03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

日々変化する選挙情勢、フェイクの可能性が高い舛添問題、沖縄の怪しい選挙結果、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そういえば最近妙にブログの文章を書いていますね、なんでこうなったんでしょうかね、、
 
  まあ選挙も近いので別にいいのだけど、私はいつの間にかこうなっている、ということが多い気がします、


  ああ、国会前のデモが原因だったかなと思い出しましたが、それはともかく今度は参議院選挙があるので、選挙に対する正しい見方を書いてみると、


  今回の選挙で一番の害になるのは、まずマスコミだと考えて間違いがないでしょう、

  マスコミは自民党の犬なので、政府広報としての仕事しかしません、


  以前の選挙でも政治に対する報道をほとんどせず、聞いた話では以前の十分の一くらいしか、選挙に対する報道をしなかったといわれています、

  そういうことをして政治に対する関心をわざと下げて、政府に金をもらっているのが、汚い日本のテレビと新聞ですが、


  この汚物メディアは、今回も同じようなことをすると思うので、多分ですが選挙に行っても意味が無い、という報道を繰り返すと考えていいです、

  しかしそれは事実ではないので、メディアの報道は無視をするのが正しいです、


  なぜかというと、今の選挙は与党は組織票、野党は浮動票を利用して戦います、

  その結果初期の段階では浮動票が殆ど見えませんから、どうしても組織票がどうなっているか、という形でしか選挙の傾向がみえません、


  特に日本人は政治に興味が無いですので、初期の段階では非常に組織票への評価が強くなります、

  しかしその後国民が選挙に興味をもつようになれば、だんだん浮動票が動くようになってきて、そのけっか選挙の結果が決まります、


  つまり、選挙の情勢というのは時間とともに変わるので、その調査をしたタイミングで大きく変化をします、

  また初期の段階では、組織票しか支持基盤のない自民党が有利になるので、そういう所が非常に大きくなります、


  マスコミは政府の犬ですから、その初期の情勢を大きく誇張して報道することにより、国民が選挙に興味を持たないように威嚇をして、投票ができないように圧力を加えてきます、

  
  これが今までの選挙だったのですが、今はデモなどの活動も盛んに行われており、その影響でマスコミが、政治の主流というわけではなくなりつつあります、

  マスコミとしては政府の犬なので、政治的な報道をしたくはないのですが、デモ活動が起これば報道をするしかありません、


  そのような形で国民の動きに、マスコミが影響を受けることによって、以前とは違う形になりやすくなっています、


  これからの選挙では初期の段階は組織票が大きくみえ、それがだんだん浮動票によって覆い隠されるようになります、

  例えるならば風呂のそこに物があって、お湯が入ってくるとだんだん、水の中に沈んでいくようなもので、そういう形になった時に選挙の結果がわかります、


  今回の選挙は野党候補が統一されているので、浮動票の傾向によっては勝つことは可能です、

  しかしマスコミや政府はそういう流れが来ると困るので、できるだけ政治に感心を持たないように、投票をしづらくなるように広報をします、


  アベとマスコミの狙いは民主主義潰しですから、そういう敵の攻撃をかわすことができなければ、よい結果を得ることはできないでしょう、


  次に、舛添の話があるようだが、正直なところこれはフェイクだと思う、

  以前から妙な気がしていたのだが、この話って巧妙に自民党に有利になるように作られている、


  プロパガンダというのはタイミングが重要で、情報が与える効果の高い時期を重視する、

  そのため特定のタイミングで、大量の情報が流れてきた場合は、ある程度仕込みを考えた方がいい、


  そういう観点で考えると、舛添の行動は甘利問題の隠蔽ど、マスコミが選挙報道をしないようにするための、ネタの提供である可能性が高い、

  この騒動はあと数週間ほど続く可能性があり、そしてその騒動のせいで参議院選挙の話題が出なくなっている、


  戦争ばかりをしていたブッシュJrの頃、アメリカ政府が行っていたのは、とにかくテロとの戦いを全面に出し、全てのメディアでそれだけを報道するように、圧力をかける行動をしていた、


  そういうプロパガンダと今回の舛添問題は似ており、タイミングを図った計画的な犯行である可能性がある、

  ちょっと考えて見れば分かるのだが、こいつの行動は政府にとってメリットが大きすぎる、


  舛添が騒動を起こさなければ、確実に今は参議院選挙のことについて話題になっていただろう、
 
  アベの経済的な失態も話題になっていただろうし、そういう話題が舛添のせいで一切出ていない、


  それは上で書いた、特定の情報をで全てを覆うことによて、情報の遮断を行うことにより、隠蔽工作をする手段といえる、


  そう考えると舛添はフェイクである可能性があり、こいつの話題を信じることによって、国民は大きな損失を被っているといえる、

  被害というものは目に見えるものだけではなく、本来で得られるべき利益を失った場合も、同じように被害を受けたことになる、


  今回のことが誰かが仕込んだ舛添騒動ならば、この問題に引っかかった人は、詐欺師に騙され、まんまと色々なものを失ったことになる、そんなことが起こっているのかもしれません、


  (もっともプロパガンダ的な方法は証拠が残らないので、明確な事実として判断ができるわけではないです、

  しかしこのような手法論は存在をしているので、特定の時期に大量の情報が流れ、そのタイミングで本来流れるべき情報が流れないならば、プロパガンダを疑うべきだと思います、)


  後は小さな話題だが、沖縄で不正選挙が行われた可能性がある、

  不正選挙というとよくムサシという単語が出てくるが、このムサシというのは日本の選挙で、票を数える機械を提供している会社ことをいう、

  
  この機械を作っている業者は自民党と関係が深く、度々献金をしているので不正に関与しているのではといわれている、

  もっとも今までムサシによる不正は見つかっていないため、このような話は陰謀論的にいわれることが多い、


  ただこういう話にも事実ないわけではなく、実際アメリカではこのような問題が起こったことがあった、

  昔の話なので記憶が曖昧だが、たしかブッシュ・ジュニアの時にとある選挙区で、投票がはっきりしないことがあった、


  その結果ブッシュJrが勝ったのだけど、その時にブッシュに有利になるような、選挙のやり方があったので、不正ではないかと言われていた、

  アメリカは英語ができな人が多いですから、大統領の名前を書くことができない人もいるので、そういう人向けの簡易的な機械が存在する、

  (そんなもので悪用をしたという話だった気がするけど、昔のことなので記憶が曖昧ですから、別の話が混ざっているかもしれません、)


  そういう事情があるので、このムサシ云々というのはアメリカの、そういう選挙の不正があった、もしくはそういう可能性があったことを元にしており、別に根も葉もない話ではないです、


  ただ今までムサシによる不正は見つかっていないので、そういうものはない可能性があります、


  じゃあ不正はないのかというと違って、実は日本の選挙制度では簡単に不正をすることができます、

  それはどうするかというと、選挙を管理しているトップの数人が不正をすると、簡単に票を改ざんすることが可能です、


  そしてこのような問題に対しては、チェックをするシステムがないため、国民が批判をしなければ、いくらでも不正をすることができます、


  それで今回の沖縄の件も、それに近いところを持っており、選挙を管理している人の手違いで、急に選挙の得票が変化して、当選した人と落ちた人が変わることになった、

  この件については関係者は説明をしているが、具体的な対応をする気はないらしい、


  またこのような不正確な集計をしているならば、他の問題も起こしている可能性があり、そういう対応が必要になるだろう、


  投票の不正については実は簡単にできるものになっていて、トップに近い数人が示し合わせば簡単にすることができる、

  実際以前そのようなことをして、問題になった事が数年前にあった、


  ある意味においては、ムサシなどの機械を使った不正は本質ではなく、どちらかというとこういう関係者による不正のほうが、簡単にできるため問題を起こしやすい、


  投票の不正なんてないんじゃないか、と思うかもしれないけど、

  憲法を無視して法律を作るアベがやっているのだから、投票の不正くらいは普通にやると考えていい、


  憲法を無視するアベが、公正な投票をすることをよいと考えているわけではないので、不正の可能性は考えるべきだろう、

  ただし、投票の不正はリスクが高いので、そうは行われないとは思うけど、


  今回の沖縄の件は、関係者の対応が不自然な所がありますから、なぜ起こったのかよく調べたほうがいいでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR