06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

沖縄選挙の内実、寒いと活性化するアベ害、分裂した日本社会における経済の見方、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は妙に寒い日がありますね、個人的に寒いとアベのアホが活気づく気がするので、警戒しているのだけど、また問題が起きたようだ、


  少し前に沖縄で市長選挙があり、そこで自民党と公明党が押している候補者が勝った、

  この地域は普天間基地との関係が深く、基地問題をどうするかでもめている地域だった、

  しかし自民党の現職議員は、その問題を一切口にすることなく、争点を出さないようにして選挙をしていた、

 
  この選挙では互角の勝負といわれていたが、結果を見ると5000票ほどの差がついていた、

  投票をした人が50000人なので、一割程度の差がついたといえ、あと一歩というところがあった、


  この件についてマスコミは大差がついたといっているが、実際は5000票なので得票の差は55対45であるから、そう大きな差がついたわけではない、

  また自民党は現職の候補者であり、また年齢も若かったため、政治的な判断というよりは、その人物自身が評価された面も強くある、


  以前も自民党が市長選挙で大きく勝ったことがあったが、その時も年齢が若い現職議員だったので、

  若い現職議員という条件がつくと、かなり地方選挙では有利になりやすい、


  そういう経緯があったようだが、この選挙では少し前まではどちらも得票が変わらない状態だった、

  調査でもほとんど差がない状態だったのだが、終盤になって急に開くようになった、

  その差が開いた大きな原因として、期日前投票の急激な増加があり、それによって差が出たのではないかという説がある、


  以前も自民党や公明党は、期日前投票を利用して票を増やすことをしており、選挙終盤になって急激に期日前投票が増え、それが自民党に有利に働くことがある、

  今回の件でも、選挙における得票はそんなに差がでない感じだったが、多分期日前投票で急に動きが変わっている、


  そうなった理由としては、よくいわれる公明党の集票があったのかもしれない、

  公明党はかなり強引に人を集めて、投票をさせることがあるけど、期日前投票でそれをやったのだろう、


  今回の選挙では投票率が高くなっているが、それが結果的に与党にとって有利になっている、

  普通投票率が高い場合は、野党が有利になりやすいのだが、それが逆に与党に有利になっているのは、何らかのからくりがあるのだろう、


  それが、選挙終盤になって増えた期日前投票の可能性があり、その投票が差になったのかもしれない、


  また今回の選挙では、野党共闘の限界が見えた所もあり、リベラル的な方向では選挙に勝てない結果も出たように思う、

  今回の選挙での得票は、今までの市長選挙の左翼勢力のマキシマムの票を得ており、実は選挙そのものはそんなに悪くはなかった、


  逆にいえばそれだけだったという意味もあり、保守や右翼的な票の積み増しが出来なかったことが問題だったのだろう、


  今回の選挙では得票の差は5000程度だから、実際の差は2500票になる、

  自民党の候補者の得票を2500程度減らせれば、実は野党候補者が勝っていたことになる、

  そういう意味ではハードルが低く、十分可能な状況ではあった、


  ただしそれが出来なかった現実もあり、それがで無理だったのは左翼的な方向に寄りすぎて、必要な票を取れなかったことに問題があるのだろう、

  
  とまあそんな真面目な話を書いた後で、ちょっと怪しげな話を書いてみると、

  実は私はこんなことになるのでは、という予見がありました、


  なんであったのかというと、それは寒かったからです、


  私は時々書くのだけど、アベのやつが調子に乗ったり運が良くなる時があって、大体そういう時は寒いことが多い、

  以前選挙でも大雪が降っていたし、少し前の都知事選では大雪で大変だったが、そういう重要な選挙ではすごく寒くなる、


  今回沖縄でも雪がふるくらい寒かったですよね、それを感じてこれまずいなと思って、日曜日にブログの文章をアップしたのですが、

  そんなオカルトな理由で書いたのですけど、なんだか理由はよく分からないが、当たってはいたようです、


  ついでにいえば、少し前に株価が暴騰したことも、今株価の下落がゆっくりになっていることも、寒さが原因じゃないかと思っています、

  まあ寒さが原因というよりは、ツキの流れが変わるというか、そんなことを思っているのですけど、


  今回に関しては、沖縄で雪が降るような異様なことがあったので、個人的にはスルーをしたほうが、安全な話題のような気がする、

  それよりも別の環境で攻撃をするべきで、こっちが有利になるような手を考えたほうが、意味があるような気はしています、


  では日本経済について書いてみますか、なんだか大きな話にみえますが、大したことではないのですけど、

  うーんと、日本経済は良くなったという意見と、悪くなったという意見を両方聞きます、

  実はそれは両方とも正しい所がある、


  今の経済は富を偏らせることによって、経済指標を引き上げることを重視しており、低成長期の経済成長という、非常に歪んだ経済システムになっている、

  低成長期の成長は、人間でいえば無理をして何かをするようものだから、当然歪が出てくるし、色々な問題も発生してくる、


  そのようなものが大きくなってくると、経済的に社会は分断されることになり、金持ちと貧乏人が別の扱いになる、

  そして、そうなると経済に対する見方が二通り生まれることになって、金持ちの経済視点と、お金のない人の経済視点が、並列するように変わってくる、


  今の世の中は富の偏りによる、見かけ上の経済発展を目指している、

  そのためその恩恵を受ける人は、非常に大きな富を得て、メリットも受けている、

  逆に、富の偏りによる被害を受けている人は、非常に深刻な負担が発生しており、そのデメリットを受けている、


  今の経済は富の移転による、搾取経済でしかないので、全員にメリットのある経済は存在しない、

  現在の経済は、特定の誰かにしか意味がなく、それ以外の人には損失になるもの、そういうものだ、


  だから、テレビや新聞をみると景気が良いという言葉を見る、けど多くの場合自分はそうじゃないですよね、

  まれにそうだという人もいるだろうけど、大半はマスコミのいう好景気とは関係がないはず、


  そこで考えるべきは、今の経済は複数に分裂をしていて、互いにあまり関係がなくなっていることで、

  お金持ちの経済と、お金のない人の経済は、相関関係はあるが直接的な関係はない、


  だからテレビや新聞がいう好景気というのは、自分とは関係のない世界の経済問題であり、実は自分にはまったく意味のない経済のことを、自分の経済問題だと思い込まされているに過ぎない、


  今の時代はパーソナリティの時代であり、悪くいえば自分以外は関係のない社会だ、

  もしくはミニマムな小さなコミュニティーレベルでしか、世界観が成立することがなく、それ以外の世界との断裂が強くある、


  そういう世界では経済も分裂をしており、テレビや新聞がいう経済と、自分の住んでいる世界は、違うのが当たり前なのだ、

  そのようなことを考えておかないと、今の世の中では色々騙されるだけで、不幸な一生を過ごすことになるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR