01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

舛添知事の進退問題、選挙で評価されつつある野党、アベの異常発言、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

(追記っぽい話、

どうやら舛添はやめるらしいので、今日書いたことの内容が変わってしまったのですが、一応そのままにしておこうと思います、

舛添がやめたのは多分参議院選挙が原因で、それによってやめることになったのでしょう、

特に最近は自民党や公明党と、舛添問題をリンクして報道することが増えてきたので、それによる不利益が気になった可能性があります、

とはいえこれからどのような形になるのかはわからないので、はっきりしませんが、

もし東京知事選挙が行われれば、国民は選挙に興味をもつので、投票率は上る可能性があります、

ついでに自民党と公明党が舛添を支援した、関係をアピールすることができれば、それなりにメリットがあるかもしれません、)



    どうもこんにちは、


  梅雨の時期はよく雨が降りますが、妙に暑い感じがしています、

  東南アジアだだとこんな感じじゃないかと思うのですが、日本も南国のようになってきました、


  それはともかく書いてみると、東京の舛添はどうやら辞めないようだな、何でも給料を全部返上するので続けたいといっている、

  個人的に全部返上するのならば、それでよいと思うけど、マスコミはそれでは困るようだ、


  マスコミはこの件について、どうすれば辞めてくれるのですか?、と質問をしているくらいで、最初から舛添をやめさせるために報道をしていたことがバレている、

  そのため給料を返上してもダメだと、メディアは報道を繰り返しており、その結果舛添は辞任させられるおそれがある、


  ただ舛添はやめる気はないため、このまま行くと議会の解散か、知事選が行われる可能性が高い、

  制度上知事が辞任決議を拒否した場合は、議会の解散をすることになっているので、このまま行くと東京都議選が行われる、


  またその時は舛添がもう一度立候補する可能性があり、そうなった場合に候補者をどうするかが難しくなる、

  舛添は自民党と公明党の候補者であるから、それが無関係に立候補すれば、自民党と公明党の候補者の投票が減る、


  なんだかんだいって、舛添に対する支持はある程度はあるから、選挙で勝てるかどうかはわからないが、ある程度の得票をすることは可能だろう、

  そうなった場合は自民党は舛添に足を引っ張られるので、選挙に勝つことができなくなる、


  自民党が想定している次の候補者は、大阪のコスプレ市長だといわれている、

  あんなアホが来たら東京は崩壊をすることになるが、次はコスプレ市長と舛添の戦いになるかもしれない、


  そして野党側は統一候補を出すことになるから、案外野党の候補者が勝つかもしれない、


  そんな流れがあるようだけど、今回の件はマスコミによる意図的にな叩きであり、プロパガンダ的な意味を持った話である、

  私はそれを参議院選挙の争点隠しだと思っているが、何らかの思惑があってマスコミはインチキをしているのだろう、


  そうでなければ明らかに犯罪をしている甘利を放置するはずがなく、マスコミの行動は異常だというしかあるまい、


  そんな所があるので、このまま行くと東京では議会の解散と、舛添の再選挙が行われるかもしれない、

  舛添がそこで勝てるかはわからないが、少なくとも自民党の候補者の脚は引っ張るだろう、


  そして野党の統一候補が出れば、知事選挙に勝つことができるし、ついでに都議会選挙でも勝つことができれば、実は美味しかったりするのですが、


  そのような事実にマスコミが気づくことはなく、アベもアホなので今回の問題は、よくわけのわからない話になっていくでしょう、


  次に、最近の調査によると今度の参議院選挙は、野党もそれなりに評価をされているようだ、

  マスコミの報道だと、野党は壊滅といつもいっているのだけど、どうやら政府から金をもらって報道していただけらしい、


  なぜそのような形になったのかというと、それは舛添問題が大きくある、

  舛添の問題は知事になってからのこともあるが、実はこいつが自民党にいた時にも、政治と金の問題を起こしている、

  
  さらに、舛添は自民党と公明党の議員であるから、当然この人物の行為は両党の責任になる、

  それが思った以上に与党にダメージを与えていて、その結果何らかの変化が起きているようだ、


  最近は自民党の候補者が市長選で落ちることが増えているし、全般的に与党不利の流れはあるらしい、


  アベ自民としては舛添問題で、甘利の犯罪を隠蔽することによって、有利になると考えていたのだろう、

  しかし、このバカは舛添がもともと自民党議員であったことを忘れており、舛添叩きが自民党叩きになることに気づいていなかった、


  多分アベのアホは、日本会議とかそういうのに属していない人物は、自分のグループの人間ではないと考えているのだろう、

  今までもアベがかばってきたのは日本会議系であり、そうでない政治家に対しては非常に冷たく接している、


  舛添はああいう性格だから、日本会議のようなカルト宗教団体には入らないだろうから、

  そういう点で、アベは舛添は自分と関係ないし、マスコミで叩けば自分が有利になると考えたのだろうが、


  しかし舛添は自民党やアベが支援した候補者であるから、当然その非難は自民党が受けることになる、

  それが参議院選挙の流れを変えていて、ある程度は与党が不利になりつつある、


  アベの間抜けで能無しなところが、どうやら炸裂してしまったらしく、このバカは舛添を自民党と関係ないと考えていたのだろう、

  舛添は日本会議系の政治家ではないから、被害がこっちに来ないと思っていたのに、もろに来てしまった感じか、


  そしてマスコミがこれだけ騒いだのだから、野党は舛添を支持した与党の問題といえば、与党が悪いと考えてくれるので、簡単に使える攻撃材料を得ることができた、

  さすがにここまで騒いだらあとひと月は、国民の中の認識は消えないだろうし、都議会選や舛添のやり直し選挙があれば、騒動は収まることがない、


  舛添問題はアベ自民のチョンボのようで、アベのバカには戦略などはなく、この能なしにできることはなかったということなのでしょう、


  後は、アベのアホが共産党と民進党のことを批判したのだが、キチガイ発言だったので逆に非難を浴びている、

  このアホは知能のない人間のクズで、実は悪口ではなく実際にそういう所がある、


  このバカは以前山口の市長選挙で、相手の候補者が気に入らないので、その候補者のことを在日だと情報を流すように暴力団に指示をして、

  その結果ちゃんと金の支払いをしなかったため、家に火炎瓶を投げつけられる事件を起こしている、


  これは裁判にもなっている事実であり、こんなことばかりしているアホであるから、アベという人間がどれだけ低俗かが分かるだろう、

 
  それ以外でも、以前の衆議院選挙で民主党の候補者のところへ、こいつが手駒をを大量に派遣することがあった、

  その時は何故か日の丸を大量に掲げる組織が、民主党候補者の演説の邪魔を繰り返していた、


  どうやらアベのアホの頭のなかでは、民主党議員は日の丸を怖がっている、という認識になっているらしく、

  このような行動を自民党にとってじゃまになりそうなところに、集中的に嫌がらせをした結果、その選挙区では全員民主党議員が当選してしまった、


  ホント馬鹿につける薬は無いという感じだが、こういうことが事実だから困るわけで、マスコミは一切報道をしなかったけど、アベは控えめにいっても頭がオカシイ人間であるのは事実である、


  そんなアベの頭のおかしさが出ているようだが、しかし共産党を犯罪組織のように呼ぶとは、このバカは常識がないんだろうな、

  共産党にはいろいろな見方があるが、正規の手続きを踏んでいる組織であり、公党であるのだから、特に問題はあるまい、

  
  その意見や考えに対して批判をするのはわかるが、共産党を非合法組織のようにいうのは、アベの基地外の妄想でしかなかろう、


  そこまでアベが言うということは、選挙があまりいい状態ではないのだから、悪いわけではないけど、

  このようなアベのアホ発言が増えていけば、自民党の議席はそのたびに1つずつ減っていくでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR