01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

維新と民主党の合併騒動について、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  最近電車に乗っていたら変な人がいて、そこら中の人に俺は年寄りだ、最近の若いのは間違っていると、大きな声で言っている人がいて不気味でした、

  あまりにステレオタイプの人物だったので、漫画に出てきそうでしたから、勘違いと思ったのだけど、しばらく話を聞いていたのですが、そういう人でした、

  まあこんな奇妙な人は見たことがないけど、歳をとって変になる方もいるんですね、


  それはともかく何か書いてみると、最近の話だと民主党の名前を変える、という話が出ている、

  まあマスコミのガセ情報の可能性が高いが、以前もそういうでたらめな報道をしていたので、マスコミのインチキ報道は相変わらずというしかないが、


  その報道では、民主党と維新の党が同じ党になる時は、民主党の名前を変えると報道されている、

  そういう合意がされたという話があり、ツイッターでは結構話題になっていた、


  ただ正直なところ話がおかしい訳で、まず民主党と維新の党の合意は決定していない、

  決定していないのに、なぜ決定した後の事だけ決まるのかが奇妙で、インチキ臭いところがある、


  相変わらず、共産党の支持者みたいな人は、民主党はダメだと騒いでいるけど、この層の人は以前も同じ手に引っかかっていたが、学習能力が全く無いのだろう、


  そもそもマスコミというのは、事実を伝えることもあるけど、嘘をつくことも多い組織である、

  以前も、中国のトップが亡くなったと一面で報道していたが、そんな事実はなくマスコミのデマだった、


  最近でいえば、STAP細胞でもそういうことがあり、毎日新聞が一面で、この論文に対する批判をいっていたのだが、

  実はその論文が全然違うもので、別の論文を元に批判をしていたのだが、結局毎日新聞は謝罪をしていなかった気がする、


  テレビや新聞なんてのは、権力者の犬でしかなく、社会がどうなろうが、国民が生きようが死のうがどうでもいいので、連中のいっていることは大概がデマであり、

  それを安易に信じる人も、社会にとっては害である、それが分かっていないのが日本人なのだが、


  ともかく、民主党と維新の党が合意をした時に、党名を変えるとマスコミはいっている、

  しかし合意の話がまだ決まっていないのに、党名を変える話が出るのはおかしい訳で、意味不明なことだろう、


  以前も似たようなことがあった気がするが、ああそうだった消費税のアップと、公務員を削減する話か、あれもマスコミのガセだったが、訂正をするマスコミは一つもなかった、


  今回も維新の党との協議という点で似ているから、マスコミのインチキの可能性が高いが、マスメディアとそれを信じている人は、もはや社会の害にしかならないんでしょうね、


  次に、ではこのような話が出てくる理由を考えると、選挙対策として動いている可能性が高いでしょう、

  以前から書いていますが、今の選挙は低投票率、組織票、そして小選挙区の三本柱で行われます、


  この3つは与党側かコントロールが可能なので、これを最大限に使うのが自民党の戦略になっています、

  そのため、このような環境ではシビアな方法を取るしかなく、この場合に重要になるのは知名度です、


  以前も書いたけど、民主党の名前を変えれば支持されるんじゃないか、という意見がある、

  確かに国民が政治に興味を持てる状況ならば、そういう方法論も成り立つだろう、


  しかし今はマスコミのプロパガンダによって、低投票率になることが確定しているので、国民が政治に興味を持つ可能性がまずない、

  日本のマスコミは政府の犬だから、餌をもらった分だけ国民を騙す仕事をする、


  そういう連中なので、自民党の低投票率化に協力をしますから、

  例えば選挙前に、選挙結果は決まっていると世論調査の結果を繰り返し出したり、

  他では、選挙前に特集をほとんどしないなどのことをするだろう、

  そうすれば投票に行く人は大幅に減るから、いくらでも投票率を下げることができる、


  そして投票率が下がってきた場合に重要になるのは、やっぱり知名度なんですね、

  国民が政治に関心を持てないようにすれば、国民は政党への関心もなくなる、


  そうなった時に投票する人は、政党の名前を知っているところに投票する、

  だからもしいま民主党が名前を変えたら、誰もよく知らない政党になってしまう、


  党名を変えるというのは、投票率が高い時には効果がある、

  新しい党としてアピールをする機会があれば、それは大きなメリットになるだろう、


  しかし、今の低投票率プロパガンダ前提の政治では、党名を変えたら単純に支持が下がる、


  実際小沢さんの党は何度か党名を変えたけど、支持が増えたことはない、

  小沢さんの党の支持が増えたのは、党名を変えずに維持していた時期だけで、党名を変えて得票が増えたことはない、


  今は地味な選挙しかすることはできず、民主主義的なシステムは期待しない方がいい、

  そういう環境では、知名度がある党の名前が必要で、民主党の名前を変えたら大敗をするだろう、

  小沢さんが失敗したように、民主党もダメになるだろう、


  だからこそ、既得権にとっては、民主党の名前を変えてほしいわけで、

  以前の消費税の合意や、公務員の削減の話も、民主党を叩くために流したプロパガンダである、

  今回のことは、その一つなんだろうね、


  厳密なところはわからないのだが、以前の民主党と維新の党の、消費税や公務員削減の合意に引っかかった人が、同じように引っかかっているので、ガセの可能性が高いと思う、


  大体いまだ合意をする取り決めができていないのに、合意後の話が出るのは変なのだから、政府から金をもらったマスコミの嘘だろう、


  こういうゴタゴタがずっと続くだろうけど、多分一部の人以外は引っかからないだろうから、

  この話が本当でなければ、大きな影響にはならないでしょう、


  後は、このことについてネットで見ていて不思議に思ったのは、小沢氏の支持層が急に、維新の党を評価し始めたことです、

  維新の党といえばコスプレ市長がいるところで、色々な問題があり、一般的には批判をされていた、


  小沢氏の支持層も、そういう考えを持っていたのだが、さっきネットで見たら、なぜか維新の党すごいね、という発言を繰り返していた、


  それがなんでだろうと思ったのだが、気づいたのは維新の党と民主党が合併するから、そこに小沢氏の党が入れるので、

  その点から、維新の党の人を評価していたようで、ひどい変節だなと思いました、


  そこまで節操が無いものかねと思ったのだけど、利益になれば後はなんでもいいらしいが、こんな都合のいい話はないと思うのだけど、


  民主党と維新の党が統一会派をすることは決まっているが、党が合併することは決まっていない、

  それは岡田が否定をしており、まだそういう協議は行われていないようだ、


  裏ではやっているのかもしれないけど、ひとまず合併をする話は出ていない、

  それにこのような統合の話は、共産党との対立をうんでしまうので、あまりよい方法ともいえない、


  民主党と維新の党が別々ならば、それほど強い右翼色は出ないですむ、

  なぜなら協力関係を維持するために、色々な負担が発生するので、自由度がないからだ、


  それがもし合併にすることになれば、かなり強力な右翼団体に変わる可能性があり、

  そうなった時は一気に自民党に擦り寄る可能性があり、そうなると共産党との協力が難しくなる、


  今の野党連合が成立しているのは、それぞれの党が分裂しているからで、分裂しているから力が弱く、それが協力ができる原動力になっている、

  それを見越して共産党は協力をしているのであって、維新と民主党が強引な形で合併をすれば、問題になるだろう、


  特にそこに小沢氏が入れば、完全な右翼政党になってしまうのだから、共産党との協力はかなり難しくなる、


  まあ現状だとどういうことなのかわかないけど、私は今の段階の政治では、小沢さんの影響力は低いほうがいいと思っている、

  それは共産党との協力をするために、小沢さんの考えは邪魔になるからで、特に小選挙区制の変更は、小沢氏がいると無理になりますから、今の段階では小沢さんを前に出さない方がいい、


  そういうことを期待している人もいるのだろうけど、今の状況では共産党との協力が必要で、野党の統合をしていく発想に立つのは問題が多い、

  その点をどうするかなのだが、ちょっとまだよくわからないので、判断しづらい所があります、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR