01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

不信の広がるアベ自民、9条で批判をする民進党、民進党の憲法改正スタンス、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近はすごく暑いですね、30度を超えるのが普通になっていますけど、まだ梅雨らしいです、


  さすがにこれはもう梅雨じゃない気がするのですが、それはともかく書いてみると、そういえば最近は与党の勢いが悪いようだ、

  世論調査は政府の犬のマスコミがやるプロパガンダだが、それでも自民党の勢いが弱くなっている、


  アベに対する不支持も増えているようで、選挙前に暗雲が垂れ込めているようだ、

  そうなった理由としてあるのは、やはり自民党の政策が多くの人にとって、メリットがなかったことだろう、


  例えばアベ政権になって生活が苦しいという人は、国民の8割程度存在しており、その傾向は全く変わっていない、

  そもそもこいつの経済政策は、富を偏らせることによって、一部の金持ちを生み出して、そこだけをテレビで報道して、騙すという手口である、

  
  この方法は詐欺師の小泉の頃から続くもので、六本木ヒルズとかああいう擬似的に生み出した金持ちを、さも成功者であるかのように演出して、

  実際はそういう人をうむために、大量の貧困層を政治的に発生させて、富を偏らせていただけなのに、勝ち組負け組などといっていた、


  今もそうで、アベのやつはアベノミクスで国民の生活が良くなったといっているが、そんなものを感じている人はほぼいないわけで、

  特に高齢者の生活に関しては、かなり破綻し始めてきている、


  アベのやった経済政策は通貨価値の毀損を行い、日本の円の価値を非常に小さくして、その代わりに金融資産を増やすというペテンだった、

  その結果株などを持っていた人は儲かったが、現金しか持っていな人は非常に大きな損をしてしまった、


  そして高齢者は現金を重視する傾向があったから、年金資金も銀行の預金も、アベのせいで大幅に減ることになった、

  こいつは円の価値を三分の二程度に下げたので、日本人の現金の資産価値も三分の二に減ってしまった、


  そうなれば生活が破綻する人も増えるし、高齢者や若い人の貧困化も進む、

  アベ政権になってから、国民の無貯金の比率が非常に高くなっており、年齢に関係なく貯金ができなくなっている、


  それだけ生活がしづらくなっており、更に社会保障費の増加や増税などで、生活が苦しくなっている人が増えている、


  結局アベのやったことはこれだけなので、それを評価する声はないだから、アベのプロパガンダが効果を出さなければ、すぐに自民党への批判に繋がる、

  もっとも今のところ強い批判まではいっておらず、その手前辺りで止まっているところはある、


  マスコミは政府の犬だから、自民党の批判をすることはまずないし、最近では参議院選挙の報道をすることも、めったにない、

  選挙前に報道をしないというのは、日本のマスコミは何の仕事をしているのか、という気がしますが、


  それはともかく、参議院選挙前になって自民党の評価があまりパッとしない、

  大きく下がっているわけではないが、アベや自民党を批判する声が強くなっている、


  ただ十分な形にはなっていないので、そのあたりを国民や野党が押すことができれば、参議院選挙も変化を起こせるでしょう、


  次に、そういえばマスコミの世論調査で、なぜか民進党の評価が高くなっていた、

  民進党は最近できたところだから、認知度が低く世論調査では評価されることはなかった、


  それも含みでマスコミはよく世論調査を行い、民進党批判をしてアベから金をもらっていたわけだが、

  そういう図式が変わりつつあるようだ、


  このようになった原因としてあるのが、選挙の議題が憲法問題であることが、一般的にも知れ渡ったことがある、

  つまり今回の選挙は憲法改正を問うものであり、そうなった時に改正反対の民進党を評価する、という意見が出ているのだろう、


  この流れに関しては岡田がうまく対応していて、岡田は憲法問題を問うときに、いつも9条の改正をアベが狙っているという、

  単純に憲法改正をするかどうかではなくて、憲法9条の改正こそが今回の選挙の中心であり、軍事化を進めるかどうかが重要だという、


  しかし本来民進党も憲法改正の意見はあり、9条に関しても改正をする考えを持った人はいる、

  それを考えると岡田のいう、9条を否定する民進党というのは、多少ずれたところはある、


  そのようなところはあるのだが、ある程度大きく9条の問題と岡田が言うことによって、国民は今回の選挙が、憲法9条を改正する選挙だと認識をするようになっている、


  実はこういう図式を自民党は危険視しており、こいつらの考えではできれば憲法問題はスルーしたい、

  もしくはそれができなくても、曖昧な憲法改正論にしたいと考えているのだが、岡田はその点を上手く突いている、


  多分岡田は意図的に9条、9条と批判をすることによって、そのような自民党の逃げ道を塞ごうとしているのだろう、

  その結果アベも憲法改正を、選挙後にやるといわざるえなくなり、ある程度不利になっている、


  選挙戦略についてはいろいろいわれるが、ポイントを付いて攻撃をすることが重要だ、

  国民にとって憲法問題は遠い世界の話だけど、9条のことについては誰でも知っている、


  つまり今回の選挙は憲法9条改正に絞って、アピールをしたほうが上手く行きやすく、国民も興味をもつだろう、


  今までは憲法改正や9条の廃止といっても、あまりリアリティがなかったのだけど、

  安保法案が通って、憲法9条の改正が現実的になり、国民にとっても重要な話題になった、


  だから今回の選挙では、憲法9条を廃止して軍事化を進めるのか、そうではなく平和主義国家で在り続けるのか、そういう争点になれば野党は有利になるでしょう、


  後は、ついでなので誰も書かないだろうから、民進党の憲法改正に対するスタンスを書いてみると、

  民進党は憲法改正をする姿勢を持っており、憲法9条についても改正をする考えを持っています、


  といっても根本的に改善をするのではなく、微妙な調整をする程度の話ですが、

  例えば9条の陸海空の軍隊を持たない、という点を緩和して軍隊を持つことを認めるとか、そんなことをする予定らしい、


  このような変化をするが平和主義などの理念はそのまま残すので、根本的には変化をしないようだ、

  
  民進党の憲法改正では、昔の自民党がやろうとしていた、憲法改正のような穏やかなものを目指すらしい、

  今自民党は戦前のような軍事体制を目指すが、民進党は調整をするための憲法改正をする、
  

  もっとも民進党は憲法改正にはそれほど興味はなく、無理にやろうという考えは持っていない、

  与党の時も特に憲法改正をしようとはしていなかったから、あまり重要視はしていないのでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR