01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

北海道補選の重要性、アベが潰した年金制度、過労死による生け贄経済、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  実は最近体調が悪くなっていて、今日もどこまで書けるかわかりませんが、気温の変化が激しくて、風邪をひいたようです、

  私は風邪とかめったに引かないのですが、珍しく体調が悪いです、


  それはともかく書いてみると、最近の話題はあまりこれといったものはないが、しいていえば北海道の補選がある、

  これから京都と北海道で補選があり、その議席はそもそも自民党の議席だった、


  基本的に補選というものは、その議席をとっていた勢力が有利になりやすいのだが、今回はかなり違ってきている、

  京都の方は育児休暇をとるといっておきながら、不倫をしていたバカ自民党議員の場所なので、結局この補選からは自民党は逃げている


  候補者すら立てないというのは、しょうもない連中ではあるが、も一つの北海道の補選は、自民党の有力議員の後継者が出ていて、こっちは自民党が有利といわれていた、
 
  北海道では鈴木宗男の党が自民党に寝返り、この選挙では自民党を支持するようになっている、


  鈴木宗男の党は北海道では影響があり、ここまで条件を整えていたので、自民党の楽勝だといわれていたのだが、

  蓋を開けてみると、野党の候補者との差が殆どなかった、


  この調査結果は自民党の調べたデータでも出ており、今のところかなり僅差の関係にあるようだ、

  もちろん自民党としても落とせないところなので、かなり力を入れてくるだろうから簡単に勝てるわけではないが、勝つ事自体は可能なようだ、


  今回の選挙では共産党も選挙協力をしており、その結果自民党と野党の差がかなり近くなっている、

  やはり候補者を一本化したのが大きく、それによって選挙情勢が変わってきたようだ、


  この選挙が重要になるのは、衆参の同時選挙があるかもしれないからだ、

  自民党はこの選挙で負けたら衆議院の解散はしないといっており、もし野党が勝てば衆議院の選挙はなくなる、


  といっても嘘つきしかいない自民党のことだから、デタラメなことをいっている可能性もあるが、

  自民党の有力候補者の後継者を立てて、地元で一番影響力のある勢力を仲間にしても、選挙に勝てなければ、他も勝てないおそれがあるということになる、


  選挙で重要な事は、非常に単純ですが小さな選挙でも勝つことで、このような選挙の勝ち負けは非常に大きい、

  何故かというと選挙を熱心に支援している団体は、このような結果を見てどちらを支持するか決めるからだ、


  選挙結果というのは決まっていると思われているが、実際は支持者の中にもいろいろな意見があり、自民党を支援している人も一枚岩ではない、

  そのためこのようなところで負けると、支持者がごっそり寝返ることになるので、北海道の補選で負ければ、大きな損失になるだろう、


  そもそも今回の選挙はどちらも自民党の議席であり、京都が負けている時点で自民党の負けは確定している、

  なぜなら確実に一議席は奪われるからで、その時点で自民党は負けだろう、


  後はより大きな利益を得るために、北海道の補選で勝つ必要があるが、両方の候補者の差はそれほどは大きくないけど、終盤になると変わってくることもある、

  それまでにどのように競っておくか、それが重要になるでしょう、


  次に、アベのやった年金の運用で赤字が出たようだ、去年の段階で5兆ほどの赤字らしいけど、5兆ってすごい金額だね、

  今年金の積立金は150兆くらいだから、3%くらいがこの世から消えたわけか、


  今の年金制度は事実上破綻しており、この積立金がないと運用ができなくなっている、

  つまり積立金がなくなると、早期に年金制度が破綻する恐れがあり、もしかすると日本の年金制度はもうダメかもしれない、


  日本は少子高齢化社会ですから、基本的に相互扶助の年金制度は成立をしない、

  そのダメージを緩和するために必要なのが積立金で、このお金をどう管理するかによって、年金制度の将来性が変わってくる、


  そういう意味では非常に貴重なお金なのだが、アベのバカが株に突っ込んでしまったので、大きな損失が出たようだ、


  年金の運用自体は、正しくやっておけばある程度はうまくいく、

  実際去年も国債などで運用していた分は利益を出しており、株に突っ込んだ分が大きな損失になっている、


  そう考えるとアベのやった、株式への年金資金の投入は間違っており、年金資金を溝に捨てたといわれて当然だろう、実際そうなんだから、


  アベのバカが年金の資金を株に突っ込んだのは、人気取りの面が強くある、

  日本の株は2万円の辺りがピークで、そこから下落をするような状況にあった、


  それでアベのやつが18000円程度の頃に、年金の資金を投入することに決め、その価格帯で株式を多く買っている、

  そのためかなり高い金額で買っているので、このまま行くと非常に大きな損失になる、


  例えば大きな円高によって株が暴落した場合は、20~30兆ほどの損失が発生するといわれている、

  更にこの問題は株が高い時に買っているから、基本的に売ることが出来ないので、大きな問題になっている、


  自民党がやりたいのは戦前の軍国主義体制であり、一億層奴隷化の北朝鮮のような社会である、

  そんな社会にしたいと考えている連中が、年金制度の維持など考えるわけがないわけで、このまま行けば確実に年金制度は消えるでしょう、


  後は、過労死の増加について書いてみると、最近のデータだと日本の過労死は非常に多くなっているといわれる、

  日本の過労死は千人以上いるらしく、実際はその十倍はいるらしい、

 
  過労死というのは日本で多い問題で、海外ではこのようなことは珍しいようだ、

  国にもよるけど、例えば中国などでは残業が基本的にないので、過労死のようなことは起こりづらいらしい、
 

  外国では基本的に残業はないし、サービス残業のようなことは、途上国でも殆どないようだ、

  ついでにいうと、ブラック企業があるのは日本くらいで、海外ではこのような業者は基本的にない、


  なんでこんな狂った社会になっているのかというと、それは戦後の世界観が原因だろう、

  戦後は企業とともに人が生きる社会であり、企業の社会性を第一にしてきた時代だった、


  しかしそのような形はもう終わっており、企業の社会性というものは、すでに存在していない、

  企業なんてものは金儲けの道具に過ぎず、そこに社会性を見出すのは無理だろう、


  本質的にはそうなのだが、戦後の企業信仰がまだ残っているので、今でも企業が社会的意味を持つ、という考えは結構ある、

  そしてそのような考えが過労死やブラック企業の原因になっており、日本の労働環境が異常なのは、戦後の企業信仰が元になっている、


  このような考えは信仰なので、一種の宗教ですから、早々変わることはなく、

  日本の過労死問題は宗教的な生け贄として、これからも日本の文化として続くことでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR