01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

暴落傾向の強いアベ株価、軽井沢のバスを転落させたアベ、今年の経済について、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日はすごい雪がふるらしいですね、最近はゲリラ豪雨ならぬ、ゲリラ豪雪みたいなことが起こるので、出かける時は気をつけたほうが良さそうです、

  雨はまだどうにかなるけど、雪に埋もれたらおしまいなので、無理をしないほうがいいでしょう、


  それはともかく何か書いてみると、今日はちょっと短めに書く予定なのですが、最近の話題としては株の下落があるかな、

  まあ相場がどうなるかは、その日によって変わるので、どうなるかはっきりと分かるわけではないのですが、この頃下がり気味というのはあるようです、


  私も相場については色々見ているのですが、大体円高になると下がり、円安になると上がる傾向があります、

  ただ私の考えていたものとは違い、それほど大きな円高にはなっていないようです、


  私のイメージだと、数日で一円ずつ円高になっていって、それによる株価の下落が起こるのかと思っていました、

  しかし実際は殆ど円高にはなることがなく、円高傾向があるだけで、株価の暴落が起きています、


  円相場と株式の相場を比較すると分かるのですが、円高になると大きく株価が下がり、円安になると少しだけ株価が上がっています、

  その結果相場は少し円高になるだけなのに、株価は暴落する形になっています、


  そうなっているのは、日本の経済がダメになっているという評価が、出てきているのでしょう、

  日本の経済は去年かなり悪化していて、二期連続のマイナス成長になっていた、


  ただ二期目のマイナス成長は、速報だとマイナスだったのだが、その後修正されプラス成長になっていた、

  この修正には政治的配慮があったといわれており、実際にはに来連続のマイナス成長で、日本はリセッションに入っていると、海外ではいわれている、


  こういう環境があるため、本来であれば去年の段階でも、日本の株価は下がっていても不思議ではなかった、

  しかし円安の傾向があったため、その影響で株価が下がることがなかった、

  それが今は円高傾向が強いですから、マイナス成長の影響と、円高の弱い影響が合わさって、暴落が起きている所がある、


  そもそも去年の経済悪化は理由がわからず、なぜマイナス成長になったのかがはっきりしない、

  別に地震があったわけでもなく、増税をしたわけでもないのに、急に二期連続でマイナス成長になるのだから、よほどアベのやっていたことに問題があったのだろう、


  それが表面化してきているようだけど、このままだと円高傾向が出るだけで、株価は暴落をしていくので、

  もし本格的な円高になった場合、変な話、アベ恐慌が起こっても不思議ではないでしょう、


  別に誇張じゃなくて、いきなり株価が一万円くらい下がる恐れもあるわけで、そうなったら投資家は、みんなアウトですから、

  そういうリスクがある状態なので、円高傾向が続けば、日本株はしばらく地獄になりそうです、


  次に、軽井沢の方のバスが転落をして、多くの人が亡くなったようだ、

  このようなことは以前も起こっており、運転手に過大な負担がかかって、それが事故の原因になった、


  この事故については、運転手の技量の問題をいわれており、経験がない人にバスの運転をさせていたため、それが事故の原因になったといわれている、

  また、運転をしている人は健康診断を受けておらず、体の調子が悪いかどうかを調べていなかったらしい、

  更に、バスにのる前には運転手の状態を調べるらしいが、そういうこともしていなかったようだ、


  そう考えると健康問題が原因で起こった可能性もあり、金儲け主義の自民党政治が招いた悲劇だともいえる、

  自民党の政治はこういう問題を発生させる性質を持っていて、社会的な混乱を起こす政治を行う、


  自民党のやることは、労働者の給料を減らすことによって、企業収益を改善する事を重視しており、基本的はこれ以外の政策を持っていない、

  そのため、自民党が経済対策をするほど、労働者の立場は悪化をするので、運転手の事故は多発することになる、


  確か昔詐欺師の小泉が、電車の脱線事故の原因を生んだことあって、多くの人が亡くなったことがあった気がするが、

  まあ、自民党は労働者の権利を減らすので、乗り物の安全性が大幅に下がることになる、


  自民党の政治の最大の問題は、貧困層の増大による、消費の衰退にあるのだけど、

  その二次的な要素として、労働者の質の低下があり、その結果乗り物の大きな事故が起こりやすくなる、


  今回の事故はアベがやったようなもので、労働者の権利を一切認めない、自民党政治をしていれば当然起こることである、

  働く人の権利を奪えば、その分まともな環境で働けないので、運転手が問題を起こすことは増えてくる、


  アベノミクス、株価上昇ばんざーいといっている人はいたが、その裏ではこういう労働者問題が起きていて、

  実は日本人は、知らず知らずのうちにリスクを背負っていた、それが現れたのが、今回の事故でしょう、


  後は、これからの経済について書いてみると、短めの話ですけど、

  今年問題になるのはアメリカの利上げて、もうすでに一度利上げをしているが、実はこれは最初の一回にすぎない、


  アメリカは今年利上げを3~4回する予定らしく、今のような経済的混乱は何度も起こるようになっている、

  そのたびに日本は円高株安になる可能性が高く、そういうことを考えないといけない、


  日銀は円高対策をする気はないらしく、今のところ金融緩和に対しても、具体的なことはしていない、

  そこでアメリカの利上げが、何度か起こるわけですから、今年の日本の金融は、一歩間違うと大きな問題になるでしょう、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR