01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

戦力の増えてきた野党共闘、日銀による学歴詐称問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、今日は特に政治の話題はないっぽいが、ふむ、では野党の共闘について書いてみますか、

  私は以前野党が自民党に勝つためには、野党側が統一候補を出して、その上で小沢氏が引きぬいた候補者を、野党候補として利用する必要があると書いた覚えがあります、


  ある意味において以前の政権交代に近い状態を作れれば、いい状態にはならないかもしれないけど、それなりに勝負になる環境は作れるでしょう、

  小沢氏が引きぬいた候補者は、その人物自身がそれなりに得票できる人が多く、そういう人が野党の候補者で出れば、相乗効果で選挙で勝ちやすくなる、


  民進党には小沢氏に対するアレルギーはあるが、小沢氏と一緒に出て行った人への拒否反応はそれほど強くはない、
  
  それは最近の野党共闘の流れが影響をしており、そういう傾向の一つとして、以前民進党から出て行った人を、あまり拒否しない流れができたのだろう、


  以前は小沢氏と一緒に出て行った人を、民進党の関係者は拒否する考えが強く、できれば支持をしたくない感じがあった、

  そのため前の衆議院選挙では、野党が共闘をしているのに、得票を上手く得られないところがあった、


  それが今回は市民が主役の野党共闘になっているので、それほど民進党も批判的ではないようだ、


  今回の参議院選挙がどうなるかは分からないが、この選挙が上手く行けば2つのことが可能になる、

  一つは野党の政治のリベラル化あり、もう一つは小沢氏の復活の足がかりでである、


  今の日本の政治は右翼化が進んでおり、極右の自民党と、穏健保守の民進党の二大政党になっている、

  民進党はまだ穏健派だからいいが、極右の自民党は完全に狂った組織であり、連中には常識は通じない、


  そのためこのような偏った政治体制を変える必要があり、そこで重要になるのはリベラル勢力を増やすことだ、

  もしくはハト派のような穏健派の政治家を増やすことによって、自民党の極右政治家を減らすことが重要になっている、


  このようなことは選挙で穏健保守や、リベラル勢力が勝たないと不可能なので、今回の参議院選挙で上手く議席を取れれば、政治的な傾向を変えることが可能になる、


  そしてもう一つの傾向が出てきたのが、小沢氏が復活をする足がかりである、

  これはほんとうに最近出てきたのだけど、なぜかこの頃は民進党から小沢氏と一緒に出て行った議員が、野党の候補者として採用されるようになっている、


  以前は小沢氏と出て行った人物を、民主党が嫌っているところがあったが、最近の国民運動の影響か、そのようなわだかまりはあまり強くはないようだ、

  そしてそういう小沢氏に関係している人物が、民進党から出て選挙に勝った場合でも、それは小沢氏の影響力を強めることになる、


  正直なところ、民主党を壊滅的に潰そうとした小沢氏は、民進党内部から見れば危険人物でしかあるまい、

  だから単純には協力をすることはできないが、このような土壌を作っておけば、小沢氏も行動がしやすくなる、


  誰がこのような土壌を作ろうとしているのかは分からないが、こういう形で選挙で勝つことができれば、その土台を元に小沢氏の政治活動はしやすくなる、


  選挙がどうなるかは分からないけど、野党の共闘が進んでいって、ある程度勝つことができた場合は、

  野党の政治家にリベラル勢力や、穏健保守の政治家を増やすことができる、

  その結果危険な自民党の極右政治家を減らすことも可能になる、


  そして、今の情勢だと小沢氏と一緒に出て行った人材を、再吸収する流れがあるので、そういう人達が当選することができれば、小沢氏の再起もできるかもしれない、


  しかし小沢氏が民主党を潰してしまった結果はあるので、単純に小沢氏が民進党に合流する形ではない、別のものになるような気もします、


  後は、そういえば日銀の役員に学歴詐称があったらしく、インチキ人間をアベが送っていたようだ、

  ほんとまあアベの周りは詐欺師しかいないけど、こいつは犯罪者を呼び寄せる才能が有るのだろう、


  ハエのたかるナントカみたいなやつなんだろうが、ともかくその人物は東大で博士号をとっていたらしいのだが、実際に調べてみるとそのようなものがなかった、

  博士号を取った場合は情報が管理されるので、書類がなければとっていないことがすぐに分かる、


  学歴詐称といえば詐欺師のコイズミや、アベのやつも有名ではあるが、

  詐欺師の小泉の場合は地元で犯罪行為をして、そのほとぼりがさめるまで外国に留学をしたらしいが、

  それも留学というよりは、見学に近いようなもので、実際には大学にいっていないのに、卒業したという詐称をしていた、


  (後にこれは、向こうの大学を脅して無理やり、大学を出た形にしてウヤムヤにした、詐欺師の小泉は結局、その大学から名誉博士号みたいな、怪しげなものを受け取るようにして、それで自分は詐称していないとかいっていた覚えがある、)


  アベの場合も似たようなもので、こいつは馬鹿だから勉強は一切できないのだけど、
  
  アベのやつも海外の大学を出たといっていたが、実は大学の講義を何度か聞きに行っただけで、大学の卒業はしていなかったらしい、


  それがバレるとこいつは、自分のホームページとかからこっそり情報を消していたらしいが、相変わらずのセコイゴミ人間である、

 
  そんな学歴詐称の多い自民党だけど、そういう組織が出した人間なので、日銀の役員も学歴詐称をしていた、

  日銀のトップというのは専門家を選ぶもので、そういう形で中立性を保っている、

  そこに学歴詐称の詐欺師をアベが送り込んだのだから、今の日銀の運営が中立ではないのは、この点からも分かるだろう、


  日銀にもチェック体制はあるだろうから、そのアベが送り込んだ人間の学歴については、ある程度把握をしていたろうし、学歴詐称についても早い段階で気づいていただろう、

  それでもなにもしないわけだから、この日銀がアベの犬でしかない私的組織なのは、はっきりしたといえる、


  アベのようなバカが大きな顔をすれば、それだけ社会は歪んでくることになり、その修正はほとんどできなくなる、

  今回のようなインチキで日銀の運営をした前例があれば、日銀に対する信頼は二度と戻らない、


  国家とは、建物のようなものであり、作るのは大変だが壊すのは簡単なので、

  アベのようなアホによって、この国には天文学的な損失が潜在的にはもう発生しているのでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR