03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

海外で評価されなかったアベ、北朝鮮問題でのマスコミの失態、野党共闘の変化、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  夏が近くなると虫が増えてきて、あちこちで見かけるようになります、

  この虫ってのはよくわからないものが多く、奇妙なのが時々いてなんだろうと思うことがあります、


  それはともかく書いてみると、最近の話題としてはアベが、外国に行ったということがあるが、結局何の成果もなかったらしい、

  海外でのアベの評価は史上最低レベルで、人間のクズとかゴミレベルでしか扱われておらず、危険な差別主義者という見方が一般的だ、


  日本のメディアは買収されているので報道されていないが、自民党やアベは差別主義のレイシストと関係が深く、そういう連中から献金をもらっている人が多い、

  また政治的な関係を持っている人もいて、ほとんど同類の自民党議員もよくいる、


  そういう形の報道が海外では行われていて、レイシストとアベが映っている写真が、大々的に報道されていたので、海外ではアベ=レイシストの差別主義者、というふうに思われている、

  平たくいえば極右のファシストという感じで、ヒトラーの再来のような見方が一般的である、


  そんな奴なので海外では一切評価されず、完全に無視をされ続けており、発言もその場で外国のトップに否定されることがよくあった、

  アベノミクスは終わったゴミ政策として、海外では報道されているため、アベの言動をまともに評価する声は、海外では一切なかった、


  もちろんこのような事実は日本のメディアは、絶対に報道をしないので、誰も知ることはないのだけど、

  アベの海外での行動は完全に失敗しているのだが、日本のメディアは北朝鮮と同じようなものなので、国民がそれを知ることはないでしょう、


  次に、アベの外遊ではロシアとの話し合いがあり、プーチン氏との会談も行われていた、

  ロシア側は日本を取り込む考えがあり、そういう思惑で話し合いをしたのだけど、どうやら利用されて終わったらしい、


  本来であれば北方領土問題の議論をすべきだが、ロシア側はアベのいうことなど聞く気はないので、適当に流してアベの発言を無視していた、

  それに対してロシアは、日本との協力関係のアピールをアメリカに対して行っており、どうやら十分な成果を上げたようだ、


  今回のことは日本にはまったく意味のないものだが、アベのバカを利用して一儲けというのが、ロシアの考えだったのだろう、

  それに気付くこともないアホのアベは、しょうもないというしかないが、


  ただしロシアとの協力に踏み込むということは、当然アメリカとの対立を生むことに繋がる、

  そういう問題に対してアベがものを考えている可能性はないので、何らかのアメリカ側からのアクションが来るかもしれません、


  後は、北朝鮮で大きな党大会が開かれて、それに対してマスコミは北朝鮮ネタとして、自民党の支援ができると考え、盛んに報道をする姿勢を見せていた、

  さもこの世が終わるかのような、オドロオドロしい演出をしていたが、どうやら肩透かしになったようだ、


  北朝鮮の党大会は非公開で行われており、どのような議論があったのかについてはオープンになっていない、

  また日本のマスコミがアベのためにワーワーいっていた、核開発が行われることもなく、平和裏にすんでしまったようだ、

 
  アベの犬のマスコミにとっては困ったことになったようだが、北朝鮮側は今回の件で、核兵器の先制攻撃はしないと発言をしている、

  この件については以前からいわれていることだが、北朝鮮の核開発は自国の防衛のためにやっているという説がある、


  こういうことをいうのはロシアのメディがが多いのだけど、こういう報道では北朝鮮は、イラクやリビアがアメリカに滅ぼされたのを見て、自国の防衛のために過く開発をしているという話がある、


  それはそれほど間違った考えでもなく、たしかに最近もアメリカは北朝鮮を滅ぼすための、韓国との共同の軍事演習をしていたのだから、北朝鮮の意見には妥当性は存在する、


  たしかに北朝鮮の核問題は大きなことだが、そもそもの問題として朝鮮戦争をどう終わらせるかについて、国際社会が話し合いをしていない問題がある、

  朝鮮戦争はまた戦争が集結しておらず、どのような形で戦争を終わらせるかの取り決めができていない、


  一応互いの領土を分ける線は決めているが、それも勝手に決めたようなものなので、互いの国が納得できるような話し合いの機会は、いまだに存在していない、

  北朝鮮問題では平和裏に問題を解決することが大事で、そういう交渉をする場がいるのだが、周辺諸国は消極的である、


  特に朝鮮戦争を引き起こしたアメリカは、やる気を出しておらず、

  どちらかというとこの国は、朝鮮半島の問題の継続を望んでいる所があり、和平交渉をする考えがない、


  このような環境では北朝鮮が核を持つのは、連中にとっては一つの選択肢ではあるだろう、

  そしてそれを先制攻撃に使わないというのは、何らかの交渉を求めていると見ていい、


  それに対して日本がどうするかだが、アベのようなバカがトップにいるので、北朝鮮との交渉は不可能でしょう、

  アメリカも朝鮮半島問題は解決してほしくないわけですから、日本やアメリカはこの問題に対応はしないと思います、


  それ以外だと、野党の共闘の話が進んでいるようだ、野党の共闘は3月のあたりはかなり難しかったが、最近色々な動きが起きている、

  その結果殆どの選挙区で統一候補が出ており、ある程度は戦える形になっている、


  また最近は統一候補に、以前小沢氏と一緒に出て行った人物が加わっており、ある程度人材の補給もできるようになった、

  今の野党は人材が枯渇している状態なので、このような流れが起こればある程度は有利になるだろう、


  選挙はかなり近くなっているので、今の段階で共闘体制を作っていく場合、選挙戦略をする時間が取れない欠点はあるが、

  何らかの上手いアピールをすることができれば、それなりには選挙に勝つことができるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR