03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

自民北海道補選の失敗、拡大するアベノミクス不景気、


地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  よく考えるとなぜか長期間ブログを書いていますが、こんなに長く書く方はあまりいないようです、

  多くの場合途中で飽きてしまうらしいですけど、私の場合なぜか終わりが来ないです、


  まあアベがくたばったら終わるんだろうけど、それはともかく書いてみると、

  話題としてあるのは、やはり北海道の補選の話があるようだ、


  北海道の補選は自民党が有利といわれていたが、今は五分五分くらいになっている、

  この選挙区では、北海道新幹線を通した人物の跡継ぎが候補者になっており、その点を盛んに宣伝しているらしい、


  ただ北海道新幹線は失敗していて、実はあまり人気を得ていない、

  確かに最初の頃は人気を得ていたのだが、すぐに評価が下がってしまい、今はあまり乗る人がいないらしい、


  そもそも北海道へ行くならば飛行機が便利で、新幹線で移動をしようとすると、飛行機の倍くらいの費用がかかる、

  それでは乗らないだろうなというのがある、


  そういう不良品みたいな新幹線を作ったのが、今の自民党の候補者の前の代の人で、それを盛んに宣伝しているが、あまり効果はないのだろうな、


  北海道のJRは収支が悪化しており、路線の設備を維持することも難しく、最近もそれが原因で事故を起こしていた、

  点検もほとんどできなくなっていて、非常に危ない路線になっている、


  北海道新幹線が、直接北海道のJRとつながっているかは分からないが、ある程度は関係があるし、もし北海道の新幹線が失敗をすれば、その負担は北海道のJRにも来るだろう、

  そして今のように財政状態の悪い北海道JRに、その負担がかかれば大きな問題になるだろう、


  もしかすると今まで以上に整備に予算が組めなくなり、最悪の結果が生まれるかもしれない、

  それをアベの手下の自民党候補者は、誇らしげに自分の手柄だといっているが、何をしているのかすら理解できていないのだろう、


  この自民党の候補者は以前、待機児童の問題は収入のない旦那の問題であり、そんな収入のない奴が結婚したのが、悪いとでもいうような発言をしている、

  バカっていうのはアベのような真性のバカもいるけど、こういう理解していないバカというのものもいる、


  この自民党の候補者は北海道新幹線の問題点を指摘せず、そのリスクについては全く言及をしていない、

  また待機児童の問題についても、本質的なことを理解できているとはいえず、カルト宗教の信者のような、信念は持っているが現実を見ていないようなところがある、


  まあそういう所が国民の批判を浴びているのだろうが、この人物と野党候補との選挙については、どうなっているか違う意見がある、

  ある情報によると、野党の候補者がすでに追い抜いているというのがあり、もう一つのものとしては、まだ与党候補者が前にいるというのがある、


  どちらが正しいのかは分からないが、見方によっては野党候補であっても、勝っているように見えるのだろう、

  正直この北海道の補選は、ある程度勝負になったけどうまく行かなかった、という話になるのかと思っていた、


  相手は有力者の跡継ぎだし、普通方法ではまず勝つことができない、

  そう考えるとここで野党の候補者は顔を売って、それを別の選挙に利用するのがよいのでは、という風に思っていた、


  しかし、現状では十分勝てる環境があるようで、上手くけば自民党の議席を減らすことができる、

  ついでに国民を裏切った鈴木宗男の党も潰せるので、一石二鳥にはなるのだけど、


  最近の選挙は結構変化が起きやすいですから、ある程度流れができれば勝てるかもしれません、


  次に、これといってネタが思いつかないので、アベのやつがやった経済政策がなぜ失敗したのか書いてみると、

  アベノミクスといえば、今では失敗の代名詞と呼ばれており、不幸の象徴のようなものになっている、


  以前はマスコミのプロパガンダもあったので、少しは価値のあるものだと思われていたが、今となってはただのゴミとしてしか扱われてはいない、

  ではアベのやったゴミ政策の、アベノミクスがなぜ失敗したのかというと、大きな点としてあるのが所得の減少である、


  こいつがやった経済政策で最悪なのは、国民の所得を大幅に減らしてしまったことだ、

  アベがやったのは詐欺師の小泉と同じ新自由主義政策であり、貧困層を生み出して擬似的に経済を拡大させる方法論ある、


  例えば100万円もらっている人の給料を、50万円に減らすことができれば、企業業績は50万円良くなる、

  一人では大したことにはならないが、これを数千万人単位でやれば天文学的な利益になる、


  詐欺師の小泉がやっていたのは、このような経済政策でしかなかったが、基本的にはアベ阿呆も同じことをしている、


  そのためアベのやつが政権についてから、急激に国民の所得が悪化するようになり、その結果個人消費が大きく落ちることになった、

  この個人消費については消費税の影響もあるが、一番大きいのは所得の現象であろう、


  例えば消費税がある程度上がったとしても、それ以上に所得が増えれば経済的な問題はなくなる、

  しかし現状では国民の所得が減っており、そこに消費税がアップされてしまったので、致命傷になったと考えるのが妥当だろう、


  この件についてアベのアホは、消費税がすべての原因で、アベノミクスは関係ないといっているが、

  どう考えてもアベノミクスが完全に失敗して、消費税がそれに追い打ちをしているだけだ、


  こういう問題があるのだが、アベのやつは何でも消費税のせいにしているので、消費税を上げないことを最近いい出している、

  しかし消費税を上げなくても国民の所得が減っているのだから、消費税とは関係なく個人消費は減るだろう、


  結局詐欺師の小泉もそうだが、貧困層を増やして見た目上経済をよくする、自民党の経済政策は一時的にはいいのだが、何年もやっているとボロが出てくる、

  そういう時期がもう来ているので、これから日本経済が良くなる可能性はないだろう、


  アベのやつは東京オリンピックとか、そういうので経済が良くなるといっているが、これから国民の所得は増えることがないのだから、経済が良くなる可能性もない、


  アベノミクスはなぜ失敗したのかと書いたけど、なぜ失敗したのかではなく、これからさらに、大きく、とんでもなく失敗していく、墜落する飛行機のような世界が、これからの日本で広がってくるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR