01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

マスコミの選挙プロパガンダ、手作りの民主主義、円高の傾向、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  そういえばそろそろ選挙が近くなっていますね、それに合わせてマスコミのプロパガンダも強くなっているが、相変わらずインチキしか能のないゴミ連中ですが、


  そんな連中が最近また世論調査をしたらしい、まあ中身はどうでもいいが、結構動揺している人をツイッターで見かけた、

  以前から書いているけど、マスコミは民主主義が嫌いなんですね、何故かというと同業者だから、


  マスコミは情報の伝達をしているが、実際に行っているのは洗脳的な行為である、

  人々を洗脳すればそれは莫大な利益になるし、影響力の拡大にもつながる、


  そういう構図がある以上、マスコミは情報の伝達者という立場よりも、洗脳支配の支配者になろうとする、

  これは必ず起こる問題で、マスメディアには基本的にそういう意味しかない、


  だから海外ではメディアに対する信用はなく、メディアというと人を洗脳する危険な存在だと思われている、

  しかし日本人はそういうことに対する免疫がないから、メディアが言っていることが正しいなどという、幼稚な考えを持ってしまうが、マスコミというのはそういうものではない、


  (よく理想的なシステムを作っても、それを利用する人間の悪意によって、システムが機能しない場合があるが、言論の自由という理想に近い、マスコミにはそういう所がある、)


  メディアは本来言論の自由を具現化した存在だが、実際に起こるのはメディア関係者の、社会に対する支配欲の拡大のみである、

  そのためこのような支配欲拡大を、国民が否定して押さえつけないかぎりは、メディアの健全な成長は行われることはない、


  つまり、国民がメディアを否定したり、批判的な考えを持って距離をとらないと、マスメディアは機能しないようになっている、

  そういう性質があるのに、日本人はメディアバンザイですから、そりゃマスメディアが育たないわけです、


  そのような所がありますが、マスコミは今回の選挙で世論調査と称して、国民が民主主義的な行動をしないように、プロパガンダを使って圧力をかけてくるでしょう、

  それを乗り越えられないのならば、日本の民主主義は死滅をすることになり、日本人の未来もそのまま終わることになります、


  結局マスコミに依存しない自立した精神、そして判断が生まれることこそが民主主義であるのだから、それができないならば日本の未来はないでしょう、


  次に、では今回の選挙の傾向について書いてみると、今回の選挙については両極端な意見があるようだ、
 
  その意見では野党が全滅するというものと、野党と与党が半々くらいになるというものがある、


  なんでこうも極端に意見が変わるのかと思うのだが、野党が全滅すると行っているのはマスコミで、マスコミは基本的にそういう報道しかしていない、

  それに対して半々くらいと言っているのは、専門の調査をしたデータの結果で、そういう結果によると半々くらいらしい、


  正直なんでこんなに極端になるのかと思うが、どっちが正しいのだろうね、


  マスコミは基本的に詐欺師なので、あまり信用はできませんから、マスコミのいっていることが違っているのだろうか、

  どっちが正しいのかは分からないが、今回の選挙は野党が統一候補を出しているし、組織力のある共産党が支援をしている、


  選挙で重要になるのは組織力であり、小沢氏が党を割って民進党の組織は弱くなったが、それを共産党の組織が埋めあわせているところがある、

  そのような動きがあれば、ある程度改善する可能性もあるが、どうなのか、


  私もデータなどは持っていないのではっきりしないが、多分これからいろいろな意見が出てくるけど、

  選挙の予測というのはそれほど正確ではないので、話半分くらいがいいのでしょう、


  後は、これからの選挙で重要になるものはなにか書いてみると、多分市民側の活動になるのではないかと思います、

  今回の選挙ではマスコミは政府の犬として働くでしょう、そこでやるのは投票率を下げるためのプロパガンダです、


  今度の参議院選挙は野党候補が統一されているので、基本的に投票率さえ高ければ、殆どの選挙区で野党が勝つことは可能です、

  無党派は野党に投票することが多いですから、投票率が上がれば単純に野党の得票が増えます、


  そうなると政府の犬のマスコミは困るので、こいつらは何らかの手を使って投票率を下げようとするでしょう、

  それに対してぼうっと考えていると、そのまま持っていかれることになります、


  ですからデモなどの活動をして、選挙に対するアピールをして、多くの人が政治に関心をもつようにする必要があります、

  変な話、国民のデモ活動が不十分であった場合は、日本は終了してしまう恐れがあります、


  今までの社会はマスコミが意見をいって、それを多くの人が感じて動くのが一般的でした、

  しかし今はマスコミが完全に政府の犬になっているので、国民にために働くメディアが存在しません、


  多少はネットメディアなどがありますが、そういうところだけでは効果が薄いので、もっとより強い効果が出る形で、行動をしなければいけません、


  そこで重要になるのは国民の活動で、国民が民主主義的な活動をして、選挙に対する関心を高めないといけません、
  
  手作りの民主主義みたいなことをしないと、今の状況は動かすことができないので、色々面倒なところはあります、


  ただ今までいろいろなデモ活動があって、多くの人にとって民主主義的な活動は、それほど遠いものではなくなりつつありますから、そういうものを利用できればある程度は、世の中が変わるかもしれません、


  後は、さっき見たのだけど急激な円高が起きているようです、

  マスコミはアメリカの雇用統計が悪かったので、それによって円高になったといっていましたが、どうなんですかね、


  私の見方だと、アメリカの金利の引き締めの反動が出たのではないか、そんな感じがしています、

  実際その雇用統計が出る前から、円高の傾向は出ていましたから、全体的に円高がつよくあるのでしょう、


  また今までの円高は、アメリカの金利の引き上げが原因になっていますから、当然投資をしている人は、アメリカの利上げ=円高という形で対応をするでしょう、

  相場というのはお金を賭けている人の意志で動くので、以前円高になったデータがある以上、次も円高になると投資は判断するはず、


  そうなると以前は、120円が110円を割る程度まで悪化していましたが、今回は100円を割るあたりを、投資家は想定してくるかもしれません、

  以前も書いたのですが、100円を割った場合は株価は暴落をするので、株価は1万円を割る可能性があります、

 
  相場というのはよくわからないものでから、私の予測なんてものは話半分で聞いてもらいたいものですけど、

  少し前にアメリカの利上げの可能性で円安になって、それが急激な円高になっているのは、以前もあった話である、


  それがもう一回起こるのではないか、そんな感じがしています、

  (もっともまだ実際には利上げをしていないので、どうなるかはわからないところが多いですが、)


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR