04 月<< 2020年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

アベガソリンで霞んだ山尾問題、アベを見限った検察の動き、報道されないパナマ文書、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は急に暑くなっていますね、私は常々南国に住みたいと思っていたのですが、いつの間にか日本は南国風の国になっているようです、


  あれ、移住しなくていいんじゃね?、みたいな感じがしてますが、それはともかく書いてみると、

  最近の話題としては民進党の山尾氏の問題があるかな、この人物は女性で保育園落ちた日本死ね、というブログを国会で紹介した人である、


  そういうことをしたせいか、既得権から嫌われているようだけど、それが原因でガソリン代の問題を指摘されている、

  この人物は秘書が不正をしていたようで、最初は200万円ほどのガソリン代の問題をいわれていた、


  その後400万円までガソリン代が増えて、大きな不正問題になっている、

  本来ならばこれで民進党叩きができると、アベのバカが考えていたのだろうけど、馬鹿だったので上手く行かなかった、


  実はアベのやつは年間500万円以上ガソリン代を使っていて、しかもそのガソリンを消費している車は、一台だけだったらしい、

  一台の車で500万円もガソリンを使うのはおかしい訳で、不正会計だといわれてもしかたがないだろう、


  山尾氏の問題は不正をした秘書の問題であり、多分その秘書が自民党に情報を売って、プロパガンダをしようとしていたのだろう、

  小沢氏のことも秘書が裏切って情報を自民党に流し、それでいろいろな騒動になっていた、


  この点を見る限り、小沢氏の問題を引き起こしていたのは、自民党だと考えるしかないけれど、


  ともかく山尾氏のことは大きな騒動になるはずだったが、それ以上にアベが不正をしていたので、騒動になることがなかった、

  マスコミ連中は政府の犬なので、盛んにこの問題を批判していたが、結局アベの不正なガソリン代に比べて小さいので、インパクトがなかった、


  アベが毎年500万円以上、不正なガソリン代を計上しているのに、山尾氏の400万円を問題視するのは、無理だったのだろうな、


  そういう所があったので、マスコミを使った自民党のプロパガンダは不発したようだが、プロパガンダをするにも器量は必要であり、アベのバカにはそれがなかったということなのでしょう、


  次に、今日は話題が多いのだけど、甘利のやつが関わったURの不正問題は、なぜか検察が捜査をすることになった、

  この件では検察は全く調査をしていなかったが、弁護士などが起訴するように圧力を加えたため、どうやら一応は動くらしい、


  そもそもこの件については、不正に関わった会社の人物が、最初に検察に相談をしていた話がある、

  つまりその時点で本来ならば起訴をするなり、対応をするのが検察の仕事だったのだが、


  政府の犬の検察にはそのような考えがなく、その会社の人物が民主党に情報を流し、週刊誌等にも流したため、やっと動くようになった、
  

  ただし所詮は検察にすぎないため、連中は自分の利益を最大限に考える連中ですから、法律上正しいかという判断はしないはず、

  それでも動くということは、アベのやつに陰りが見えていると判断しているのだろう、


  そういう意味でいえば北海道の補選などで勝つことができれば、一気に甘利の逮捕まで持っていけるかもしれません、


  後は、パナマ文書というものが話題になっていて、海外ではこれが原因でやめた政治家もいるようだ、

  この文書はタックスヘイブンと呼ばれるパナマで、世界中の有力者が脱税をしていたという話です、

  
  パナマは税金が安いので、この地に資産を移して税金を支払わないですむように、色々な工作をしている人がいて、今まではそれがオープンになることがなかった、

  しかしパナマの、タックスヘイブンとしての人気が下がってきたせいか、この地域のある事務所の情報が流出して、それが大きなスキャンダルになっている、


  ただしこの情報はアメリカが有利になるような、そういう雰囲気もあるものなので、ほんとうの意味で暴露された情報であるかはわからない、

  しかし、ある程度は世界的な脱税の問題が見えており、いろいろな意見が出ているようだ、


  このパナマ文書には日本の企業や有力者の情報もあり、本来であればそれを調べる必要があるのだが、自民党は一切やる気がないらしい、

  文章の確認すらしないといっているので、自民党はこのパナマ文書に載っていると考えてよかろう、


  アベとかもバッチリ載っていそうだし、それを避けるために調べないといったのだろうな、


  このような税金を支払わない問題は、グローバル化に関連した問題であり、

  例えばグローバル企業の多くは税金を支払っておらず、世界的な著名人も税金を払っていない人は多い、


  有名なところだとアマゾンやグーグルあたりも、税金は支払っていないし、

  スターバックスなども税金は基本的に払っていないようだ、


  こういう税金の回避の問題は以前から指摘をされていたが、具体的な対応は今まで行われてこなかった、

  なぜなら対応をする大統領や有力者が、その脱税に深く関わっていたからだ、


  パナマ文書の問題は非常に大きなものだろうが、日本では話題になることはあるまい、

  なぜなら日本のマスコミは政府の犬であり、国家権力にとって損になることは基本的には報道をしないからだ、


  パナマ文書はある程度公開されているから、その気になればマスコミで調べることは可能だろう、

  しかしその程度の労力すら連中がする可能性はなく、黙っていたお礼をアベに請求するだろう、


  そんな腐った国なので、日本の有力者が脱税をした証拠が、国際社会で広まっていても、日本人だけは永遠に知ることはないでしょう、

  日本は五感の存在しない、何も感じることのできない国ですから、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR