01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

軽減税率が生む貧困問題、どうやっても消える年金の積立金の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、そういえば最近妙に更新が多いけど、なんてこうなったんですかね、

  うーむ、ああそうかデモに行くようになって、それが原因で更新をするようになったのか、

  最近はあまりデモが行われなくなったので、行く機会も減りましたが、デモが原因で回数を増やしたんでしたね、


  前は結構時間に余裕と思ったのにとも思いましたが、で、今起きている政治的な問題としては、軽減税率の問題が存在している、

  アベのバカは知能がないので、軽減税率を導入したが、この制度には大きな問題がある、


  軽減税率の制度は、本来であれば大規模にやらないと効果がない、

  例えば食料品の税率をゼロにするとか、それくらいやらないと貧困対策にはならない、

  しかしそうすると、消費税の税収が減ることになり、それで食料品の一部のみを、8%の税率で維持することになった、


  この程度の減税措置では、ほとんど貧困対策にはならず、金持ち優遇の政策にしかならないだろう、

  消費税自体が逆進性といって、金持ちのための税という意味が強くある、


  人間が消費をする量は誰でもそれほどは変わらず、たとえばお金持ちでも貧乏な人でも、必要な消費の量は違わない、

  そのため一律の税金にすると、お金持ちでも貧乏な人でも、負担する金額がおなじになってしまう、

  そうなれば収入が多いお金持ちが有利になってしまい、消費税は貧困層にとって大きな負担になる、


  軽減税率は海外では大きく行われていて、普通の商品にかかる税金は非常に安い、

  海外の軽全税率を導入した消費税は、以前の物品税に近い制度なので、高級品以外には、高い税金が掛からないようになっている、

  そのため、金持ちのための税という意味があるので、海外の消費税は逆進性が低く、貧困層にとっても大きな負担には、ならないように配慮されている、


  そういうことを一切考えずにやっているが、今の消費税なので、

  軽減税率といって、一部の商品の値段を据え置いたとしても、貧困対策になる可能性はまったくない、

  あるとすれば金持ち優遇の意味が、多少緩和する程度のことだろう、


  多くの人が勘違いをしているのは、海外の消費税は以前の物品税のような、金持ちのための税であり、一般の人が負担をするようなものではない、ということだ、

  お金がない人から金をとっても、貧困問題が悪化するので、返って社会保障などで、負担が増加することになる、


  例えば日本ならば、消費税を上げてから生活保護の人が増えたけど、そういう感じで社会的な弱者を量産してしまうので、

  お金のない人から税を取るシステムは、トータルでみるとメリットはない、


  基本的に税金は金持ちや企業からしかとることはできず、お金のない人から税を取るシステムを作ると、社会が崩壊して、想像以上の負担が発生することになる、

  今の日本なんて、社会崩壊をもうすでに起こしているし、それによる負担が急増しているが、

  そういうことが起きたのは消費税のような、お金がない人に負担をさせるシステムを作ったことが原因で、それによって日本は傾いたのである、


  なんだか話がずれたけど、消費税は金持ち優遇の税制度であり、実はまったく公平なものではない、

  たしかに誰でも同じ税金を払うが、誰でも同じ収入を得ているわけじゃないのだから、支払いだけを公平にすれば不平等になる、


  そういう制度で、一部税金を据え置いたとしても、貧困問題は更に進むことになり、

  この国の貧困問題は、いずれ手のつけられない問題に変わってくるでしょう、


  次に、年金の資金が消えるおそれがある話が存在していて、結構大きな問題らしい、

  以前は債券と株式に年金の資金を投入していたが、今は殆ど株式で運用するようになっている、


  そのため年金の積立金の半分を株に投入していて、それが大きな損失になるのでは、という意見が出ている、

  今のところ7兆円程度が、今年のはじめの値下がりで消えたといわれており、最悪このまま行くと、20兆程度は積立金が消えるという話がある、


  確か年金の積立金は、100兆くらいだったような気がするから、その半分の50兆を突っ込んだとして、それが半分程度消える計算になるのか、

  となると、アバウトな計算になるが、積立金の四分の一程度は消えることになるな、


  今は少子高齢化社会であり、相互扶助の年金制度は成立しない、

  若い人のほうが歳をとった人よりも少ないのだから、若い人が高齢者を支えるのは不可能で、そういう形で年金制度を維持することは無理だろう、

  そこで重要になるのが年金の積立金で、このお金があれば一応、ある程度の期間制度の維持はできるのだが、積立金がなくなったら制度は崩壊するだろう、


  アベのバカがやった今回のことで問題なのは、株が高い状態で資金の投入をしたことだ、

  アベが株式に資金を入れ始めたのは、確か去年の夏辺りで、株価がピーク近いところにあり、段々下がり始めた時期だった、


  そこでアベのやつがいろいろな機関に、株に資金を入れるように指示をして、一時的に株価が上がる状態があった、

  実際去年はマイナス成長だったのに、株価が二万円近く行く時期もあって、景気が悪いのに株価は上昇していた、


  しかしそういうタイミングで入れたお金なので、ピークの時期に資金を投入してしまい、そこから下がってきているわけだから、その損失は天文学的になるだろう、

  そして一番高い時に買った株だから、利益を上げることが殆どできないので、投資をした意味が殆どない、

  配当の利益は確かに出るかもしれないが、それ以上に下落の損失が大きいので、ほとんど利益になる可能性はないだろう、


  アベのやつは、そういう問題に対して、株への投資は長期的な投資だといっているが、ピーク時に株を買うのは完全にギャンブルであり、長期的な投資をできるものではない、

  ピーク時の株は変動をしやすいから、その変動で利益を上げることは可能だが、長期的な投資ができるタイミングではない、


  いうなればアベの投資は完全に失敗しており、これが何らかの利益になる可能性は、ほぼ無いだろうね、

  あるとすれば株価が、二万円以上上がれば可能性はあるけど、二万円以上上がる時期があるかどうか、
  

  円安になれば可能性はあるけど、二万円以上となるとかなり厳しいし、二万円以上になったところで、もともと株価が二万円の頃に買っているのだから、よくてトントン程度だろう、


  アベみたいなバカを信じている、こういう目に遭うということで、目を覚まさないと、このまま日本は崩壊して、多くの人が死んでいく社会に変わっていくでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR