03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

株安を読めないエコノミストの罪、野党共闘を阻む国民側の問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は日本の芸能人が、中国や台湾でイベントをすることが増えています、

  私も興味を持って調べてみたのですが、負担そのものは日本国内のものと、殆ど変わらないんですね、

  まあ日本の場合物価が高いので、外国の方が安くすむのが理由でしょうけど、


  それはともかく何か書いてみると、アベが国会をひらなかった影響で、今のところネタがありません、

  株価の下落は大きな話題になっているが、今上がっているかどうかは、数日前の私にはわからないので、書くことができないのですが、


  そういえば株といえば、いろいろな意見があって、まだそんなことを考えているのだな、ということを感じました、

  最近の例だと、円高の影響を小さく言う人がいて、今の株価の下落は中国経済が原因だといっていた、


  たしかに中国経済の悪化は、日本経済にとって大きなダメージになる、

  日本の最大の貿易相手は中国ですから、中国の経済悪化は、そのまま日本の経済悪化になる、


  ただ日本は発展しているところなので、基本的に内需で経済を動かしている、

  そういう国ですから、貿易がおかしくなったからといって、一気に経済が悪化するはずはない、


  円高元安によって、中国人観光客は殆ど来なくなるだろうけど、そういう観光客によって利益を得られるのは、一部の地域でしかない、

  そう考えると、中国経済の影響で、日本の株価がそこまでおかしくなるとはいえない、


  その私が読んだ文章を書いていた人は、なんとかして理由を考えようとしていたのだが、普通の方法で判断をしようとしていた、

  そのためなんだか無理のある話だと感じ、エコノミストもこんなものかと思いましたが、


  何度も書いていますが、今の株価で一番重要なのは通貨の動向です、

  ある程度わかっている人は、まず通貨を考えてから株式を考えます、


  それに対して専門家は、株の下落を株式の中で考えようとして、通貨の影響が非常に大きいことを、理解していない、

  日本の株価の上昇は経済的な理由で上がったのではなく、通貨の下落によって上昇した部分が大きい、


  逆にいうと、今まで日本の株がまったく上がらなかったのは、円高によって株の上昇が、抑えられていたことが大きな原因としてある、

  これが基本的なロジックで、この基礎に対して中国経済とか、原油の問題などを考えていくと、株価の傾向がわかってくる、

  
  またエコノミストの意見でよくあったのが、これまでの経験で表現をしている人だ、

  そういう人は、以前のバブル期の傾向と、今回の株式の傾向を合わせて考えている、


  しかし以前のバブル期の経済は、株の殆どを日本人が持っていたので、通貨の影響を受けることが少なかった、

  そのため、日本国内の経済の傾向と、株の傾向が一致しているところがあったが、

  
  今は日本の株の半分は外国人投資家が持っていますから、通貨変動も考えないと、株の傾向を読むことはできない、

  逆にいえば通貨変動さえ分かれば、後は誤差にすぎないともいえますが、


  ともかく、最近は株の下落をいわれることが多いが、そこで色々いっているエコノミストの意見は、的はずれなものが多い、

  特に以前のバブル期の話をもちだしていう発言は、意味不明なことがよくある、


  それは今までの株式が、外国人投資家がいない時代のものであり、

  そして今は外国人投資家の影響が非常に強い、時代に入っているのだから、そういう変化を考えてこなかった、エコノミストの失態だといえる、 


  まあ実際は、こんなことは百も承知で、アベに金をもらうために人を騙し、昔のことを語って、人々の歓心を買おうとしているだけだろうが、
  

  そんな所があるので、今のような不安定な相場では、あまりエコノミストを信じず、株式と通貨の関係をよく考えたほうが、リスクは減るんじゃないかと、思っています、


  次に、ネタがないので大雑把なことを書いてみると、これからの政治で問題になるのは、野党の共闘になるでしょう、

  今の野党の共闘で問題になっているのは、野党は右翼であるべきか、それとも左翼であるべきかという問題です、


  日本の政治では野党は左翼と決まっていたので、長い間政治に関わっている人は、左翼勢力が集結をして、自民党と戦うべきだという人が多い、

  実際野党の共闘でも、そういう意見をいう人はいるが、実際としてはあまりうまくいっていない、


  なぜうまくいかないのかというと、それは民主党に原因があるだろう、

  民主党は社会党を引き継いだ組織だと思っている人もいるが、実際は第二の自民党を目指している所がある、


  そもそも民主党は自民党に変わる受け皿を作るために、保守勢力が作った政党である、

  もちろんリベラルなどの勢力も存在しているが、どちらかといえば保守的な考えから作られたのが、今の民主党だ、


  そのため党内部の人は、保守や右翼勢力が多く存在し、今の民主党が目指しているのは、多分小泉改革以前の自民党であろう、

  詐欺師の小泉以前の自民党は保守政党ではあるが、穏健派が多く問題が起こりづらいところがあった、


  民主党が目指しているのは、そういう方向性の可能性が高く、極端な右翼ではないが、リベラルを目指す社会党でもない、そのような性質がある、


  そして野党の共闘で問題になるのは、民主党が目指す共闘は保守的であり、共産党が目指すのはリベラルであることだ、

  更に国民の間では野党=左翼という考えが強く、市民活動家は民主党が共産党と協力をして、左翼勢力になるべきだといっている、


  しかし民主党は本来左翼を目指したものではないので、そういう形で野党共闘をするのは難しい所がある、


  このような図式に対して効果的なのは、まず互いを理解することだと思う、

  今の野党はリベラルではなく、保守や右翼も存在していて、そういう勢力の影響も強くある、


  そういうところで右翼左翼の方向性を持って、野党共闘をしても互いを批判してうまくいかないだけだ、

  特に市民団体の行動は、以前の社会党をモデルにしてしまうので、非現実的な行動になりやすく、逆に問題を発生させてしまう、


  重要な事は互いの違いを理解することであり、今の野党は右翼と左翼が存在していて、それが協力をしなければいけないということだ、

  そのため右翼的な方向での統一も難しく、同時に左翼的な統一もできないところにある、つまり野党の共闘は最初からある以上は無理なのだ、


  そういうことを理解した上で、相手の考えを尊重し、右翼であれば正しい、左翼であれば正しいという考えを捨てて、協力ができれば野党の共闘はできる、


  今の野党の共闘を阻んでいる最大の問題は、野党は左翼でなければならないと思っている国民である、

  実際には野党にはリベラル以外の勢力もいるのだから、そういう人でも参加できるような状況を作る必要がある、


  しかし国民の多くは、以前の社会党のイメージを野党に思っており、それができるものだと錯覚をしていて、それが野党共闘の問題になっている、


  今の政治は非常に難しく、戦後のように単純ではない、

  更に戦後で通じた政治の常識は破綻しており、もうこの世には存在していない


  そういう状況で野党共闘の考えを作る必要があり、右翼と左翼がどうやって協力をするのか、それを考えることが真の野党共闘で求められることでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR