01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

熊本の地震で起こる諸々の問題と、そのこれから、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日は九州の方で地震があったので書いてみると、急に震度7強という強い地震が起きて、九州の方では色々大変なことが起きているようです、

  津波はないので対応はしやすいと思いますが、暫くはいろいろな対処が必要になるでしょう、


  こんなマイナーなブログで書いても、意味があるかどうかはわからないのですが、このような地震が起きた時に重要なものは、貴重品を集めておくことです、

  何故かというと逃げなければいけないので、持っていくものをまとめておくことは大事です、


  同時に泥棒に狙われやすくもなるので、どういう形で用意をしておくかは考えたほうがいいですが、

 
  もう一つ重要になるのは、頭をガードする製品です、

  この規模の地震になると建物が壊れる可能性があり、もしそうなれば建物から出ていかなければいけません、


  その時に頭を守るものがないと、非常に不安になるので気をつけたほうがいいです、

  できればヘルメットがいいのですけど、座布団などを用意しておいて、いざとなったら頭に被って逃げるのも一つの方法です、


  食料などは多分それほど問題にはならないでしょうが、水は水道管が壊れてしまうと止まる可能性があります、

  なので水を買いだめしておくか、風呂に水をためておくことは重要でしょう、


  今回の地震は津波が起こるわけではないので、極端に危ないというわけではないようです、

  ただ九州は火山が多いですから、阿蘇山や桜島の噴火については考えておいたほうがいいでしょう、


  しかしこのタイミングでもアベは、川内原発を稼働させているのだけど、これ爆発をしたらどうするんだろうね、

  ともかく地震の問題は非常に大きく、長期的に九州の問題になるでしょう、


  次にこの地震がどうなるかかいてみると、被害がどの程度なのかがわからないので、なんともいえない所があるのですが、

  ちょうど夕食時の時間帯だったので、色々なところで火災が発生しているようです、


  たしか東京大震災も同じような、食事時に起こって火災になったとか聞いたことがあるけど、今回もそれに近いことが起こっているようだ、

  そのため建物の消失などが多く起こっているが、そうなると暫くは政府の用意したところに住むことになるでしょう、


  その後も色々な保証が必要になりますが、その保証はかなり厳しくなるのではと考えています、

  何故かと言うと自民党は参議院選挙対策のために、色々な予算をもう使っています、


  特に高齢者向けの3万円配るものなど、そういうものに予算を使っているため、このような震災に対する余分のお金が、残っていない可能性が高いです、


  この点に関しては、予算を無理に使うのは後で問題になると、指摘していた民進党の岡田の意見があっていたようだが、

  自民党は金があると考えて、その殆どを選挙対策に使っているため、今回の震災の補助をするお金がないかも知れません、


  そのようなリスクがあるので、自民党の支援は不十分な形になると考えてよく、まともな支援が来るとは考えないほうがいいです、


  後は、ちょっとドライな見方をしてみると、今回のことが政治的にどうなるかというと、2つの可能性があります、

  一つは自民党は自分の手柄として、プロパガンダの道具として利用することです、


  そのため一応は支援をする形が出るので、多少は被災地の生活が改善するでしょう、

  しかしそれはテレビ向けのプロパガンダなので、本質的には支援は来ないと考えたほうがいいです、

 
  それ以外では、衆議院選挙がかなり厳しくなった、というのはあると思います、

  アベのやつは衆参同時解散を想定していたが、後数ヶ月で解散総選挙ができるほど、情勢が安定するとは考えづらい、


  それでもあのバカならやるかもしれないが、さすがに顰蹙を買うだろうから、その場合は自民党は選挙に負けるだろう、

  となると衆議院選挙はかなり難しくなり、自民党の選択肢は狭まったといえる、


  そして他の点としては、アベのやつは川内原発を安全だといって、動かしていたけど、それが間違っていたことが証明されてしまった、

  当然そうなればそれを認めた裁判所、そしてアベは責任を問われることになる、


  震度7の地震に耐えられる建物はないのだから、当然原発であっても耐えることはできない、

  そう考えるならば今回の地震は、アベ自民党の失態であり、安易に原発を動かして、地域住民に危険を晒した責任はある、


  とはいえアベ自民に責任意識など一切ないので、適当にごまかして逃げるでしょうけど、


  このような変化が起こるだろうが、九州は自民党の強いところですから、それに対する支援はしようとするはず、

  しかしそのための予算は使いきっているので、表面的な対応が主になるだろう、


  さらにアベ自民は劇場型政治を重視しているので、パフォーマンスで復興支援をするが、根本的な対応をする可能性はないと考えていい、

  そう考えると今回の地震の影響がどの程度あるかは分からないが、大きなダメージがあった場合は、九州地方の衰退はさけられないだろう、


  こういう可能性が見えているけれど、結局いえるのは自民党は社会的リスクであり、今回のような問題が起こった時に、一番厄介な相手になるということです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR