03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

パナマ文書によって起こる政治変化、次の選挙が死活問題になる高齢者、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、最近は国会が開かれているはずなのに、あまりこれといった話題はありませんね、

  地味な話し合いが行われているのでしょうけど、

  となるとこれといったものはなさそうだが、ふーむ、ではパナマ文書についてまた書いてみますか、


  パナマ文書というのは、タックスヘイブンと呼ばれる税金が低い地域を利用した、租税回避の文書です、

  世の中には税金の安い地域が存在しており、その地域に資本を移すと税金をかなり安くできる、


  このような問題は違法ではないのだが、倫理的な問題があるといわれている、

  また違法行為をした場合でも、資本を海外に映されると手続きが煩雑になり、その結果脱税をしても見逃される場合があるらしい、


  そういう意味で考えれば、グレーに近い行為なのだけど、
  
  
  パナマは租税回避の地域として有名だったが、最近はそれほど人気のある地域ではなくなっている、

  今回の文書が出たのは、そのような凋落が原因だったという説もあり、パナマ自体の問題が露呈した面もあるようだ、


  この地域を利用して税金の負担を回避していた企業は多く、日本企業の多くがこの地域を利用している、

  日本企業といえば法人税が高いと文句をいっていたのに、実は殆どはこのような形で租税回避をしていたという、笑えない現実があるわけだが、


  パナマ文書についてはまだ情報が不十分なので、どういう企業があった程度の話しか、出てきてはいない、

  しかし、日本の大手企業はだいたい関与をしており、大手企業の社長が関わっている話も出ている、


  この文書は誰でも検索ができるので、私もやってみたのだがいろいろな企業が関係をしていた、

  詳しく調べた人によると、細かい個人情報も載っているらしく、この内部文章は事実であると見ていいだろう、


  これがどうなるかなのだけど、まず日本のマスコミはまともに報道をする気はなく、インチキで誤魔化そうとしている、

  特に読売などは、どのような企業があったのか書くことを拒否しており、性根の腐ったところを見せている、


  所詮マスコミなんてのは政府の犬すぎないということだが、海外ではメディアがいろいろな報道をするだろうが、日本ではほとんどのメディアは報道しないだろう、

  特にテレビに関しては絶望的で、下手をするとまともな情報は何一つ伝えないかもしれない、


  しかし週刊誌等にとっては、良い情報のネタになるから、この問題の情報を色々報道すると思う、

  それによってどうなるかだけど、

  租税回避の問題は消費税アップと関係しているし、税金の問題を議論する時に重要になるかもしれない、


  結局パナマ文書がどういう内容なのか、わからないと私にも判断ができないのだが、

  多分だが自民党に関係が深い企業が、沢山このような形で租税回避をしているはず、


  そうなると増税をするならば法人税をするべきではないか、という意見も出てくるだろうし、

  タックスヘイブンをした企業への罰則も、議論されることになるかもしれない、


  現状だと何らかのスキャンダル的な報道が起こるか、それとも政治的な税金の議論が起こるか、そのどちらかが発生する可能性があるでしょう、


  後は、これといったネタがないのだけど、では次の選挙で重要になる点を書いてみると、

  次の参議院選挙で重要になるのは、実は社会保障をどうするかということです、


  いや、そうじゃなく憲法問題があるじゃないか、という意見もあるでしょうけど、現実的に見て一番厄介なのは、社会保障関係の問題です、
  

  この話は何度も書いていますが、今の自民党は介護の保障を打ち切ることを決めており、また、高度な医療に対する保証もやめるといっています、

  完全にやめるわけではないのですが、そういう方面の支援の打ち切りを、自民党は議論しており、選挙後に実行する可能性が高いです、


  この2つが実は一番厄介な問題で、自民党が打ち切る予定の介護支援では、痴呆が始まった人や、歩けない人も含まれています、

  そういう人達への生活支援をやめるといっているので、生活破綻者が自民党が有利ならば増えてくるでしょう、


  もう一つの、高度な医療に対する支援をやめるのも大きく、高齢者の医療行為は特殊な方法で行うので、そういう時の負担を大きく上げる可能性があります、

  日本の医療費が大きい原因は、高齢者向けの特殊な治療法が割合としてあるので、それを減らすために自民党は支援をやめると、そういう形を作ろうとしています、


  この2つが来てしまうと、高齢者の多くは生活が崩壊しかねないので、できれば自民党を支持しいないほうがいいです、

  痴呆が始まったり、歩けなくなっても支援を受けられないとして、自分が生きられるかどうか、


  年をとって特殊な治療を受けるしかないのに、それに対する補助が利用できず、高額な治療費を請求された時に、自分に支払うだけの資産が残っているか、

  もしくは自分の親族がそういうことになった時に、支援をするだけの余力があるかどうか、


  多くの人にとってそういうものは無いと思うので、この2つを自民党がもしやったら、高齢者の生活は、その日から地獄に変わるでしょう、


  だからこういうことを自民党にやらせてはいけないわけで、自民党は軍事費をの拡大をしたいので、一番医療費で大きい部分になっている、高齢者の介護費用と、
  
  高齢者が利用することが多い、高度な治療に対する軽減にメスを入れようとしている、


  自民党は何らかの理由があってしているのではなく、金銭的な負担が重いからというだけの理由で、何も考えずに予算を大幅カットしようとしている、

  だから何のフォローもない状態になるので、自民党の体制が続くと非常に危ない、


  これが次の参議院選挙で大きな問題になっており、高齢者の生活を破綻させようとしている自民党に、

  そういう世代の人が自分が狙われていると気づくかどうか、その点が一番大きいと思っています、


  
21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR