01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

株価暴落の危険性、日本の株はなぜ下がるか?、消費税を上げるアベ自民の意図、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  よく考えると私は、なぜ政治の文章を書いているのかと、疑問に思うことがあります、

  私はゲームが好きなだけの人間なので、特に政治的な人というわけではないのですが、天性の勘の良さが、今政治を書かないとまずいと思わせているのでしょう、

  
  方舟を作ったノアは、私みたいな人だったのでしょうが、それはともかく何か書いてみると、

  今の状況で大きな問題になりやすいものとして、円高の傾向が存在している、


  少し前は円安にふれていて、日銀はマイナス金利に言及するなどして、円安株高という図式があった、(マイナス金利は政府の選挙対策だった可能性も高いが)

  そういう図式があったのに、なぜか今の日銀は円高を容認している、


  最近日銀は金融緩和策に対して、現状維持をすると発言していて、以前いっていたマイナス金利の拡張はいわなくなっていた、

  少し前に日銀がいっていたマイナス金利の拡張は、金融機関に対する日銀からの貸出に対して、マイナスの金利をつけるというものだった、


  これは実質的な日銀から、金融機関への利益供与に近いものがあり、日本の金融機関が日銀からお金を借りると、利息がもらえるというかなり変なものだった、

  普通はお金を貸したら利息がつくのに、なぜか日銀からお金を借りると利息がつく、奇妙な制度をやるといっていた、


  この発言は北海道の補選の前に行われており、政治的な考えがあっての事だったのだろうが、

  そういうことについて市場はどうなるか期待をしていたのに、なぜかほとんど変化のない発言を日銀がした、


  日銀が金融機関に、このような事をいったのは日本の株価の下落要因が、以前金融機関の株価下落を起こした、マイナス金利によるものだった点を考えてだろう、

  つまり今回のような変わった対応をして、金融機関の株を上げるようなことをすれば、株価全体の上昇が見込まれると考えたのかもしれない、


  そして、そういう対応を日銀に対して市場は期待していたのだが、何故か今回はその事ついて、発言をしなかった、

  その結果その日のうちに5円ほど円高になっており、株価も600円ほど下がることになった、


  先物取引ではさらに800円ほど下がっていて、トータルで見ると1500円ほど下がる可能性が出ている、


  株式相場は明日開かれるのだけど、最初の段階の暴落はほとんど避けることはできないだろう、

  当然円高の動きがあるのだから、ただ、その後のいろいろな対応で変化をする可能性はある、


  結局は円安によって起こった、株高というたまたま起きた現象を、経済的な意味だと考えてしまったことが、今のような混乱を生んでいるのだろう、

  今の株はちょっと危ない所があり、特に自民党の政治的な理由で左右されやすい環境では、暴投や暴落は当然あると考えたほうがいいでしょう、


  次に、似たようなことを書いてみると、今のような株価の動きはどうやっても起こる可能性があります、

  この話は以前書いたかもしれないのだけど、今の世界経済は悪循環の中に存在しています、


  今の世界経済には3つの問題があり、一つが原油価格の下落、もう一つが中国経済の悪化、そして最後がアメリカの金利引き上げです、

  ただ原油と中国経済に対しては、対応をするようになっており、以前に比べると状態は良くなっている、


  特に原油価格はかなり上昇しているから、産油国にとってもそれなりにメリットがある環境にはある、

  中国経済もそれなりにはマシになっていて、以前ほどは危険ではないようだ、


  しかしこのような経済の立て直しが起こると、実は3つめのアメリカの金利引き上げが起こる可能性が出てくる、

  アメリカは1.25%の金利引き上げを、今年中に行う考えを持っている、


  とはいえそこまで上げられるかは分からないが、そのような意を内部に持っており、今のところ0.25%の利上げをしている、

  後は次にいつ利上げをするかということだが、どうやら二ヶ月後辺りに来そうだという意見がある、


  そういう傾向が見えてくれば、世界経済の減速が進んでくるし、特に金融経済には大きなダメージになる、


  こうしてみれば分かるように、今の世界経済はたとえ良くなっても、アメリカが利上げをするので結局、悪化するようになっている、

  そして悪化をすれば日本の円が高くなるので、円高株安の動きは変わらなくなる、

  
  日本はなぜか世界経済が悪化すると、円高になる性質を持っているため、今の国際情勢では金融的なメリットは低く、金融的に問題を解決できる環境は国内にはない、

  あるとすれば強い円を使って、海外投資をするのはベターだが、それ以外の方法はあまり効果がないだろう、


  そういう点を考えながら自民党体制を見るべきで、本来株が下がるしかない環境に日本はあるのだから、

  株を無理やり上げる姿勢の強い自民党は、経済的リスクを生んでいるだけ、というのが実際に起こっていることです、


  後は、アベ自民が熊本の地震を災害認定したのだが、どういうわけかこいつらは熊本の地震は災害ではないといっている、

  つまりアベはバカだということになるわけだが、それ以外の見方で考えてみると、こいつらのご都合主義があるといえる、


  アベのやつは被災地に対する支援をする考えがなく、それを軍事アピールとしてどう使うかと考えていた、

  そこでオスプレイの運送などに使ったのだが、実際にはオスプレイは利用されておらず、本来する必要のない運送を行い、写真を撮るだけななんの役にもたってなかった、


  本来であれば自衛隊のヘリを使えば、前日には運べていた救援物資を、わざわざオスプレイのためにとっておき、20キロほどの短い距離を移動して、マスコミに写真を取らせて災害に役にたったと書かせ、何の役にもたたずに帰ったらしい、


  そんなことを第一にやるのがアベの屑なので、こいつに被災地に対する支援なんて気持ちは一切ないが、


  この馬鹿が次にやったのが、被災地の認定をすることを、わざと遅らせることだった、

  今回のようなことが起きた場合は、被災地として国が認めるのだが、こういうことをすると現地の権限が強くなり、色々なことができるようになる、


  だから基本的は災害が起きた時は、できるだけ早く認定をするのが普通だが、

  アベは二週間ほどたった頃に認定をし、地震がほとんど収まってから、意味もなく災害の認定をした、


  ほんとしょうもないバカだけど、この馬鹿のいっていることで矛盾があるのは、なぜ災害に認定をしたのに、消費税を上げることについては、これは災害ではないと発言しているかだ、


  アベ自民は熊本の地震は大したものではなく、これは消費税をやめるほどの大きな災害ではないとしている、

  それなのに災害の認定をする手続きはしており、その矛盾は存在している、


  そういわれると災害の程度が違うのではないか、という意見もあるだろうが、補正予算も組む予定の大規模災害なのだから、自民党も今回の件が大きな問題であることは認めている、

  それなのに問題だと認めないのは、消費税を上げる時の妨げになるからで、なぜか自民党は消費税を上げたがっている、

  
  自民党は多分だが、消費税を上げてそれを軍事予算に使うのだと思う、

  実際以前上げた消費税も、社会保障以外に使わている所が多く、

  そして自民党は軍事利権を拡大しようとしているので、消費税を上げて何に使うのかといえば、軍事以外の可能性は低いだろう、


  自民党は熊本の地震に対して災害の認定をしたが、それが消費税を止めるほどの災害だとは認めていない、

  しかしその程度の災害ならば、大きな予算を組む必要はないのだから、今の自民党の姿勢には矛盾がある、


  だとして、連中がどうして消費税を上げたかっているのか考えると、当然社会保障のためではないだろう、

  自民党が社会保障を充実させるわけがないのだから、それ以外といえば軍事しかない、


  自民党が熊本の震災を、消費税を上げるほどの災害ではないというのは、消費税を軍事関係に使う予定で、それを上げられないと困るからだろう、

  今の自民党ならば、それ以外の可能性はないからだ、


  アベ自民は地震が起きたら、オスプレイのデモンストレーションに使い、

  そして被害が拡大しても消費税を上げて、大規模震災だと認めないのは、消費税を軍事に使う予定だからと考えていいでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR