01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

野党連合の難しい点、ネット政治で気をつけるべきこと、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治というのはニュースと相性がよく、ニュースといえば政治といえるくらい、親和性を持っています、

  そのおかげで、ニュース的なことを書きづらい、このブログは苦労をするわけですが、


  ともかく何か書いてみると、今話題になっているものとしては、野党の連合というのがありますね、

  この話は共産党が言い始めて、それを気に入らなかった民主党が、今度は主導権を取りつつあるものだが、ちょっとややこしくなっている、


  民主党は分裂した維新の党と関係が深く、今の維新の党の政治家の多くは、元民主党系の政治家だ、

  だから民主党と維新の党の協力はやりやすく、今国会では統一会派を組んでいる、

  ただ同時に、民主党と維新の党が会派を組んだので、共産党との距離ができつつある面は存在する、

    
  これは私が以前指摘した問題だが、基本的今の野党には右翼的な団体が多くいる、

  日本人のイメージだと、与党が右翼で、野党が左翼だという意見が強い、


  しかし実際は、与党は極右で、野党は右翼というのが今の傾向である、

  そのため、野党が協力をしていくと、段々右翼的な傾向が出る問題があり、単純に行うと、野党の右翼化が進んでしまう、


  以前民主党の党名を変える、という話が出ていたが、そこで民主党と維新の党が同じ党になり、

  その結果、新しい党名にするとマスコミが報道していた、


  新しい党名にするのは、マスコミのガセ情報だったのだが、私がその時に書いたのが、

  維新の党と民主党が合併をすると、右翼色が強くなって、共産党との協力が難しくなる、ということを書いた覚えがある、


  更に、小沢氏の支持者のよくいう、野党が解散して統一の党になるというのも、多分同じような形にしかならないと思う、

  例えば民主党と、維新の党と、小沢氏の党は、どれもどちらかといえば右翼の団体だ、


  例えば今アベは軍事化を勧めているが、実はその軍事化の基礎を作ったのは、民主党時代の小沢氏だったりする、

  小沢氏には小沢氏なりの考えがあったのだろうけど、小沢氏は軍事化を率先して進めていた面はあり、小沢氏が右翼的傾向のある政治家なのは、事実であろう、


  そういう所があるので、今の野党が合併していけば、それは完全に右翼色の強い組織になる、

  多分いまの野党で、リベラル勢力が集結しても、ほとんど人は集まらないと思う、


  これが今の政治に対する勘違いで、以前は野党が社会党だったから、野党にはリベラル傾向の強い人が沢山いて、そういう人の集結ができると考えてしまう、

  しかし実際にいる野党議員の多くは、右翼や保守政治家であり、一部の野党の右翼保守政治家ではなく、

  今の状態では、一部のリベラル野党政治家がいる状態にある、


  そういうところで野党の統合をしていけば、当然その政党はより右翼色の強い政党になり、場合によっては自民党に寝返る可能性がある、

  これが今の政治の現状であり、野党がリベラルであるべきと考えているひとは、今の野党にリベラル政治家がほとんどいない、現実を分かっていないといえる、


  そして、そういう環境があるので、いま野党が統合していくと、野党は大きな右翼政党になってしまう、

  そして右翼政治家が集まった、大きな塊ができてしまえば、共産党との選挙協力はほぼ不可能になる、


  これが今の政治情勢であり、野党を統合していくと右翼になり、右翼になれば共産党との協力は難しくなる、これが現実だ、


  こういう話に対しては、民主党が共産党と協力をすべきだという意見もある、

  確かに統合をしていない時点の民主党ならば、共産党との選挙協力も可能になるだろう、


  多大そうなった場合は、他の野党の右翼勢力を敵に回す頃になるので、それがメリットになるか、という点は存在する、

  例えば維新の党の関係者は、選挙協力が不可能になりますから、そういう人達は単純に損失になる、


  また、国民はリベラル勢力を基本的には認める気がないので、ある以上の評価をされることがない、

  あくまで日本人が好きなのは、保守や右翼であり、穏健なもの限定であるが、そういう方向のほうが日本人の好みにはあっている、


  そのためリベラル的な傾向を強めても、得票がある以上増えることはなく、野党にしては頑張った程度にしかならない、

  だから、リベラル的な方向性では、選挙に勝つことはできない、リベラルでは不十分になる、


  この環境でどう判断をするかで、現状だと民主党のやっているような、維新の党を敵に回さず、共産党も敵に回さない形しかないだろう、

  維新の党と極端に仲良くなれば、共産党との協力は無理になる、

  逆に共産党と協力を強めれば、維新の党との協力は無理になり、同時に日本人の好きな右翼や保守の考えを、政治的にアピールする機会を失う、


  この辺りをどうするかだが、結局のところ、互いが争わないようにしつつ、質のいい候補者を集めて、選挙協力を密にして、小さい選挙でも勝つように努力する、

  その繰り返ししかないでしょう、


  次に、後は小さな話だが、共産党の性質についても書いてみますか、大したことではないけど、

  ネットを見ていると、シールズなどの団体がかなり共産党に近くなっている、


  それが原因で、どうも私とは合わないなと思うことも増えているけど、特にシールズの周囲の人が、共産党に染まっていることが多い、


  共産党という組織には気をつけるべき点があり、それはこの組織がなぜ成立しているのか、という所である、

  共産党はなにもないところから生まれたものであり、本来であれば存在しないはずのものだ、


  それを成立させているのには、何らかの工夫なり理由が存在している、

  それが勧誘をしてくるプログラムである、


  よく左翼勢力は、大学などに網を張って、そこに来たよく分かっていない学生に、特定の考えを教えこんで、手下として使うことがあった、

  共産党は穏健派なので、そういうことを極端にする事はないが、ある程度はそういう性質がある、


  だから自衛隊の内部情報なども得られるのだが、こういう性質に気づいていない人が多い、


  シールズの周囲の人が引っかかっているのが、多分こういうプログラムで、共産党はネットでも、相手をどう取り込むかというシステムがあり、よく考えて接しておかないと、いつの間にか取り込まれてしまうことがある、


  ツイッターなどをみると、政治的に極端な批判や悪口を言っている勢力がある、

  一つはネトウヨだが、もう一つに共産党の支持者がある、


  共産党の支持者には穏健な人もいるが、特定の人を徹底的に叩くのが趣味なのか、という過激な人物も多くいる、

  普通の人ならば、そんな過激な攻撃はしないだろう、

  アベみたいな権力者ならば別だが、共産党の支持者は誰であっても、そういう行動をすることがある、


  なぜそうなるかといえば、そう強く思い込んでいるからだろう、


  私が以前思ったのは、ある時期から民主党を叩く人たちが、こういう異常性を示し始めていたことで、狂ったように叩くように急変をした時期があった、

  そして少し前は、シールズの周囲が急に狂ったように、民主党叩きを始め、それはいまだに変わっていない、


  なんというか、その叩き方が病気というか、事実がどうかではなく、民主党というと脊髄反射のように叩いていて、それが事実であるかどうかを一切確かめない、そういう人が今のシールズの周りには多い、

  以前は小沢氏の周囲がそういう人だったが、なんとなく動いているような気がする、


  そしてその、火元になっている可能性が高いのが、共産党による洗脳までは行かないけど、考えを強制するプログラムじゃないかという気がする、

  プロパガンダは感覚が鋭くないとわからないし、特に共産党が自分にやるとは思わないから、そういう人達は自分がそういう目にあっていると、気づかないのだろうね、


  上でも書いたけど、共産党は何もないところから生まれている、ならば本来は存在していないはずの組織だ、

  それがなぜ存在しているのか?、そこにはノウハウがあるはず、


  そこら辺が分かって共産党の関係者と付き合うならば、それはいい関係になると思うけど、

  わからないまま協力をしていくと、段々狂ったような人間に変わっていく、


  そういうことを知っておくことが政治のイロハであり、シールズが入ってきて、色々な人が政治に関わってきたのに、それがなんとなく狂った意味を持っている、

  そのようなことが起こっている、原因の一つではと思いました、


  こんなことを知っておけば、何が正しいか道を踏み外す事無く、まともな判断ができるのだけど、


  もしネットで政治批判をしていて、自分の周囲の共産党の支持者が多ければ、多少は考えたほうがよく、

  そうすれば自分にとっても、共産党の支持者にとっても、建設的な結果が得られると思います、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR