06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

破滅を生むアメリカ、

    どうもこんにちは


  最近はあまりマスコミを見ないのでよくわからないのですが、安部って人がずいぶん路線変更をしているようですね、中国と韓国の友好をしているとか聞いた事があります。 何らかの企みではあるとは思いますが、ずいぶん最初の方向性と違ったことをしているようですね、 ただそうした場合北朝鮮に対して強硬手段は出来なくなり、憲法改正も難しくなる、なぜかというと北朝鮮問題は中国韓国がクッションになって吸収してしまえば日本には関係なくなるからです、つまり北朝鮮問題を扇動化したければ、日本と中国韓国との不和が必要になる、日本と中国韓国が不和になればそれによって北朝鮮に対する中国韓国の支援が難しくなり、北朝鮮問題が悪化するわけで、このまま日本と中国韓国との関係改善が進めば、北朝鮮問題は自然解決する可能性もあると思います、まあその点から考えると、悪く言うと北朝鮮問題を引き出していたのは日本なのですが。


  それで安部って人間は北朝鮮の問題化をやめようとしている、そのあたりが不思議ですけどね、ただ今の自民党はアメリカの傀儡政党になっているところだし、日本の視点から見ると不思議だけど、アメリカから見ると何かあるのかもしれません。


  
  さて、それはいいとして今日は、破滅を生むアメリカ、ということでも、なんだか話がつながってますが、ま、偶然なんですけどね、まあそれで、破滅を生むアメリカというのは、アメリカの行くところ必ず破滅が付きまとう、アメリカに関わったところ、アメリカが関与した所では多くの場合破滅的な状況になりやすい、今の日本もそうですね、アメリカと関わったので破滅に向かっている、日本がもしアメリカとの関係を考え直せれば、日本の破滅はなかっただろう、日本の破滅の原因はアメリカにある、そして、世界の問題の多くがアメリカが原因である事が多い、そういう破滅を生むアメリカというものはなんだろうかと考えたので、書いてみようかと。


  それで破滅を生むアメリカということで、そうですね、まずアメリカの行動原理のようなものを見ていくと、だいたいアメリカという国は、昔の植民地時代のヨーロッパの感覚で動いてますね、世界支配のために、世界の扇動化、不安定化を起こし人類全体を崩壊に導き、その全体の悪化と弱体化によって得られる利益、そして支配の拡大を目指すというのが、アメリカの基本的な行動原理といっていいでしょう、アメリカの考え方は基本的にはそうです。


  アメリカの行動原理、それは昔のヨーロッパの植民地支配のころのままの考え方で、例えばとある地域間の対立、もしくは国家内の対立を扇動し、それによる消耗に付け込んで支配をする、そういう行動パターンでいつも動きます。 今の北朝鮮問題もそうですね、北朝鮮問題といってますが、実はアメリカ問題といったほうが正しい、実際のところはアメリカが北朝鮮を潰すと宣言したのが騒動の問題であり、実は北朝鮮自体は根本的な問題ではなく、アメリカが北朝鮮を攻撃目標にした事が根本的問題にあるわけで、北朝鮮問題はアメリカ問題といったほうが正解といっていいでしょう。


  その北朝鮮問題は、アメリカの考えでいえばとある地域における対立による騒動によって消耗を目指すという方法に当てはまると思います、つまり北朝鮮を軸にして日本と中国の対立と作り、北東アジアの消耗を狙うというのが狙い、多分アメリカの狙いは北朝鮮という導火線を使って、日本や韓国中国を潰すのが狙いでしょう、その間アメリカ製の武器は売れるので、日本人が死んでも彼らにはいいわけです、もっと言えばどんどん死んでくれたほうがありがたい、そのほうが北東アジアにおける支配の拡大と、武器の輸出に拍車がかかるので、北東アジアの人々が死ねば死ぬほどアメリカは喜ぶわけです。


  まあそれはようは、破滅ですよね、北東アジアの破滅、それがアメリカ望んでいることで、アメリカの狙いは世界の支配者であって、彼らに共存共栄の考えはなく、自分ら以外の人々が弱くなったり、死ぬことは彼らにとってはいいことになるわけです、だから彼らは自分以外の人々の弱体化、そして死のために邁進をし、それは別の見方をすれば世界に破滅を輸出する工場のような意味を持っているという事です。


  それで、破滅を生むアメリカというものがどうしてそうなっているのか、どうして彼らは人類の破滅しか生み出せないのかというと、それはやはり過剰な力を持った国が安全なところにいて、しかも内部の人間の質が悪いというのがあると思います。 その中で一番問題なのが、アメリカの人々が自国の問題を議論できていない事、もしくは議論できるほど歴史がないのかもしれませんが、アメリカの人々は自分の国について何も考えてないように見えます、危険性や問題性に対する注意意識がない、世界で一番危険な国はアメリカでそれ以外はそうでもないのに、いつもどこかだ敵だとばかり言う、しかし人類全体から見れば、世界における最大の問題はアメリカだ、なぜなら世界で一番力の強い国だから、そういう国が暴走をしたら人類の破滅だってあるのに内部の人はそういうことを良く考えていない。 悪く言うと今のアメリカは地球侵略に来たエイリアンとそれほど変わらない。


  全体的に、破滅を生むアメリカというのは、アメリカの性質、創造的でなく破滅的性質というものが、世界のあちこちで破滅を生み、そのたびに人類は苦しむという事です、アメリカの力がもう少し弱いか、アメリカの近くに脅威があるか、アメリカ人がもう少し思慮深ければいいのですが、そうはなってないので、現状で見る限りは、アメリカが何かするときそこは破滅し、そこは長い混沌から抜け出せないという事です、そして多分次に来るのが、北東アジアの破滅と混沌が来るでしょう、もしそれを止めれないのならば、日本人は日本を捨て、北東アジアから距離をとらねばならない時もあるかもしれません。





    さてそれで次回からはどうしようかと思っていたのですが、週二回にしようかと思います、週二回を三週間、週一回と三週間ぐらいがちょうどいいのではないかと思ったので、やはり週三回はきついし、週一回の方は四週間やってみたのですが、これはこれで中途半端なんですね、ですのでひとまず、次回からは週二回というのを試してみようと思います、まだ試行錯誤の段階なので色々と不便をおかけしますが、次回は来週の火曜になります、では次回まで。







関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR