ど意味はないのだが、


  日本のマスコミの世論調査で間違っているのは、こいつらの選挙に対する根本的な考え方だ、

  マスコミの調査では統計学的な方法を使うけど、実は日本の選挙ではこのようなやり方は成立しない、


  統計学というのは単純に物を数えるための学問で、昔はギャンブル等でよく使われていたものだ、

  ギャンブルは確率の計算が重要だから、そういう方面が元になって統計学が生まれた経緯がある、


  それはいいのだけど、この学問は単純に石を数えるような、そんなことをするためのものである、

  例えばAとBとCの石があったとして、それが混ざった砂利の山があったとする、


  この時に砂利の山の中のそれぞれの石の比率を調べたい時は、正確にやりたいならばすべての石を調べることになる、

  しかしそのような方法は簡単ではないので、石の比率を調べたいときは、その砂利の山の一部を取り出して調べることになる、


  砂利の山の一部を取り出して、そこに含まれているそれぞれの石の種類の比率を調べれば、その砂利の山の石の比率も把握することができる、


  統計学というのは、確率の限界を考えるものでもあるので、物事はある程度の確率の中にあるとしている、


  そしてその確率の中に入っているのだから、砂利の山の石の比率も、砂利の山から出した一部の石の比率も、同じようなものになると判断をする、

  そうやって調べることができるので、非常に数の多いものを細かく調べる必要がなく、一部を取り出すだけですむようになっている、


  そして世論調査もこのシステムを使っており、そのため実はマスコミの選挙予測は意味が無いものになっている、

  なぜかというと、以前も書いた覚えがあるのだが、今の選挙は組織票対浮動票という関係になっており、かなり特殊な性質を持っている、


  上でも書いたように、統計学というのはバラバラにになったものから、その構成が同じであると考えて一部を取り出した時に、そのデータを拡大できると考える見方である、

  そういう所があるので、対象に偏りがあるばあいは、その一部を取り出した時にデータがおかしくなりやすく、正確な情報を得られないことになりやすい、


  今の選挙は自民党の20%くらいの組織票と、野党の(組織票+浮動票)で戦うものになっており、自民党の得票は選挙前にじつは決まっている、

  与党の得票は基本的に変化をしたことがないので、増えることはなく多少減ることがあるくらいで、そういう性質を持っている、


  そのような性質を持った得票は、ランダムになった人が投票するものではないから、統計的なデータとして利用することができない

  例えば特定の組織票の人が強くでてくれば、その影響で統計的なデータがかたよることになる、


  マスコミが想定している選挙とは、国民には特にしがらみがなく、全員が自由意志で投票をしており、その結果選挙が行われると考えている、

  たしかにこのようなバラバラの形ならば、統計的な方法には効果がある、

  しかし自民党のような組織票しか得票がない組織が混ざると、この統計的な方法は使えなくなる、


  今の選挙を決めているのはほぼ100%投票率であり、国民の支持政党はまったく関係がない、

  自民党は組織票以外の得票が殆どないので、自民党が勝つか野党が勝つか決めるのは、投票率しかない、


  投票率が高ければ組織票しかない自民党は負け、投票率が低ければ浮動票を重視する野党は負ける、

  以前の政権交代も非常に高い投票率だったから勝てたのであり、民主党が選挙に強かったというよりは、投票率が高かったという方が意味が強くある、

  
  そう考えると今の状態で選挙予測をするならば、投票率がどうなるかと考えることが第一であり、支持政党によって投票結果を予測する方法は、間違いだといえる、

  なぜなら今の選挙は組織票と浮動票が戦うだけのものであり、それ以外の形で選挙が行われないからである、


  この環境でどのような選挙予測をするべきかというと、正確にやりたければ投票の動機などを、多くの人を対象に調べることになるだろう、

  メディアの調査だと多くの人が投票に行くとはいうが、実際に投票に行く人はそれほど多くはいない、


  そう考えると本当に投票に行くのか、細かく話を聞いて調べたほうがよく、確実に投票に行く人の人数を割り出すことが、選挙予測としては一番正しいといえる、


  投票に行くかどうかはランダム性が高く、このようなものに対しては統計学は効果がある、

  だから支持政党で選挙予測をするのは間違いだが、投票に行く人の傾向から、予測をするのは正しい判断だといえる、


  今までのデータから見て、投票率と与野党の勝敗はある程度関係があり、そういう形で調査をすることこそが、選挙結果の予測になるだろう、

  そして投票率によって議席がどうなるか国民にしらせれば、選挙に行こうという人も増えるのだから、一石二鳥である、


  現状のマスコミがやっている選挙予測は、実際には自民党を勝たせるためのプロパガンダにしかなっていない、

  今マスコミが、やっているような調査をすれば自民党が有利に出やすく、それを盛んに報道すれば投票率を下げることができる、


  今までの選挙を見てみると分かるのだが、投票率が低いから野党が負けたというものが多く、

  そのような形になったのは、マスコミは選挙結果を盛んに報道して、国民が投票に行けないようにしたことが原因だ、


  以前の選挙でも投票率が高ければ、自民党が大敗していたケースは何度もあり、そのような変化が起こらなかったのは、テレビや新聞が選挙結果を何度も報道して、国民が選挙に行けないように圧力を加えていたからである、


  統計学的な手法論というのは、相手がランダムになっているものでないと使えず、偏りがある対象については、利用ができないものになっている、

  そして現状で偏りがないランダム性のあるものは投票率しかなく、それ以外の要素は偏りが強いので統計学は使えない、
   

  この問題は例えるならば、非常に大きな石と小さな石があって、それを同じ一個だとカウントした時に、それが占めている面積を比較するようなもので、最初から大きな塊になっているもののほうが、有利に映るのは当然である、


  それに比べると投票率については、与野党関係ないのだから組織票にも左右されづらく、投票率によって大体の投票結果が分かるのだから、そういう形で調べるほうが本来は正しい、


  もっとも政府の犬のマスコミがそんなことをするはずがなく、連中は事実ではない政党支持率を元にした調査によって、自民党が有利であると盛んに報道し、その結果投票率を下げて、自分の言ったっとおりにしようとする、


  しかしそれはマスコミによる民主主義の操作でしかなく、そのようなことをマスコミは悪意を持ってやっているようだが、この問題をクリアできなければ日本は滅びるでしょう、  


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR