03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

アベ30兆リニアの間抜け話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    
 

    どうもこんにちは、


  今日はちょっと気になったことがあるので、短めに書いてみると、

  そういえばアベの奴が30兆かけて、リニアを大阪まで早めに拡張するといっている、まあ選挙対策なんだろうが、相変わらず現実的でないことしかいえない間抜けだが、


  リ二アに関してはいろいろいわれているが、日本では正直利用価値が低くなっている、

  以前は飛行機が高額だったので、このような乗り物にも一定の価値はあったのだが、今は格安で利用できるから、リニアの存在意義はない、


  リニアモーターというシステムは、電気モーターの内部を開いて、それを利用して動かすようなものである、

  電気モーターの内部では、複雑な磁界が発生しており、その影響でモーターが回るようになっている、


  そういうモーター内部の磁界の性質を、応用して行うのがリニアモーターなのだが、この方法は普通のやり方に比べて負担が大きい、

  普通のモーターの場合は、出力を出す機関がモーター内部にあるが、リニアモーターの場合は、それが外部に存在している、


  そのためレールなども、モーターの一部になってしまう影響で、非常に大きな負担になる、


  リシアモーターでは、電車の線路に電気を流して磁気を発生させ、それと電車の底部に発生させた磁気との関係で、移動することになっている、

  この形で行うと、車輪が触れることがないので摩擦が小さくなり、空中を移動できるので高速移動が可能になる、


  ただしそういうことをしたければ、羽をつけてエンジンで空を飛べばいいだけなので、別にリニアモーターを使う必要性はない、

  この方法は特殊な環境ならば使えるが、空港がたくさんある日本には向いていないだろう、


  また他の点でもリニアモーターには問題があり、それはこの方法だとできるだけ直線を進まないといけないので、線路上にある山などにトンネを作る必要があることだ、
  
  日本は山がたくさんあるところだから、そういう山の一つ一つに穴を開けるのは、膨大な手間がかかることになる、


  そしてこれだけコストをかけたとしても、飛行機のほうが便利だから、多分利用する人はいないだろう、


  最近も北海道新幹線が作られたが、あれも最初の頃は人が結構乗っていたが、しばらくすると人が乗らなくなった、

  なぜかといえば、飛行機に乗れば半額で移動ができるからで、そういう影響で乗らなくなった、


  今の鉄道路線は、ビジネス的に航空機と争う関係にあり、独占的なポジションは存在していない、

  そのため航空機に勝てるかどうかが、鉄道のビジネスモデルでは重要であり、そしてその問題に対応できない、リニアモーターは利用価値が無いのである、


  そんなマヌケな話をアベアホがいっているが、こんなものに30兆もかけるとは、狂っているというしかないだろう、

  大体からして30兆も用意するお金はないし、国債を発行した場合は、色々な問題が発生することになる、


  所詮は知能のない馬鹿というしかないが、まあアベというかこいつを支配している奴は、戦後的世界観に合うと考えたのだろう、


  表現は申し訳がないが、人間にはステレオタイプがあり、パブロフの犬のような性質を持っている、

  例えば戦後の世代は、昔の成長時代のシンボルを見ると、ころっと簡単に騙されてしまう、


  最近の例でいえば、アベのやっていたインチキ経済政策があるが、明らかにアベのやったことは間違っていたのに、なぜかある以上の年齢の人はアベのやったことを、高く評価していた、


  そうなった理由としてあるのは、アベのやったことが昔の高度経済成長に似ていたからで、アベが無理やり株価をあげていたのは、そういう層への関心をかうためという意味がつよくある、

  (もっともアベにはまともな知能はないので、そのようなインチキを考えたのは、別の犯罪者だろうけど、)


  ともかく、アベのやつが30兆かけてリニアを作るといっているけど、税金を溝に捨てることになるのは確実だろう、

  そもそも今のように飛行機が使いやすい時代になれば、地面の上を移動する鉄道はそれほど価値がなくなる、


  そうなってしまえば、リニアなど何の価値もなくなってしまうが、このようなことをすればある以上の年代は、戦後のような社会が来ると錯覚してしまう、

  そういうプロパガンダ社会が広がっていますけど、この問題を良く考えないと、今の社会の問題に気づくことはできないでしょう、
  

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR