01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

舛添スキャンダルはなぜ起こったのか?、楽に進む野党共闘の流れ、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  私は最近テレビや新聞を見なくなったので、世の中の動向というのがよくわかりません、

  例えばベッキーという人がいて、それが何らかの問題を起こしたらしいのだけど、この人自体あまり知らないです、


  確かふしぎ発見で、前出ていたのを見たことがあるけど、それ以外のことはよくわからないんですよね、

  マスコミを見ないことは、プロパガンダを遮断するためには効果的だが、それで得られなくなるものもあるのだなという気はします、


  それはともかく書いてみると、最近の話題としては舛添の話があるね、

  舛添といえばよくわからないハゲた奴だったが、選挙の時は自民党におもねる行為をして、それが問題であると批判をされていた、


  私もそういうことを書いた覚えがあるが、ちょっと昔なので覚えていないけど、

  あの頃は共産党の候補者と、反原発活動をしている細川氏が票を割ってしまい、結果として舛添を勝たせてしまっていた、

  この時に野党共闘の流れがあれば、大きな変化になっていたのだろうけど、

  
  ともかく、舛添の問題が最近いわれており、なぜか大きなスキャンダルになっている、

  とはいえ私はテレビも新聞も見ないので、何がスキャンダルなのかよくわからないのだが、マスコミがスキャンダルというのだから、スキャンダルなのだろう、


  内容としては、あちこちでお金を豪勢に使っているとか、そういう話があるようだけど、

  しかしそういう形でお金を使っていたのは、自民党議員の時代らしく、そういう意味で言えば自民党の失態だとも言える、


  自民党は甘利の件を見ても分かるが、政治と金の問題への対処をする考えがなく、お金の問題に対して、非常にルーズな所がある、

  そういう所に舛添はいたのだから、当然こいつもルーズなお金の使い方はしていたのだろう、


  しかしそれは自民党の文化がそうなっているからであり、別にこの人物が特別だったわけではない、

  自民党といえば、ドリルでハードディスクに穴を開けて証拠隠滅をしても、誰ひとりとして悪く思わないところだから、連中に倫理観なんてものはない、


  そういう自民党の政治家だったわけだから、叩けば色々な問題が出てくるだろう、

  しかしそのような問題は、自民党だから起こっていることであり、舛添自身が起こしている問題ともいえない、


  例えば舛添が民主党から出ていたならば、そのような問題はやっていなかっただろう、

  なぜならマスコミが民主党だと、厳しいチェックをするからで、舛添が問題のあるお金の使い方をしたのは、奴が自民党議員だったからというのが大きい、
 

  そしてそれをマスコミが騒いでいるが、そういう騒動を起こしているのは、情報を持っている自民党自身だろう、

  自民党ならば舛添がどのようなことをしていたか、よく知っているのだから批判の材料をメディアに渡せば、いくらでも騒動を引き起こすことができる、


  だから、正直なところ舛添がどうであるということには、重要な意味はない、

  プロパガンダは洗脳なのだから、そういう形で流れてきた情報を、考える必要性はないだろう、


  では、何を考えるべきかといえば、なぜこのような騒動を起こす必要があるのかだ、

  舛添は実は獅子身中の虫のような所があり、知事になるために自民党を騙していたところがあった、


  こいつは自民党に対する批判を持っており、それを選挙中はおさえていて、選挙で勝ったあとは急に批判をするようになった、

  舛添そのものは頭の良い人物だから、アベ自民のような低能組織とは相容れない所が多く、それが色々な軋轢を生んでいた、


  これが今回の騒動の原因だろうけど、つまりアベ自民にとって舛添が邪魔なので、潰しにきたと見るのが妥当だろう、


  ただし、それほど単純な話でもなく、まずマスコミに対する信頼は非常に低いため、このようなプロパガンダの効果は、ある以上はないだろう、

  見たところ、テンプレ的なプロパガンダを組んでおり、小沢氏の頃によくあった、説明責任の世論調査を繰り返している、


  この世論調査は説明を理解できたか、という点が重要なので、メディアの情報操作が効果を出しやすく、簡単い数値を上下させることができる、

  そういう手を使っているようだが、テンプレ的な手なのであまり効果はないように思う、


  そもそも根本的な問題があるわけではなく、金銭的な浪費だけでは政治的な責任は問えない、

  本来政治的な責任とは、何らかの政治的判断のミスに対して行われるべきであり、こまごまとした問題点をいうのは、本筋とは話が違う、


  そう考えると、舛添が何らかの本筋的なミスをしているならばよいが、そうでないならば責任を問うのは筋違いではある、

  それに別の人物も見当たらない環境であるから、舛添を潰した後の対応策が存在しない、


  多分だけど、このような馬鹿な戦略を出しているのは、アベがそれに近い基地外団体の可能性が高いが、

  将来的にどうするかというプランが、こいつらにはないのだろうな、


  もし舛添がやめた場合は、次に立てる候補者は存在しないだろう、

  大阪のコスプレ市長を自民党は立てるといっているが、こいつは大阪では人気だけど関東では、別にそれほど人気があるわけではない、

  だから東京に来たところで大したことはできないだろうし、わざわざ協力するメリットもないだろう、


  そうなると他にはまともな候補者がいない上に、野党は共闘をしてくるから、野党の単独候補者が立候補することになる、

  そうなれば自民党は負ける可能性が高くなる、


  なんというかよほどの馬鹿が何かをしているようだけど、戦略が甘いところが多いため、連中が思っていることとは、違う結果に変わりそうな気がします、


  次に、短めに書いてみると、野党の共闘で興味を持ったのは、ある以上共闘が進むと、それ以降はあっさりと話が進んだことです、

  最初の段階では共闘の手間がかかっていたのに、ある程度話が進んでくると、今度はどんどん話がまとまってきている、


  そこでいわれていたのが、他のところでも共闘が進んでいるので、うちだけしない訳にはいかないという話で、そんなことで決めていいのかと思ったのだが、

  
  そんな理由で共闘がどんどん進んでいるけれど、今のような環境が長期間続くならば、自民党に対しても大きなダメージを与えることができるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR